コンテンツにスキップ

フリーラン画像取得#

カメラがフリーラン画像取得用に設定されている場合、ユーザーがトリガーすることなく、連続的に画像を取得します。

特定の時点で画像を取得する場合は、「トリガーされた画像取得」を参照してください。

仕組み#

フリーランモードでは、カメラは必要なすべてのトリガー信号を内部で生成します。トリガー信号をカメラに適用する必要はありません。

カメラの取得モードSingle Frameに設定されている場合、Acquisition Startコマンドを受信するたびに、カメラは単一のFrame Startトリガー信号を生成します。

カメラの取得モードがContinuousに設定されている場合は、以下が適用されます。

  • カメラは、取得開始コマンドを受信するたびに、フレーム開始トリガー信号の生成を開始します。カメラは、取得停止コマンドを受信するまで、フレーム開始トリガー信号を生成し続けます。
  • Acquisition Frame Rate機能を使用することで、Frame Startトリガー信号が生成されるレートを設定できます。

フリーラン画像取得の有効化#

すべてのBaslerカメラで、フリーラン画像取得はデフォルトで有効になっています。

カメラ設定を変更した後、フリーランを再度有効にするには、次の手順を実行します。

  1. AcquisitionModeパラメーターをContinuousに設定します。
  2. TriggerSelectorパラメーターを、使用可能なトリガータイプ(FrameStartなど)のいずれかに設定します。
  3. 選択したトリガータイプのトリガーモードOffに設定します。
  4. 使用可能なすべてのトリガータイプについて、上記の手順を繰り返します。