コンテンツにスキップ

Balance White Auto (dart E)#

Balance White Autoカメラ機能は、取得した画像のカラーシフトを自動的に補正します。

カラーシフトを手動で修正するには、Balance White機能を使用します。

機能を使用する#

Balance White Autoの有効化/無効化#

Balance White Autoのオートファンクションを有効または無効にするには、BslFlareRemovalAutoパラメーターを次のいずれかの動作モードに設定します。

  • Continuous:画像の取得中に、カメラはホワイトバランスを継続的に調整します。
  • Off:Balance White Autoオートファンクションを無効にします。BalanceRatioパラメーターは、最後の自動調整または手動調整の結果の値に維持されます。

仕組み#

自動ホワイトバランス調整は、2段階のプロセスで構成されます。

  1. カメラは、赤、緑、青の画素の平均グレー値を比較します。平均グレー値が最も高い色(最も明るい色)を決定し、この色のBalanceRatioパラメーター値を1に設定します。
  2. カメラは、赤、緑、青の平均グレー値が同一になるまで、他の2色のBalanceRatioパラメーター値を自動的に調整します。

その結果、BalanceRatioパラメーターは、ある1色に対して1に設定され、他の2色に対して1~≈15.98の値に設定されます。

例:画像内の緑の画素の平均グレー値が最も高いとします。Balance White Autoオートファンクションを有効にすると、カメラはBalanceRatioパラメーターの値を緑について1に設定します。次に、カメラは、赤、緑、青の平均グレー値が同一になるまで、赤と青のBalanceRatioパラメーター値が自動的に調整されます。新しいバランス比は、例えば、緑 = 1、赤 = 1.08789、青 = 2.19678 のようになります。

情報

  • 赤、緑、または青のBalanceRatioパラメーター値を表示するには、BalanceRatioSelectorを使用してそれぞれのカラーチャンネルに切り替えます。
  • カメラが画像を連続的にキャプチャしている場合、オートファンクションは短い遅延を伴って有効になります。最初の何枚かの画像は、オートファンクションの影響を受けない場合があります。

サンプルコード#

// Enable Balance White Auto by setting the operating mode to Continuous
camera.BalanceWhiteAuto.SetValue(BalanceWhiteAuto_Continuous);
INodeMap& nodemap = camera.GetNodeMap();
// Enable Balance White Auto by setting the operating mode to Continuous
CEnumParameter(nodemap, "BalanceWhiteAuto").SetValue("Continuous");
// Enable Balance White Auto by setting the operating mode to Continuous
camera.Parameters[PLCamera.BalanceWhiteAuto].SetValue(PLCamera.BalanceWhiteAuto.Continuous);
/* Macro to check for errors */
#define CHECK(errc) if (GENAPI_E_OK != errc) printErrorAndExit(errc)
GENAPIC_RESULT errRes = GENAPI_E_OK;  /* Return value of pylon methods */
/* Enable Balance White Auto by setting the operating mode to Continuous */
errRes = PylonDeviceFeatureFromString(hdev, "BalanceWhiteAuto", "Continuous");
CHECK(errRes);
# Enable Balance White Auto by setting the operating mode to Continuous
camera.BalanceWhiteAuto.Value = "Continuous"

pylonViewerアを使用して、パラメーターを簡単に設定することもできます。