コンテンツにスキップ

acA2500-20gm#

The acA2500-20gm Basler ace GigE camera with an onsemi PYTHON 5000 mono CMOS sensor delivers 21 frames per second at 5 MP resolution.

Basler ace GigEカメラ

仕様#

一般仕様#

acA2500-20gm
解像度(横 x 縦ピクセル) 2592 x 2048
センサータイプ onsemi
PYTHON NOIP1SN5000A
Progressive scan CMOS
Global shutter
センサーの形式 1"
センサーの有効対角長 15.9 mm
ピクセルサイズ(横 x 縦) 4.8μm x 4.8μm
フレームレート 21fps(高速センサー読み出しモード時)
20fps(通常のセンサー読み出しモード時)
製品ライン ace U
モノクロ/カラー モノ
画像データインターフェイス 高速Ethernet(100Mビット/秒)
ギガビットEthernet(1000Mビット/秒)
Pixel Formats Pixel Formatを参照してください。
同期化 ハードウェアトリガーを介して
ソフトウェアトリガーを介して
フリーランを介して
Exposure Time制御 ハードウェアトリガーを介して
カメラAPIを介してプログラム可能
カメラの電源要件 ≈3.7 W(標準)、≈3.9 W(最大)(Power
over Ethernetを使用する場合)
≈3.3 W(標準)、≈3.6 W(最大)@DC 12–24V(I/Oコネクター経由で供給
された場合)
I/Oライン 1光結合入力ライン
1光結合出力ライン
1 汎用I/O(GPIO)ライン
レンズマウント Cマウント
サイズ(長さ x 幅 x 高さ) 42.0 mm x 29mm x 29mm(レンズマウントおよびコネクターなし)
60.3 mm x 29mm x 29mm(レンズマウントおよびコネクターあり)
重量 <90 g
適合性 CE(RoHSを含む)、EAC、UL Listed、FCC、GenICam、GigE Vision、IP30、IEEE 802.3af(PoE)、REACH、KC
お使いのカメラモデルの証明書
詳細については、BaslerウェブサイトのComplianceセクションを参照してください。
ソフトウェア Basler pylon Camera Software Suite(バージョン4.0以降)
Windows、Linux x86、Linux ARM、macOS、Androidで使用可能
アクセサリー お使いのカメラモデル用のアクセサリー
在庫状況および価格 Baslerウェブサイトの製品ページを参照してください。

スペクトル応答#

PYTHON NOIP1SN5000Aのスペクトル応答

スペクトル応答曲線にはレンズ特性および光源特性は含まれません。

機械的仕様#

カメラの寸法と取り付け位置#

Cマウントレンズ搭載カメラの機械的寸法(mm)

お使いのBaslerカメラのCAD/技術図面をダウンロードします。

最大許容レンズ進入量#

最大許容レンズ進入量参照

応力試験結果#

応力試験結果参照

要件#

環境要件#

温度と湿度#

動作中のハウジング温度 0~50°C(32~122°F)
動作中の湿度 20~80%、相対、非結露
保管温度 -20~80°C(-4~176°F)
保管湿度 20~80%、相対、非結露
UL 60950-1に準拠したハウジング温度 最高70°C(158°F)
UL 60950-1に準拠した周囲温度 最高30 °C(86 °F)

熱放散対策#

熱放散対策参照。

電気的要件#

警告 – 感電の危険

承認されていない電源装置を使用すると感電が発生して、重傷や死亡につながるおそれがあります。

  • 安全超低電圧(SELV)および制限付き電源(LPS)の要件を満たす電源装置を使用する必要があります。
  • 電源付きハブまたは電源付きスイッチを使用する場合は、SELVおよびLPSの要件を満たす必要があります。
警告 – 火災の危険

承認されていない電源装置を使用すると、火災や火傷が発生するおそれがあります。

  • 制限付き電源(LPS)の要件を満たす電源装置を使用する必要があります。
  • 電源付きハブまたは電源付きスイッチを使用する場合は、LPSの要件を満たす必要があります。
注意 – 適切な電圧を使用しないと、カメラが損傷するおそれがあります。

カメラとI/O電源は、以下に示す安全動作電圧範囲内で供給する必要があります。

I/Oラインに負の電圧を使用しないでください。

カメラの出力#

注意 – デュアルカメラ電源はカメラを損傷する可能性があります。

PoE(Power over Ethernet)またはカメラのI/Oコネクターのいずれかを介してカメラに電力を供給する必要があります。

カメラの電源供給に、両方の方法を同時に使用しないでください。

  • Power over Ethernet(PoE)経由の電源:電源は、IEEE 802.3af仕様に準拠している必要があります。
  • I/Oコネクター経由の電源:動作電圧は12~24VDCです。少なくとも10.8VDCを供給する必要があります。カメラの損傷を防ぐため、最大30VDCを超えないようにしてください。

光結合I/O入力ライン#

電圧 説明
30VDC 絶対最大値。この電圧を決して超えてはなりません。カメラが損傷するおそれがあり、この場合は保証の対象外になります。
0–24VDC 安全動作範囲。
0–1.4VDC 論理0を示します(インバータは無効)。
1.4–2.2VDCより大きい 論理レベルの遷移が発生する領域。この領域で論理状態は定義されません。
2.2VDCより大きい 論理1を示します(インバータは無効)。
  • 最小電流:5mA
  • 消費電流:5~15mA
  • カメラがPLCデバイスに接続されている場合、Baslerは、PLCの電圧レベルをカメラの電圧レベルに調整するケーブルを使用することをお勧めします。

光結合I/O出力ライン#

電圧 説明
30VDC 絶対最大値。この電圧を決して超えてはなりません。カメラが損傷するおそれがあり、この場合は保証の対象外になります。
3.3–24VDC 安全動作範囲。
<3.3 VDC 信頼性の低いI/O出力。
  • Leakage current: <60 µA. Actual leakage depends on operating temperature and production spread of electronic components.
  • 最大負荷電流:50mA
  • 最小負荷電流: :指定なし。次の点を考慮してください。
    • 漏れ電流は、負荷電流が低い場合にはより強い影響を与えます。
    • 負荷電流が減少すると、出力の伝播遅延が増加します。
    • 高インピーダンス回路は、EMIの影響を受けやすい傾向があります。
    • 電流が大きいほど、長いケーブルでの電圧降下が大きくなります。

汎用I/Oレンズ#

注意:カメラのGPIOラインに不適切な電気信号を印加すると、カメラに重大な損傷を与えるおそれがあります。

外部回路をGPIOラインに接続する前に、Line Mode機能を使用してラインを入力または出力用に設定します。

以下に指定されたとおりに、適切な入力または出力信号電圧を印加してください。

入力として動作#
電圧 説明
30VDC 絶対最大値。この電圧を決して超えてはなりません。カメラが損傷するおそれがあり、この場合は保証の対象外になります。
0–5VDC 安全動作範囲。最小外部プルアップ電圧はDC 3.3V。
0–0.8VDC 論理0を示します(インバータは無効)。
0.8–2.0VDCより大きい 論理レベルの遷移が発生する領域。この領域で論理状態は定義されません。
2.0VDCより大きい 論理1を示します(インバータは無効)。
  • Current draw (high-level): <100 μA
  • シンク電流:お使いのアプリケーションは、0.8VDCを超えない、GPIO入力ラインからの2mAのシンク電流を受容できる必要があります。
出力として動作#
電圧 説明
30VDC 絶対最大値。この電圧を決して超えてはなりません。カメラが損傷するおそれがあり、この場合は保証の対象外になります。
3.3–24VDC 安全動作範囲。
<3.3 VDC 信頼性の低いI/O出力。
  • 内部プルアップ抵抗:約2kΩ(オープンコレクター)。多くのアプリケーションでは、プルアップ抵抗を追加する必要があります。
  • Residual voltage ("on" state): ≈0.4 VDC at 50 mA and 25 °C (77 °F) housing temperature. Actual residual voltage depends on operating temperature, load current, and production spread of electronic components.
  • Leakage current: <60 µA. Actual leakage depends on operating temperature and production spread of electronic components.
  • 最大負荷電流:50mA
  • 最小負荷電流: :指定なし。次の点を考慮してください。
    • 漏れ電流は、負荷電流が低い場合にはより強い影響を与えます。
    • 負荷電流が減少すると、出力の伝播遅延が増加します。
    • 高インピーダンス回路は、EMIの影響を受けやすい傾向があります。
    • 電流が大きいほど、長いケーブルでの電圧降下が大きくなります。

I/Oラインの詳細については、I/O制御の項を参照してください。

回路図#

回路図(Basler ace)参照。

ケーブル要件#

Ethernetケーブル#

  • 高品質のEthernetケーブルを使用してください。S/STPシールド付きCAT 5E以上のシールドケーブルの使用を推奨します。
  • ストレート(パッチ)またはクロスオーバーEthernetケーブルのいずれかを使用してください。
  • 一般的に、長いケーブルを使用する用途や、EMI状態が厳しい用途では、より高いカテゴリーのケーブルが必要です。
  • 強い磁場に近接しないようにしてください。
  • Baslerは、Basler Vision ComponentsシリーズのEthernetケーブルを使用することをお勧めします。

I/Oケーブル#

  • I/Oケーブルはシールドされている必要があります。
  • I/Oケーブルの断面積は、少なくとも0.14 mm²(およそAWG26)である必要があります。
  • ツイストペアワイヤーケーブルを使用します。
  • 最大推奨ケーブル長:10m
  • カメラ側コネクター:ヒロセ電機マイクロプラグ(部品番号 HR10A-7P-6S)または同等品
  • 強い磁場に近接しないようにしてください。
  • Power over Ethernet経由でカメラに電力を供給している場合、I/Oケーブルを使用して電力を供給することはできません。ただし、ケーブルを使用してI/Oラインに接続することはできます。
  • Baslerでは、以下のI/Oケーブルを使用することをお勧めします Basler Visionのコンポーネント 範囲:
    • GPIOケーブル、10m(黄色のケーブル):カメラのGPIOラインで使用します。カメラへの電力供給も行います。クロストークによる干渉を避けるため、光結合I/Oラインは接続されていません。
    • 光I/Oケーブル、10m(青色のケーブル):カメラの光結合I/Oラインで使用します。クロストークによる干渉を避けるため、GPIOラインは接続されていません。カメラに電力を供給しません。したがって、このケーブルを使用する場合は、Power over Ethernet(PoE)経由で電力を供給する必要があります。
    • 光GPIO Yケーブル、2 x 10m(黄色 - 青色ケーブル):クロストークによる干渉なしでGPIOライン光結合I/Oラインを同時に使用できます。両方のI/Oタイプを分割するための2本の個別のワイヤーがあります。カメラへの電力供給も行います。
    • 電源I/Oケーブル、10m(グレーのケーブル):カメラの光結合I/Oラインで使用します。このケーブルは、光I/Oケーブル(青色のケーブル、上記参照)とは異なり、カメラに電力を供給できます。ただし、すべてのラインが接続されているため、GPIOラインと光結合I/Oラインの間でクロストークが発生する可能性があります。
    • Power-I/O PLC+ cable, 10 m (gray cable): For use with the opto-coupled I/O lines of Basler cameras connected to a programmable logic controller (PLC). It adapts the signal level for zero voltage from PLC level (\<8.4 VDC) to TTL level (\<1.4 VDC).

物理インターフェイス#

カメラ用コネクター#

カメラ用コネクター

Ethernetコネクター#

  • カメラへの接続:100/1000Mビット/秒Ethernet
  • I/Oコネクター経由で電力が供給されていない場合:Power over Ethernet(PoE)
  • 8ピンRJ-45ジャック
  • 推奨嵌合コネクター:8ピンRJ-45プラグ(スナップインまたは止めネジ付き)
  • 止めネジを使用する場合は、ネジの水平方向に注意してください。

I/Oコネクター#

  • Power over Ethernet(PoE)経由で電力が供給されていない場合:電源
  • ヒロセ電機マイクロレセプタクル(部品番号HR10A-7R-6PB)
  • 推奨される嵌合コネクター:ヒロセ電機プラグ(部品番号HR10A-7P-6S)

コネクターピン番号と割り付け#

I/Oコネクターのピン番号

ピン ライン 機能
1 - DC 12-24Vカメラ電源
2 ライン1 光結合I/O入力ライン
3 ライン3 汎用I/O(GPIO)ライン
4 ライン2 光結合I/O出力ライン
5 - 光結合I/Oラインの接地
6 - カメラ電源およびGPIOライン用の接地

注意事項#

安全に関する注意事項(ace、 ace 2)参照。

インストール#

カメラの取り付け参照。

機能#

→「機能」を参照。

トップに戻る