コンテンツにスキップ

acA1920-25uc#

acA1920-25uc Basler ace USB 3.0カメラには、onsemi MT9P031センサーが搭載されています。

Basler ace USB 3.0カメラ

仕様#

一般仕様#

acA1920-25uc
解像度(横 x 縦ピクセル) 1920 x 1080
解像度 2MP
センサータイプ onsemi MT9P031
ProgressiveスキャンCMOS
Rollingシャッター
センサーの形式 1/3.7インチ
センサーの有効対角長 4.9 mm
ピクセルサイズ(横 x 縦) 2.2 x 2.2µm
フレームレート(デフォルト設定) 26fps
製品ライン ace Classic
モノクロ/カラー カラー
画像データインターフェイス USB 3.0、公称最大5Gビット/秒(SuperSpeed)
Pixel Formats Pixel Formatを参照してください。
同期化 ハードウェアトリガーを介して
ソフトウェアトリガーを介して
フリーランを介して
Exposure Time制御 ハードウェアトリガーを介して
カメラAPIを介してプログラム可能
カメラの電源要件 ≈2.2 W(標準および最大)@DC 5V
I/Oライン 1光結合入力ライン
1光結合出力ライン
2汎用I/O(GPIO)ライン
レンズマウント Cマウント
サイズ(長さ x 幅 x 高さ) 29.3 x 29 x 29mm(レンズマウントまたはコネクターなし)
48.2 x 29 x 29mm(レンズマウントおよびコネクター付き)
重量 <80 g
適合性 CE(RoHSを含む)、EAC、UL Listed、FCC、GenICam 2.x(PFNC 2.xおよびSFNC 2.xを含む)、IP30、USB3 Vision、REACH、KC
お使いのカメラモデルの証明書
詳細については、BaslerウェブサイトのComplianceセクションを参照してください。
ソフトウェア Basler pylon Camera Software Suite(バージョン4.0以降)
Windows、Linux x86、Linux ARM、macOS、Androidで使用可能
アクセサリー お使いのカメラモデル用のアクセサリー
在庫状況および価格 Baslerウェブサイトの製品ページを参照してください。

スペクトル応答#

onsemi MT9P031 Spectral Response

スペクトル応答曲線には、レンズ特性、光源特性、および赤外線カットフィルター特性は含まれません。

赤外線カットフィルター#

カラーカメラには赤外線カットフィルターが装備されています。このフィルターは、レンズマウント内のフィルターホルダーに取り付けられています。

赤外線カットフィルターには、次のスペクトル特性があります。

波長[nm] 透過率
450~610 Tmin > 90 %
450~620 Tavg > 93 %
645 ± 10 T = 50 %
700~1070 Tmax < 4 %
690~1070 Tavg < 1 %

フィルターホルダーは取り外すことができます。詳細については、ace IR Cut Filter Holder Removal Procedureアプリケーションノートを参照してください。

機械的仕様#

カメラの寸法と取り付け位置#

Cマウントレンズ搭載カメラの機械的寸法(mm)

お使いのBaslerカメラのCAD/技術図面をダウンロードします。

最大許容レンズ進入量#

最大許容レンズ進入量参照。

取り付け方法#

取り付け方法参照。

応力試験結果#

応力試験結果参照。

要件#

環境要件#

温度と湿度#

動作中のハウジング温度 0~50°C(32~122°F)
動作中の湿度 20~80%、相対、非結露
保管温度 -20~80°C(-4~176°F)
保管湿度 20~80%、相対、非結露
UL 60950-1に準拠したハウジング温度 最高70°C(158°F)
UL 60950-1に準拠した周囲温度 最高30 °C(86 °F)

熱放散対策#

熱放散対策参照。

電気的要件#

警告 – 感電の危険

承認されていない電源装置を使用すると感電が発生して、重傷や死亡につながるおそれがあります。

  • 安全超低電圧(SELV)および制限付き電源(LPS)の要件を満たす電源装置を使用する必要があります。
  • 電源付きハブまたは電源付きスイッチを使用する場合は、SELVおよびLPSの要件を満たす必要があります。
警告 – 火災の危険

承認されていない電源装置を使用すると、火災や火傷が発生するおそれがあります。

  • 制限付き電源(LPS)の要件を満たす電源装置を使用する必要があります。
  • 電源付きハブまたは電源付きスイッチを使用する場合は、LPSの要件を満たす必要があります。
注意 – 適切な電圧を使用しないと、カメラが損傷するおそれがあります。

カメラとI/O電源は、以下に示す安全動作電圧範囲内で供給する必要があります。

I/Oラインに負の電圧を使用しないでください。

カメラの出力#

ユニバーサルシリアルバス(USB)3.0仕様に準拠したカメラ電源を供給する必要があります。

カメラの公称動作電圧はDC 5Vであり、カメラのコネクターで有効です。

光結合I/O入力ライン#

電圧 説明
30VDC 絶対最大値。この電圧を決して超えてはなりません。カメラが損傷するおそれがあり、この場合は保証の対象外になります。
0–24VDC 安全動作範囲。
0–1.4VDC 論理0を示します(インバータは無効)。
1.4–2.2VDCより大きい 論理レベルの遷移が発生する領域。この領域で論理状態は定義されません。
2.2VDCより大きい 論理1を示します(インバータは無効)。
  • 最小電流:5mA
  • 消費電流:5~15mA

光結合I/O出力ライン#

電圧 説明
30VDC 絶対最大値。この電圧を決して超えてはなりません。カメラが損傷するおそれがあり、この場合は保証の対象外になります。
3.3–24VDC 安全動作範囲。
<3.3 VDC 信頼性の低いI/O出力。
  • Leakage current: <60 µA. Actual leakage depends on operating temperature and production spread of electronic components.
  • 最大負荷電流:50mA
  • 最小負荷電流: :指定なし。次の点を考慮してください。
    • 漏れ電流は、負荷電流が低い場合にはより強い影響を与えます。
    • 負荷電流が減少すると、出力の伝播遅延が増加します。
    • 高インピーダンス回路は、EMIの影響を受けやすい傾向があります。
    • 電流が大きいほど、長いケーブルでの電圧降下が大きくなります。

汎用I/Oレンズ#

注意:カメラのGPIOラインに不適切な電気信号を印加すると、カメラに重大な損傷を与えるおそれがあります。

外部回路をGPIOラインに接続する前に、Line Mode機能を使用してラインを入力または出力用に設定します。

以下に指定されたとおりに、適切な入力または出力信号電圧を印加してください。

入力として動作#
電圧 説明
30VDC 絶対最大値。この電圧を決して超えてはなりません。カメラが損傷するおそれがあり、この場合は保証の対象外になります。
0–5VDC 安全動作範囲。最小外部プルアップ電圧はDC 3.3V。
0–0.8VDC 論理0を示します(インバータは無効)。
0.8–2.0VDCより大きい 論理レベルの遷移が発生する領域。この領域で論理状態は定義されません。
2.0VDCより大きい 論理1を示します(インバータは無効)。
  • Current draw (high-level): <100 μA
  • シンク電流:お使いのアプリケーションは、0.8VDCを超えない、GPIO入力ラインからの2mAのシンク電流を受容できる必要があります。
出力として動作#
電圧 説明
30VDC 絶対最大値。この電圧を決して超えてはなりません。カメラが損傷するおそれがあり、この場合は保証の対象外になります。
3.3–24VDC 安全動作範囲。
<3.3 VDC 信頼性の低いI/O出力。
  • 内部プルアップ抵抗:約2kΩ(オープンコレクター)。多くのアプリケーションでは、プルアップ抵抗を追加する必要があります。
  • Residual voltage ("on" state): 50mAおよび25°C(77°F)のハウジング温度で約0.4VDC。実際の残留電圧は、動作温度、負荷電流、および電子部品の生産展開に依存します。
  • Leakage current: <60 µA. Actual leakage depends on operating temperature and production spread of electronic components.
  • 最大負荷電流:50mA
  • 最小負荷電流: :指定なし。次の点を考慮してください。
    • 漏れ電流は、負荷電流が低い場合にはより強い影響を与えます。
    • 負荷電流が減少すると、出力の伝播遅延が増加します。
    • 高インピーダンス回路は、EMIの影響を受けやすい傾向があります。
    • 電流が大きいほど、長いケーブルでの電圧降下が大きくなります。

I/Oラインの詳細については、I/O制御の項を参照してください。

回路図#

回路図(Basler ace)参照。

ケーブル要件#

USB 3.0ケーブル#

  • Micro-Bプラグ付き高品質USB 3.0ケーブルを使用します。
  • EMIを防止するには、USB 3.0規格で規定されているようにケーブルをシールドする必要があります。
  • Baslerは、Basler Vision ComponentsシリーズのUSB 3.0ケーブルを使用することをお勧めします。

推奨されるUSB 3.0ケーブルの詳細については、Recommended Accessories for Basler USB 3.0 Camerasマニュアルを参照してください。

I/Oケーブル#

  • I/Oケーブルはシールドされている必要があります。
  • I/Oケーブルの断面積は、少なくとも0.14mm²(およそAWG26)である必要があります。
  • ツイストペアワイヤーケーブルを使用します。
  • 最大推奨ケーブル長:10m
  • カメラ側コネクター:ヒロセ電機マイクロプラグ(部品番号 HR10A-7P-6S)または同等品
  • 強い磁場に近接しないようにしてください。
  • Baslerでは、以下のI/Oケーブルを使用することをお勧めします Basler Visionのコンポーネント 範囲:

物理インターフェイス#

カメラ用コネクターとステータスLED#

カメラ用コネクター

I/Oコネクター#

  • ヒロセ電機マイクロレセプタクル(部品番号HR10A-7R-6PB)
  • 推奨される嵌合コネクター:ヒロセ電機プラグ(部品番号HR10A-7P-6S)

USB 3.0Micro-Bコネクター#

  • ネジロック付きStandard USB 3.0 Micro-Bコネクター
  • 推奨される嵌合コネクター:ネジ付きStandard USB 3.0 Micro-Bコネクター

ステータスLED#

カメラの動作を示します(LED点灯 = カメラ動作中)。

コネクターピン番号と割り付け#

I/Oコネクターのピン番号

ピン ライン 機能
1 ライン3 汎用I/O(GPIO)ライン
2 ライン1 光結合I/O入力ライン
3 ライン4 汎用I/O(GPIO)ライン
4 ライン2 光結合I/O出力ライン
5 - 光結合I/Oラインの接地
6 - 汎用I/O(GPIO)ライン用の接地

注意事項#

安全に関する注意事項(ace、 ace 2)参照。

インストール#

カメラの取り付け参照。

機能#

→「機能」を参照。