コンテンツにスキップ

Line Format#

Line Formatカメラ機能を使用すると、I/Oラインの電気的フォーマットを決定できます。

機能を使用する#

Line Formatの決定#

I/Oラインの電気的フォーマットを決定するには、次の手順に従います。

  1. LineSelectorパラメーターを必要なI/Oライン(Line1など)に設定します。
  2. LineFormatパラメーターの値を取得します。
    このパラメーターは読み取り専用です。

使用可能な値#

可能な値は次のとおりです。

  • NoConnect:ラインは接続されていません。
  • OptoCoupled:このラインは、光結合I/Oラインです。
  • OpenDrainTTL、またはLVTTL:このラインは汎用I/O(GPIO)ラインです。

サンプルコード#

// Select the desired I/O line
camera.LineSelector.SetValue(LineSelector_Line1);
// Get the electrical format of the line
LineFormatEnums e = camera.LineFormat.GetValue();
INodeMap& nodemap = camera.GetNodeMap();
// Select the desired I/O line
CEnumParameter(nodemap, "LineSelector").SetValue("Line1");
// Get the electrical format of the line
String_t e = CEnumParameter(nodemap, "LineFormat").GetValue();
// Select the desired I/O line
camera.Parameters[PLCamera.LineSelector].SetValue(PLCamera.LineSelector.Line1);
// Get the electrical format of the line
string e = camera.Parameters[PLCamera.LineFormat].GetValue();
/* Macro to check for errors */
#define CHECK(errc) if (GENAPI_E_OK != errc) printErrorAndExit(errc)
GENAPIC_RESULT errRes = GENAPI_E_OK;  /* Return value of pylon methods */
size_t len = 0;
char e_str[64] = {0};
/* Select the desired I/O line */
errRes = PylonDeviceFeatureFromString(hdev, "LineSelector", "Line1");
CHECK(errRes);
/* Get the electrical format of the line */
len = sizeof(e_str);
errRes = PylonDeviceFeatureToString(hdev, "LineFormat", e_str, &len);
CHECK(errRes);

pylon Viewerを使用して、パラメーターを簡単に設定することもできます。