コンテンツにスキップ

Vignetting Correction (dart E)#

Vignetting Correctionカメラ機能を使用すると、画像からビネットアーチファクトを除去できます。

情報

The pylon Viewer also has built-in functionality for correcting vignetting. However, you can't use this functionality with dart E cameras.

機能を使用する#

口径食とは、画像の中心に比べて画像の隅が暗くなる現象のことを言います。これはデジタル画像処理ではよく見られる影響です。センサーの端のピクセルが十分な光を受けない場合に発生します。

これは、イメージサークルがセンサーのサイズに比べて小さすぎる場合や、光線がセンサーに適切な角度(センサーの中心に当たるように)で当たらない場合に発生する可能性があります。これの場合、エッジのピクセルのグレー値が低いことを意味します。

BslVignettingCorrectionModeパラメーターを使用すると、補正のオン/オフを切り替えることができます。

サンプルコード#

// Turn vignetting correction on
camera.BslVignettingCorrectionMode.SetValue(BslVignettingCorrectionMode_On);
INodeMap& nodemap = camera.GetNodeMap();
// Turn vignetting correction on
CEnumParameter(nodemap, "BslVignettingCorrectionMode").SetValue("On");
// Turn vignetting correction on
camera.Parameters[PLCamera.BslVignettingCorrectionMode].SetValue(PLCamera.BslVignettingCorrectionMode.On);
/* Macro to check for errors */
#define CHECK(errc) if (GENAPI_E_OK != errc) printErrorAndExit(errc)
GENAPIC_RESULT errRes = GENAPI_E_OK;  /* Return value of pylon methods */
/* Turn vignetting correction on */
errRes = PylonDeviceFeatureFromString(hdev, "BslVignettingCorrectionMode", "On");
CHECK(errRes);
# Turn vignetting correction on
camera.BslVignettingCorrectionMode.Value = "On"

pylonViewerアを使用して、パラメーターを簡単に設定することもできます。