コンテンツにスキップ

Gamma Correction#

blaze-101カメラで利用できるGamma補正機能により、強度画像のガンマ補正が可能になります。

これは、画像の暗い領域を明るくする非線形操作です。

仕組み#

GammaCorrectionパラメーターを有効にすると、0.4のガンマ(= 1 / 2.5)が輝度画像に適用されます。生成されたデータは、元のフルスケール16ビット画像を保持するようにスケーリングされます。これは、次の数式で示されます。

OUT = (216 - 1) * (IN / 216 ) ^ (1 / 2.5)