コンテンツにスキップ

汎用I/O(GPIO)ライン#

BaslerカメラのGeneral Purpose I/O(GPIO)ラインは、入力または出力ラインとして動作するように設定できます。

特性#

  • 光結合I/Oラインとは異なり、GPIOラインは入力ラインまたは出力ラインとして事前に設定されていません。ラインモードは手動で指定できます。
  • GPIOラインは、光結合I/Oラインと比較して、伝播遅延が非常に短いというメリットがあります。遅延は約10分の1です。
  • GPIOラインは、光結合I/Oラインと比較して、EMIの影響をかなり受けやすくなっています。過酷なEMI条件では、GPIOラインが使用できなくなることがあります。
  • GPIOラインはTTL信号に対応しています。

共通タスク#

Task 機能
GPIOラインを入力、出力、または入出力ラインとして動作させるかどうかの指定 Line Mode
1つまたはすべてのGPIOラインの現在のステータスを判定する(高/低) Line Status
カメラがGPIOラインの入力信号を受信したときのアクションを指定 Trigger Selector
GPIOラインの出力信号の選択 Line Source
すべての入力または出力信号の反転(高->低、低->高) Line Inverter
GPIOラインのライン接続の設定 Line Connection

サンプル回路図#

回路図(ace 2、boost)回路図(ace)、および回路図(dart)を参照してください。

タイミング特性#

「I/Oラインのタイミング特性」を参照。