コンテンツにスキップ

安全にお使いいただくために(blaze)#

Basler blaze-101カメラを取り付けて使用する前に、このトピックの情報をよくお読みください。

製品の取り扱いが不適切だった場合、または安全に関する注意事項に従わなかった場合、Baslerは破損や負傷に対して一切責任を負いません。

一般的な安全上の注意#

このドキュメント全体を通して、該当するところに具体的な安全上の注意が記載されています。

警告 – 感電の危険

承認されていない電源装置を使用すると感電が発生して、重傷や死亡につながるおそれがあります。

安全超低電圧(SELV)および制限付き電源(LPS)の要件を満たすカメラ電源を使用する必要があります。

警告 – 火災の危険

承認されていない電源装置を使用すると、火災や火傷が発生するおそれがあります。

制限付き電源(LPS)の要件を満たすカメラ電源を使用する必要があります。

警告 – レーザーの安全性に関する指示 レーザーの安全性

負傷を避けるため、常に次の安全に関する注意事項に従ってください。

  • 目に見えないレーザー光。blaze-101カメラはClass 1レーザー製品であり、使用目的に沿って使用している場合は安全です。このカメラは、生物の近くで操作をするよう設計されていないため、Baslerは、直接ビームを見ないこと、近距離(0.5m以下)で人間や動物にカメラを向けないことをおすすめします。
  • 近距離での操作が避けられない場合は、適切な保護めがねを着用する必要があります(laservision F22.P1H02.1001または同等品など)。
  • カメラに修理可能な部品はありません。完全にまたは部分的に分解された状態での不正な改造または操作は禁止されています。
  • カメラは慎重に取り扱ってください。仕様の範囲外の環境条件にさらさないでください。落下させたり、強い機械的衝撃を与えたり、極端な温度、激しい振動、または湿気にさらしたりしないでください。
  • 安全な操作ができなくなったと考える理由がある場合は、カメラを運用から外し、意図せず使用しないよう厳重に保管してください。特に、次の状況では、もはや安全な操作ができなくなっています。
    • カメラに目に見える損傷が見られる(特に、レーザー開口部の拡散器またはカバーガラス)。
    • カメラが意図したとおりに動作しなくなります。
警告 – 拡散器に損傷の兆候が見られる場合は、カメラを操作しないでください。

拡散器がないか損傷している場合、被ばく放出がClass 1レーザー製品の安全限界を超える可能性があります。

この場合、安全な操作が不可能になります。特に、短期間暴露であっても、熱によって眼の網膜や角膜を負傷するおそれがあります。また、眼のレンズに長期的な影響を与える可能性があります(白内障)。

警告 – レーザー開口部の前面にあるカバーガラスに損傷の兆候が見られる場合は、カメラを操作しないでください。

ガラスが損傷すると、安全な操作はできなくなります。特に、皮膚や眼の前方部分に火傷を負うおそれがあります。

注意 – アレルギーの警告

Basler blaze-101カメラのニッケルコーティングはアレルギーかアレルギー反応を引き起こすかもしれません。

  • ニッケルアレルギーをお持ちの場合は、触れないようにしてください。
  • アレルギーを起こさないためには、皮膚に長時間触れないようにしてください。
  • 該当する安全衛生対策を実施してください。
注意 – 極端な温度では、カメラが損傷するおそれがあります。

カメラの損傷を防ぎ、最適なパフォーマンスを得るには、「環境要件」に規定されているハウジングの最高および最低温度を遵守してください。

注意 – 衝撃や振動が指定された限度を超えると、カメラが損傷するおそれがあります。

カメラは、次の衝撃および振動試験に合格しています。

  • DIN EN60068-2-6に準拠した正弦掃引試験
    試験パラメーター(x/y/z):掃引10回、10~58Hz/±1.5mm、58~50Hz/20g、1oct./min
  • DIN EN 60068-2-27に準拠した衝撃試験
    試験パラメーター(x/y/z):衝撃100回(20g/11ms、正/負)
  • DIN EN 60068-2-64試験パラメーター(x/y/z)に準拠したESS
    :15~500Hz/0.05PSD(ESS標準プロファイル)、30分

これらの条件を超えてカメラに力を加えると、散光器など、カメラの重要な部品が損傷するおそれがあります。これにより、カメラの使用が危険になる可能性があります。

注意 – 電圧が指定範囲から外れると、カメラが損傷するおそれがあります。

カメラとI/Oの電源は、カメラ仕様で規定されている安全動作電圧範囲内で供給する必要があります。

注意 – 間違ったプラグを使用すると、I/Oコネクターが損傷するおそれがあります。

カメラの6ピンI/Oコネクターに接続するケーブルのプラグには、6本のメスピンが必要です。ピンの数が少ない、または多いプラグを使用すると、コネクターが損傷するおそれがあります。

注意 – カメラの取り扱い
  • レンズの位置を変えようとしないでください。
    各カメラは工場で幾何学的にキャリブレーションされ、正確に測定できるようになっています。その結果、レンズはセンサーから特定の距離でカメラに取り付けられ、固定されます。レンズの位置を何らかの方法で変えようとすると、このキャリブレーションが失われ、測定値が不正確になります。
  • カメラハウジングを開けないでください。内部コンポーネントに触れると損傷するおそれがあります。
  • カメラを使用していない場合は、元のパッケージに保管してください。
注意 – カメラハウジングのクリーニング

カメラハウジングの表面をクリーニングするには:

  • 溶剤やシンナーは使用しないでください。表面を損傷するおそれがあります。クリーニング中に静電気を発生させない柔らかい乾いた布を使用してください(綿が適しています)。
  • 頑固な汚れを取り除くには、少量の中性洗剤で湿らせた柔らかい布を使用して、拭いて乾かします。
  • カメラを電源に再接続する前に、クリーニング後に洗剤が蒸発したことを確認してください。

次の項目に従ってください。

  • カメラを完全にまたは部分的に分解した状態で操作しないでください。
  • カメラのラベルは一切剥がさないでください。
  • カメラハウジングへの異物の侵入を防止します。異物が内部に入ったまま操作すると、カメラの故障や火災につながるおそれがあります。
  • 強い電磁場の近くでカメラを操作しないでください。静電気放電(ESD)を回避してください。詳細については、「EMIおよびESD対策(blaze)」を参照してください。
  • カメラは元のパッケージでのみ輸送してください。パッケージを捨てないでください。
  • カメラをクリーニングする際は、必ず水、アルコール、または中性クリーニング剤を使用してください。他のクリーニング剤を使用すると、表面仕上げが損傷する可能性があります。「クリーニング手順」に従ってください。
  • カメラを使用する前に、このドキュメントをよく読み、安全に関する情報に従ってください。

カメラには1年間の保証が付いています。

適合性、使用目的、認定ユーザー#

概要#

ライフサポートアプリケーション#

これらの製品は、ライフサポートアプライアンス、デバイス、または、これらの製品の誤動作が人体傷害につながると思われるシステムでの使用を意図していません。これらの製品を使用または販売しているBaslerのお客様は、自己責任でこのようなアプリケーションを使用し、そのような不適切な使用または販売に起因する損害について、Baslerに対して完全に補償することに同意するものとします。

米国のお客様向け#

本機器は、FCC規則Part 15に基づくClass Aデジタル機器の制限に準拠していることが試験により確認されています。これらの制限は、本機器が商業環境で使用される場合に、有害な干渉を適切に防止するように設計されています。本機器は、無線周波数エネルギーを発生させて使用し、それを放射する可能性があります。取扱説明書に従って設置および使用しないと、無線通信に有害な干渉を引き起こす可能性があります。住宅地で本機器を使用すると、有害な干渉が発生する可能性があります。その場合、ユーザーは自己負担で干渉を修正する必要があります。

本マニュアルで明示的に認められていない変更や改造を行うと、本機器を操作する権限が無効になる可能性があることに注意してください。

本マニュアルで推奨されているシールドケーブルは、FCC規則第15部のサブパートBに準拠するコンピューティングデバイスの制限に準拠するために、本装置とともに使用する必要があります。

カナダのお客様向け#

本装置は、無線干渉規制で規定されている無線ノイズ放射に関するクラスAの制限に準拠しています。

Pour utilisateurs au Canada#

Cet appareil est conforme aux normes Classe A pour bruits radioélectriques, spécifiées dans le Règlement sur le brouillage radioélectrique.

Basler blaze-101カメラの使用目的#

Basler blaze-101カメラはtime-of-flightの3Dカメラです。カメラに内蔵されたレーザー光源から放射される光パルスの往復時間を測定することで、被写体とカメラの間の距離を決定できます。光パルスはレーザー光源により放射され、被写体に反射され、カメラのイメージセンサーによって検出されます。画像の各ポイントについて、光の往復時間に基づいて距離が計算されます。

このカメラは、マシンビジョン用途で使用されます。

温度と湿度の要件は、「環境要件」に記載されているとおりに適用されます。カメラを正しく使用するための指示を含め、関連するすべての製品ドキュメントに従う必要があります。

カメラを次の用途に使用しないでください。

  • Basler製品ドキュメントに記載されている以外の特殊なカメラ認定が必要な目的および取り付け。
  • 過酷な条件下で使用するために、特殊な設計や注意事項が必要な目的および取り付け。

特定のカメラが特定の動作条件や用途に対応しているか不明な場合は、担当の販売スタッフにお問い合わせください

Basler blaze-101カメラの認定ユーザー#

マシンビジョン用Baslerデジタルカメラは、次のタスクに関係する専門家のみが使用するように設計されています。

  • 使用するカメラの選択
  • カメラの組み込みとセットアップ
  • カメラの日常使用

Basler製品ドキュメントでは、電気エンジニア、システムエンジニア、メカトロニクスエンジニア、技師、および情報技術エンジニアのスキルを前提としています。

スキルが不十分な人や、次の作業を妨げる障害のある人は、カメラの使用が許可されていません。

  • カメラを正しく使用
  • 安全に関する注意事項に従うこと
  • 関連するすべてのカメラドキュメントを十分理解すること