コンテンツにスキップ

Flare Removal (dart E)#

カメラが強い光源に向けられている場合、生成される写真にはレンズフレアのアーティファクトが含まれる場合があります。フレア除去オートファンクションを使用すると、これらのアーティファクトを除去できます。

機能を使用する#

フレアの除去を有効または無効にするには、BslFlareRemovalAutoパラメーターを次のいずれかの動作モードに設定します。

  • Continuous:画像の取得中に、カメラはレンズフレアのアーティファクトを継続的に除去します。
  • Off:フレア除去オートファンクションを無効にします。

サンプルコード#

// Enable Flare Removal by setting the operating mode to Continuous
camera.BslFlareRemovalAuto.SetValue(BslFlareRemovalAuto_Continuous);
INodeMap& nodemap = camera.GetNodeMap();
// Enable Flare Removal by setting the operating mode to Continuous
CEnumParameter(nodemap, "BslFlareRemovalAuto").SetValue("Continuous");
// Enable Flare Removal by setting the operating mode to Continuous
camera.Parameters[PLCamera.BslFlareRemovalAuto].SetValue(PLCamera.BslFlareRemovalAuto.Continuous);
/* Macro to check for errors */
#define CHECK(errc) if (GENAPI_E_OK != errc) printErrorAndExit(errc)
GENAPIC_RESULT errRes = GENAPI_E_OK;  /* Return value of pylon methods */
/* Enable Flare Removal by setting the operating mode to Continuous */
errRes = PylonDeviceFeatureFromString(hdev, "BslFlareRemovalAuto", "Continuous");
CHECK(errRes);
# Enable Flare Removal by setting the operating mode to Continuous
camera.BslFlareRemovalAuto.Value = "Continuous"

pylonViewerアを使用して、パラメーターを簡単に設定することもできます。