コンテンツにスキップ

彩度#

彩度カメラ機能を使用すると、画像内のすべての色の外観を1回の手順で調整できます。

機能を使用する#

彩度の調整#

彩度を調整すると、色の鮮やかさ(輝度)が変わります。例えば、彩度を高くすると、色を区別しやすくなります。

彩度を調整するには、BslSaturationパラメーターの値を入力します。デフォルトでは、パラメーターは1(通常の彩度)に設定されています。

パラメーター値を小さくすると、グレーに近い落ち着いた色になります。パラメーター値を大きくすると、より鮮明で生き生きとした色になります。

サンプルコード#

// Set the Saturation parameter to 1.4
camera.BslSaturation.SetValue(1.4);
INodeMap& nodemap = camera.GetNodeMap();
// Set the Saturation parameter to 1.4
CFloatParameter(nodemap, "BslSaturation").SetValue(1.4);
// Set the Saturation parameter to 1.4
camera.Parameters[PLCamera.BslSaturation].SetValue(1.4);
/* Macro to check for errors */
#define CHECK(errc) if (GENAPI_E_OK != errc) printErrorAndExit(errc)
GENAPIC_RESULT errRes = GENAPI_E_OK;  /* Return value of pylon methods */
/* Set the Saturation parameter to 1.4 */
errRes = PylonDeviceSetFloatFeature(hdev, "BslSaturation", 1.4);
CHECK(errRes);
# Set the Saturation parameter to 1.4
camera.BslSaturation.Value = 1.4

pylonViewerアを使用して、パラメーターを簡単に設定することもできます。