コンテンツにスキップ

3Dカメラ#

Baslerの3Dカメラは、Time-of-Flight法に基づいており、Gigabit Ethernetインターフェースを備えています。

3D画像処理は、特に対象物の容積、形状、または位置を決定するために使用されます。生成された深度情報は、2Dカメラ画像のコントラストが十分ではないが、対象物の高さに認識可能な差がある場合に、欠陥検出タスクにも使用できます。

time-of-flightに関する一般的な情報については、3D Camera Technologyセクションを参照してください。

モデル#