コンテンツにスキップ

ハードウェアのインストール(CXP-12カメラ)#

このトピックでは、Basler boost CXP-12カメラの取り付け方法について説明します。

情報

Basler boost CXP-12カメラを使用するには、Basler CXP-12インターフェースカード 1Cなどのインターフェースカードを取り付ける必要があります。

他のメーカー製のフレームグラバーも使用できます。その場合は、対応するメーカーのドキュメントを参照して、正しく取り付けられていることを確認してください。フレームグラバーは、CoaXPress規格バージョン2.0に完全に準拠している必要があります。Baslerは、最大ストリームパケットサイズが1キロバイト以上のデバイスを使用することをおすすめします。

一般的な考慮事項#

The Basler pylon Camera Software Suite (version 6.2 or higher) must be installed.

Baslerは、お使いのBasler boost CXP-12カメラの操作を可能にする次のアクセサリーをご用意しています。

  • CoaXPress 2.0データケーブル、Micro-BNC x2(HD-BNC)、3m、5m、10m
  • 電源I/OケーブルM8 6p/開、5m、10m
  • Cマウント、Fマウント、M42x0.75マウント(FBD 16mm)、M42x1マウント(FBD 16mm)、M42x1マウント(FBD 45.56mm)
  • ヒートシンク
  • カメラ電源、18.0W、M8 6ピン

boostカメラシリーズで使用できるアクセサリーレンジの概要を確認するには、Baslerウェブサイトでケーブルレンズその他のアクセサリーを参照してください。

Baslerは、Basler CXP-12 Evaluation Kit boostもご用意しています。この製品セットは、お使いのBasler boostカメラに適したコンポーネントを簡単に選択できるように設計されています。

ハードウェアの取り付けを開始する前に、次のものが使用可能であることを確認してください。

  • Basler boost CXP-12カメラ。
  • Basler CXP-12インターフェースカード1Cなどのインターフェースカードを装備したコンピューター。
  • インターフェースカード(Power over CoaXPress(PoCXP))を使用してカメラに電力を供給する場合は、インターフェースカードがお使いのコンピューターの電源に接続されていることを確認します。
  • PoCXPを使用していない場合は、外部電源が必要です。
    電源が、お使いのカメラモデルに関するトピックに記載されている要件を満たしていることを確認してください。
  • お使いのカメラに適したレンズ。
    用途に最適なレンズを判断するためにサポートが必要な場合は、Basler技術サポートにお問い合わせください。
  • 適切なマウント。
  • 適切なコネクターを備えたCoaXPressデータケーブル。
  • 必要に応じて、適切なコネクターを備えた電源およびI/Oケーブル。
  • 必要に応じて、冷却エレメント(ヒートシンクなど)。

カメラの取り付け#

boost CXP-12コネクター

情報

  • カメラがあらゆる電源から切断され、ホストコンピューターはシャットダウンされて、電源コンセントから抜けていることを確認します。
  • 次の取り付け手順の間、センサーにほこりが入らないようにカメラが下向きになっていることを確認します。

カメラを取り付けるには:

  1. カメラの前面から保護シールを取り外します。
  2. マウントをカメラに取り付けます。
    レンズマウントを外側に向けて、マウントが正しい方向に取り付けられていることを確認します。
  3. 適切なレンズをカメラに取り付けます。
    「最大許容レンズ侵入量」トピックで指定されている範囲よりもレンズを深く挿入しないように注意してください。
  4. 十分な放熱を提供します。
  5. カメラをコンピューターと電源に接続します。
    • Power over CoaXPress(PoCXP)を使用している場合
      1. CoaXPressケーブルの一方の端をカメラのMicro-BNC(HD-BNC)コネクターに差し込み、CoaXPressケーブルのもう一方の端をインターフェースカードのMicro-BNCポートに差し込みます。
    • 外部電源を使用している場合
      1. CoaXPressケーブルの一方の端をカメラのMicro-BNC(HD-BNC)コネクターに差し込み、CoaXPressケーブルのもう一方の端をインターフェースカードのMicro-BNCポートに差し込みます。
      2. Connect the plug of the power I/O cable into the M8 6-pin connector of the camera.
        If you're building your own cables, observe the pin assignment detailed in the topic about your camera model.
      3. 電源I/Oケーブルのオープンエンドを電源に接続します。
        または、M8 6ピンコネクター付きケーブルを含むBasler Original Equipmentシリーズの18.0W、M8 6ピン電源も使用できます。
      4. 電源を電源コンセントに差し込みます。
  6. ホストコンピューターの電源を入れ、コンピューターを起動します。
    カメラのステータスLEDは、さまざまな動作状態や接続状態を示します。さまざまなLEDの状態と対応する色については、お使いのカメラモデルに関するトピックを参照してください。お使いのカメラモデルは、「モデル」セクションに記載されています。

次のステップ#

  • pylon Viewerを使用して、カメラが検出されたかどうかの確認、画像の取得、画像の表示、パラメーター設定の調整を行い、画質を向上させます。