コンテンツにスキップ

User Output Value#

User Output Valueカメラ機能を使用すると、1本またはすべての出力ラインのステータスをソフトウェアによって高(1)または低(0)に設定できます。

これは、外部イベントやデバイス(光源など)を制御する場合に便利です。

機能を使用する#

I/Oラインの出力ステータスの設定#

I/Oラインの出力ステータスを設定するには、次の手順に従います。

  1. LineSelectorパラメーターを、目的の出力ライン(Line2など)に設定します。
  2. LineSourceパラメーターをUserOutputに設定します。
  3. 複数のUser Outputラインソースが使用可能な場合(「User Output 1」、「User Output 2」など)、UserOutputSelectorパラメーターを対応するラインソースに設定します。
    例:ライン2のラインソースUserOutput1に設定したとします。ライン2のラインステータスを設定するには、UserOutputSelectorパラメーターをUserOutput1に設定します。
  4. ラインステータスを高(1)に設定する場合は、UserOutputValueパラメーターをtrueに設定します。
  5. ラインステータスを低(0)に設定する場合は、UserOutputValueパラメーターをfalseに設定します。

全I/Oラインの出力ステータスの設定#

UserOutputValueAll パラメーターを使用して、複数の出力ラインのステータスを設定できます。このパラメーターは64ビット値として報告されます。

値の特定のビットは出力ラインに関連付けられます。各ビットは、関連するラインのステータスを設定します。

  • ビットが0に設定されている場合、関連付けられているラインのステータスは低に設定されます。
  • ビットが1に設定されている場合、関連付けられているラインのステータスは高に設定されます。

どのビットがどのラインに関連付けられているかは、カメラのモデルによって異なります。

特性#

すべてのカメラモデルを表示します

カメラモデル UserOutputValueAll Bit-to-Line Association
a2A1920-51gcBAS ビット0は、User Output 1信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット1は、User Output 2信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット2は、User Output 3信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
:Line 2のラインソースをUser Output 1に設定します。これで、ビット0がLine 1のステータスを設定するようになります。
a2A1920-51gcPRO ビット0は、User Output 0信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット1は、User Output 1信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット2は、User Output 1信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
:Line 2のラインソースをUser Output 0に設定します。これで、ビット0がLine 1のステータスを設定するようになります。
a2A1920-51gmBAS ビット0は、User Output 1信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット1は、User Output 2信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット2は、User Output 3信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
:Line 2のラインソースをUser Output 1に設定します。これで、ビット0がLine 1のステータスを設定するようになります。
a2A1920-51gmPRO ビット0は、User Output 0信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット1は、User Output 1信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット2は、User Output 1信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
:Line 2のラインソースをUser Output 0に設定します。これで、ビット0がLine 1のステータスを設定するようになります。
a2A1920-160ucBAS ビット0は、User Output 1信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット1は、User Output 2信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット2は、User Output 3信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
:Line 2のラインソースをUser Output 1に設定します。これで、ビット0がLine 1のステータスを設定するようになります。
a2A1920-160ucPRO ビット0は、User Output 0信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット1は、User Output 1信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット2は、User Output 1信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
:Line 2のラインソースをUser Output 0に設定します。これで、ビット0がLine 1のステータスを設定するようになります。
a2A1920-160umBAS ビット0は、User Output 1信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット1は、User Output 2信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット2は、User Output 3信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
:Line 2のラインソースをUser Output 1に設定します。これで、ビット0がLine 1のステータスを設定するようになります。
a2A1920-160umPRO ビット0は、User Output 0信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット1は、User Output 1信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット2は、User Output 1信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
:Line 2のラインソースをUser Output 0に設定します。これで、ビット0がLine 1のステータスを設定するようになります。
a2A2590-22gcBAS ビット0は、User Output 1信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット1は、User Output 2信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット2は、User Output 3信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
:Line 2のラインソースをUser Output 1に設定します。これで、ビット0がLine 1のステータスを設定するようになります。
a2A2590-22gcPRO ビット0は、User Output 0信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット1は、User Output 1信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット2は、User Output 1信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
:Line 2のラインソースをUser Output 0に設定します。これで、ビット0がLine 1のステータスを設定するようになります。
a2A2590-22gmBAS ビット0は、User Output 1信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット1は、User Output 2信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット2は、User Output 3信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
:Line 2のラインソースをUser Output 1に設定します。これで、ビット0がLine 1のステータスを設定するようになります。
a2A2590-22gmPRO ビット0は、User Output 0信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット1は、User Output 1信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット2は、User Output 1信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
:Line 2のラインソースをUser Output 0に設定します。これで、ビット0がLine 1のステータスを設定するようになります。
a2A2590-60ucBAS ビット0は、User Output 1信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット1は、User Output 2信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット2は、User Output 3信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
:Line 2のラインソースをUser Output 1に設定します。これで、ビット0がLine 1のステータスを設定するようになります。
a2A2590-60ucPRO ビット0は、User Output 0信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット1は、User Output 1信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット2は、User Output 1信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
:Line 2のラインソースをUser Output 0に設定します。これで、ビット0がLine 1のステータスを設定するようになります。
a2A2590-60umBAS ビット0は、User Output 1信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット1は、User Output 2信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット2は、User Output 3信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
:Line 2のラインソースをUser Output 1に設定します。これで、ビット0がLine 1のステータスを設定するようになります。
a2A2590-60umPRO ビット0は、User Output 0信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット1は、User Output 1信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット2は、User Output 1信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
:Line 2のラインソースをUser Output 0に設定します。これで、ビット0がLine 1のステータスを設定するようになります。
a2A3840-13gcBAS ビット0は、User Output 1信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット1は、User Output 2信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット2は、User Output 3信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
:Line 2のラインソースをUser Output 1に設定します。これで、ビット0がLine 1のステータスを設定するようになります。
a2A3840-13gcPRO ビット0は、User Output 0信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット1は、User Output 1信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット2は、User Output 1信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
:Line 2のラインソースをUser Output 0に設定します。これで、ビット0がLine 1のステータスを設定するようになります。
a2A3840-13gmBAS ビット0は、User Output 1信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット1は、User Output 2信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット2は、User Output 3信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
:Line 2のラインソースをUser Output 1に設定します。これで、ビット0がLine 1のステータスを設定するようになります。
a2A3840-13gmPRO ビット0は、User Output 0信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット1は、User Output 1信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット2は、User Output 1信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
:Line 2のラインソースをUser Output 0に設定します。これで、ビット0がLine 1のステータスを設定するようになります。
a2A3840-45ucBAS ビット0は、User Output 1信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット1は、User Output 2信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット2は、User Output 3信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
:Line 2のラインソースをUser Output 1に設定します。これで、ビット0がLine 1のステータスを設定するようになります。
a2A3840-45ucPRO ビット0は、User Output 0信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット1は、User Output 1信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット2は、User Output 1信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
:Line 2のラインソースをUser Output 0に設定します。これで、ビット0がLine 1のステータスを設定するようになります。
a2A3840-45umBAS ビット0は、User Output 1信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット1は、User Output 2信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット2は、User Output 3信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
:Line 2のラインソースをUser Output 1に設定します。これで、ビット0がLine 1のステータスを設定するようになります。
a2A3840-45umPRO ビット0は、User Output 0信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット1は、User Output 1信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット2は、User Output 1信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
:Line 2のラインソースをUser Output 0に設定します。これで、ビット0がLine 1のステータスを設定するようになります。
a2A4504-5gcBAS ビット0は、User Output 1信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット1は、User Output 2信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット2は、User Output 3信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
:Line 2のラインソースをUser Output 1に設定します。これで、ビット0がLine 1のステータスを設定するようになります。
a2A4504-5gcPRO ビット0は、User Output 1信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット1は、User Output 2信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット2は、User Output 3信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
:Line 2のラインソースをUser Output 1に設定します。これで、ビット0がLine 1のステータスを設定するようになります。
a2A4504-5gmBAS ビット0は、User Output 1信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット1は、User Output 2信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット2は、User Output 3信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
:Line 2のラインソースをUser Output 1に設定します。これで、ビット0がLine 1のステータスを設定するようになります。
a2A4504-5gmPRO ビット0は、User Output 1信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット1は、User Output 2信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット2は、User Output 3信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
:Line 2のラインソースをUser Output 1に設定します。これで、ビット0がLine 1のステータスを設定するようになります。
a2A4504-18ucBAS ビット0は、User Output 1信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット1は、User Output 2信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット2は、User Output 3信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
:Line 2のラインソースをUser Output 1に設定します。これで、ビット0がLine 1のステータスを設定するようになります。
a2A4504-18ucPRO ビット0は、User Output 1信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット1は、User Output 2信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット2は、User Output 3信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
:Line 2のラインソースをUser Output 1に設定します。これで、ビット0がLine 1のステータスを設定するようになります。
a2A4504-18umBAS ビット0は、User Output 1信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット1は、User Output 2信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット2は、User Output 3信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
:Line 2のラインソースをUser Output 1に設定します。これで、ビット0がLine 1のステータスを設定するようになります。
a2A4504-18umPRO ビット0は、User Output 1信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット1は、User Output 2信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット2は、User Output 3信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
:Line 2のラインソースをUser Output 1に設定します。これで、ビット0がLine 1のステータスを設定するようになります。
a2A5320-7gcBAS ビット0は、User Output 1信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット1は、User Output 2信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット2は、User Output 3信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
:Line 2のラインソースをUser Output 1に設定します。これで、ビット0がLine 1のステータスを設定するようになります。
a2A5320-7gcPRO ビット0は、User Output 1信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット1は、User Output 2信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット2は、User Output 3信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
:Line 2のラインソースをUser Output 1に設定します。これで、ビット0がLine 1のステータスを設定するようになります。
a2A5320-7gmBAS ビット0は、User Output 1信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット1は、User Output 2信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット2は、User Output 3信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
:Line 2のラインソースをUser Output 1に設定します。これで、ビット0がLine 1のステータスを設定するようになります。
a2A5320-7gmPRO ビット0は、User Output 1信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット1は、User Output 2信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット2は、User Output 3信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
:Line 2のラインソースをUser Output 1に設定します。これで、ビット0がLine 1のステータスを設定するようになります。
a2A5320-23ucBAS ビット0は、User Output 1信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット1は、User Output 2信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット2は、User Output 3信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
:Line 2のラインソースをUser Output 1に設定します。これで、ビット0がLine 1のステータスを設定するようになります。
a2A5320-23ucPRO ビット0は、User Output 1信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット1は、User Output 2信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット2は、User Output 3信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
:Line 2のラインソースをUser Output 1に設定します。これで、ビット0がLine 1のステータスを設定するようになります。
a2A5320-23umBAS ビット0は、User Output 1信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット1は、User Output 2信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット2は、User Output 3信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
:Line 2のラインソースをUser Output 1に設定します。これで、ビット0がLine 1のステータスを設定するようになります。
a2A5320-23umPRO ビット0は、User Output 1信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット1は、User Output 2信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット2は、User Output 3信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
:Line 2のラインソースをUser Output 1に設定します。これで、ビット0がLine 1のステータスを設定するようになります。
a2A5328-4gcBAS ビット0は、User Output 1信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット1は、User Output 2信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット2は、User Output 3信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
:Line 2のラインソースをUser Output 1に設定します。これで、ビット0がLine 1のステータスを設定するようになります。
a2A5328-4gcPRO ビット0は、User Output 1信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット1は、User Output 2信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット2は、User Output 3信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
:Line 2のラインソースをUser Output 1に設定します。これで、ビット0がLine 1のステータスを設定するようになります。
a2A5328-4gmBAS ビット0は、User Output 1信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット1は、User Output 2信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット2は、User Output 3信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
:Line 2のラインソースをUser Output 1に設定します。これで、ビット0がLine 1のステータスを設定するようになります。
a2A5328-4gmPRO ビット0は、User Output 1信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット1は、User Output 2信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット2は、User Output 3信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
:Line 2のラインソースをUser Output 1に設定します。これで、ビット0がLine 1のステータスを設定するようになります。
a2A5328-15ucBAS ビット0は、User Output 1信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット1は、User Output 2信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット2は、User Output 3信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
:Line 2のラインソースをUser Output 1に設定します。これで、ビット0がLine 1のステータスを設定するようになります。
a2A5328-15ucPRO ビット0は、User Output 1信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット1は、User Output 2信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット2は、User Output 3信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
:Line 2のラインソースをUser Output 1に設定します。これで、ビット0がLine 1のステータスを設定するようになります。
a2A5328-15umBAS ビット0は、User Output 1信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット1は、User Output 2信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット2は、User Output 3信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
:Line 2のラインソースをUser Output 1に設定します。これで、ビット0がLine 1のステータスを設定するようになります。
a2A5328-15umPRO ビット0は、User Output 1信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット1は、User Output 2信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット2は、User Output 3信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
:Line 2のラインソースをUser Output 1に設定します。これで、ビット0がLine 1のステータスを設定するようになります。
acA640-90gc ビット0は、ラインOut 1のステータスを設定します(0 = 低、1 = 高)。
acA640-90gm ビット0は、ラインOut 1のステータスを設定します(0 = 低、1 = 高)。
acA640-90uc ビット0は常に0
ビット1はLine 2のステータスを設定
ビット2はLine 3のステータスを設定
ビット3はLine 4のステータスを設定
例:すべてのライン高 = 0b1110
acA640-90um ビット0は常に0
ビット1はLine 2のステータスを設定
ビット2はLine 3のステータスを設定
ビット3はLine 4のステータスを設定
例:すべてのライン高 = 0b1110
acA640-120gc ビット0は、ラインOut 1のステータスを設定します(0 = 低、1 = 高)。
acA640-120gm ビット0は、ラインOut 1のステータスを設定します(0 = 低、1 = 高)。
acA640-120uc ビット0は常に0
ビット1はLine 2のステータスを設定
ビット2はLine 3のステータスを設定
ビット3はLine 4のステータスを設定
例:すべてのライン高 = 0b1110
acA640-120um ビット0は常に0
ビット1はLine 2のステータスを設定
ビット2はLine 3のステータスを設定
ビット3はLine 4のステータスを設定
例:すべてのライン高 = 0b1110
acA640-121gm ビット0は常に0
ビット1はLine 2のステータスを設定
ビット2はLine 3のステータスを設定
acA640-300gc ビット0は常に0です
ビット1はLine2のステータスを設定します
ビット2はLine3のステータスを設定します
例:すべてのライン高 = 0b110
acA640-300gm ビット0は常に0
ビット1はLine 2のステータスを設定
ビット2はLine 3のステータスを設定
acA640-750uc ビット0は常に0
ビット1はLine 2のステータスを設定
ビット2はLine 3のステータスを設定
ビット3はLine 4のステータスを設定
例:すべてのライン高 = 0b1110
acA640-750um ビット0は常に0
ビット1はLine 2のステータスを設定
ビット2はLine 3のステータスを設定
ビット3はLine 4のステータスを設定
例:すべてのライン高 = 0b1110
acA720-290gc ビット0は常に0です
ビット1はLine2のステータスを設定します
ビット2はLine3のステータスを設定します
例:すべてのライン高 = 0b110
acA720-290gm ビット0は常に0です
ビット1はLine2のステータスを設定します
ビット2はLine3のステータスを設定します
例:すべてのライン高 = 0b110
acA720-520uc ビット0は常に0
ビット1はLine 2のステータスを設定
ビット2はLine 3のステータスを設定
ビット3はLine 4のステータスを設定
例:すべてのライン高 = 0b1110
acA720-520um ビット0は常に0
ビット1はLine 2のステータスを設定
ビット2はLine 3のステータスを設定
ビット3はLine 4のステータスを設定
例:すべてのライン高 = 0b1110
acA780-75gc ビット0は、ラインOut 1のステータスを設定します(0 = 低、1 = 高)。
acA780-75gm ビット0は、ラインOut 1のステータスを設定します(0 = 低、1 = 高)。
acA800-200gc ビット0は常に0です
ビット1はLine2のステータスを設定します
ビット2はLine3のステータスを設定します
例:すべてのライン高 = 0b110
acA800-200gm ビット0は常に0です
ビット1はLine2のステータスを設定します
ビット2はLine3のステータスを設定します
例:すべてのライン高 = 0b110
acA800-510uc ビット0は常に0
ビット1はLine 2のステータスを設定
ビット2はLine 3のステータスを設定
ビット3はLine 4のステータスを設定
例:すべてのライン高 = 0b1110
acA800-510um ビット0は常に0
ビット1はLine 2のステータスを設定
ビット2はLine 3のステータスを設定
ビット3はLine 4のステータスを設定
例:すべてのライン高 = 0b1110
acA1280-60gc ビット0は、ラインOut 1のステータスを設定します(0 = 低、1 = 高)。
acA1280-60gm ビット0は、ラインOut 1のステータスを設定します(0 = 低、1 = 高)。
acA1300-22gc ビット0は、ラインOut 1のステータスを設定します(0 = 低、1 = 高)。
acA1300-22gm ビット0は、ラインOut 1のステータスを設定します(0 = 低、1 = 高)。
acA1300-30gc ビット0は、ラインOut 1のステータスを設定します(0 = 低、1 = 高)。
acA1300-30gm ビット0は、ラインOut 1のステータスを設定します(0 = 低、1 = 高)。
acA1300-30uc ビット0は常に0
ビット1はLine 2のステータスを設定
ビット2はLine 3のステータスを設定
ビット3はLine 4のステータスを設定
例:すべてのライン高 = 0b1110
acA1300-30um ビット0は常に0
ビット1はLine 2のステータスを設定
ビット2はLine 3のステータスを設定
ビット3はLine 4のステータスを設定
例:すべてのライン高 = 0b1110
acA1300-60gc ビット0は、ラインOut 1のステータスを設定します(0 = 低、1 = 高)。
acA1300-60gm ビット0は、ラインOut 1のステータスを設定します(0 = 低、1 = 高)。
acA1300-60gmNIR ビット0は、ラインOut 1のステータスを設定します(0 = 低、1 = 高)。
acA1300-75gc ビット0は常に0です
ビット1はLine2のステータスを設定します
ビット2はLine3のステータスを設定します
例:すべてのライン高 = 0b110
acA1300-75gm ビット0は常に0です
ビット1はLine2のステータスを設定します
ビット2はLine3のステータスを設定します
例:すべてのライン高 = 0b110
acA1300-200uc ビット0は常に0
ビット1はLine 2のステータスを設定
ビット2はLine 3のステータスを設定
ビット3はLine 4のステータスを設定
例:すべてのライン高 = 0b1110
acA1300-200um ビット0は常に0
ビット1はLine 2のステータスを設定
ビット2はLine 3のステータスを設定
ビット3はLine 4のステータスを設定
例:すべてのライン高 = 0b1110
acA1440-73gc ビット0は常に0です
ビット1はLine2のステータスを設定します
ビット2はLine3のステータスを設定します
例:すべてのライン高 = 0b110
acA1440-73gm ビット0は常に0です
ビット1はLine2のステータスを設定します
ビット2はLine3のステータスを設定します
例:すべてのライン高 = 0b110
acA1440-220uc ビット0は常に0
ビット1はLine 2のステータスを設定
ビット2はLine 3のステータスを設定
ビット3はLine 4のステータスを設定
例:すべてのライン高 = 0b1110
acA1440-220um ビット0は常に0
ビット1はLine 2のステータスを設定
ビット2はLine 3のステータスを設定
ビット3はLine 4のステータスを設定
例:すべてのライン高 = 0b1110
acA1600-20gc ビット0は、ラインOut 1のステータスを設定します(0 = 低、1 = 高)。
acA1600-20gm ビット0は、ラインOut 1のステータスを設定します(0 = 低、1 = 高)。
acA1600-20uc ビット0は常に0
ビット1はLine 2のステータスを設定
ビット2はLine 3のステータスを設定
ビット3はLine 4のステータスを設定
例:すべてのライン高 = 0b1110
acA1600-20um ビット0は常に0
ビット1はLine 2のステータスを設定
ビット2はLine 3のステータスを設定
ビット3はLine 4のステータスを設定
例:すべてのライン高 = 0b1110
acA1600-60gc ビット0は、ラインOut 1のステータスを設定します(0 = 低、1 = 高)。
acA1600-60gm ビット0は、ラインOut 1のステータスを設定します(0 = 低、1 = 高)。
acA1920-25gc ビット0は、ラインOut 1のステータスを設定します(0 = 低、1 = 高)。
acA1920-25gm ビット0は、ラインOut 1のステータスを設定します(0 = 低、1 = 高)。
acA1920-25uc ビット0は常に0
ビット1はLine 2のステータスを設定
ビット2はLine 3のステータスを設定
ビット3はLine 4のステータスを設定
例:すべてのライン高 = 0b1110
acA1920-25um ビット0は常に0
ビット1はLine 2のステータスを設定
ビット2はLine 3のステータスを設定
ビット3はLine 4のステータスを設定
例:すべてのライン高 = 0b1110
acA1920-40gc ビット0は常に0です
ビット1はLine2のステータスを設定します
ビット2はLine3のステータスを設定します
例:すべてのライン高 = 0b110
acA1920-40gm ビット0は常に0です
ビット1はLine2のステータスを設定します
ビット2はLine3のステータスを設定します
例:すべてのライン高 = 0b110
acA1920-40uc ビット0は常に0
ビット1はLine 2のステータスを設定
ビット2はLine 3のステータスを設定
ビット3はLine 4のステータスを設定
例:すべてのライン高 = 0b1110
acA1920-40ucMED ビット0は常に0
ビット1はLine 2のステータスを設定
ビット2はLine 3のステータスを設定
ビット3はLine 4のステータスを設定
例:すべてのライン高 = 0b1110
acA1920-40um ビット0は常に0
ビット1はLine 2のステータスを設定
ビット2はLine 3のステータスを設定
ビット3はLine 4のステータスを設定
例:すべてのライン高 = 0b1110
acA1920-40umMED ビット0は常に0
ビット1はLine 2のステータスを設定
ビット2はLine 3のステータスを設定
ビット3はLine 4のステータスを設定
例:すべてのライン高 = 0b1110
acA1920-48gc ビット0は常に0です
ビット1はLine2のステータスを設定します
ビット2はLine3のステータスを設定します
例:すべてのライン高 = 0b110
acA1920-48gm ビット0は常に0です
ビット1はLine2のステータスを設定します
ビット2はLine3のステータスを設定します
例:すべてのライン高 = 0b110
acA1920-50gc ビット0は常に0です
ビット1はLine2のステータスを設定します
ビット2はLine3のステータスを設定します
例:すべてのライン高 = 0b110
acA1920-50gm ビット0は常に0です
ビット1はLine2のステータスを設定します
ビット2はLine3のステータスを設定します
例:すべてのライン高 = 0b110
acA1920-150uc ビット0は常に0
ビット1はLine 2のステータスを設定
ビット2はLine 3のステータスを設定
ビット3はLine 4のステータスを設定
例:すべてのライン高 = 0b1110
acA1920-150um ビット0は常に0
ビット1はLine 2のステータスを設定
ビット2はLine 3のステータスを設定
ビット3はLine 4のステータスを設定
例:すべてのライン高 = 0b1110
acA1920-155uc ビット0は常に0
ビット1はLine 2のステータスを設定
ビット2はLine 3のステータスを設定
ビット3はLine 4のステータスを設定
例:すべてのライン高 = 0b1110
acA1920-155ucMED ビット0は常に0
ビット1はLine 2のステータスを設定
ビット2はLine 3のステータスを設定
ビット3はLine 4のステータスを設定
例:すべてのライン高 = 0b1110
acA1920-155um ビット0は常に0
ビット1はLine 2のステータスを設定
ビット2はLine 3のステータスを設定
ビット3はLine 4のステータスを設定
例:すべてのライン高 = 0b1110
acA1920-155umMED ビット0は常に0
ビット1はLine 2のステータスを設定
ビット2はLine 3のステータスを設定
ビット3はLine 4のステータスを設定
例:すべてのライン高 = 0b1110
acA2000-50gc ビット0は、ラインOut 1のステータスを設定します(0 = 低、1 = 高)。
acA2000-50gm ビット0は、ラインOut 1のステータスを設定します(0 = 低、1 = 高)。
acA2000-50gmNIR ビット0は、ラインOut 1のステータスを設定します(0 = 低、1 = 高)。
acA2000-165uc ビット0は常に0
ビット1はLine 2のステータスを設定
ビット2はLine 3のステータスを設定
ビット3はLine 4のステータスを設定
例:すべてのライン高 = 0b1110
acA2000-165um ビット0は常に0
ビット1はLine 2のステータスを設定
ビット2はLine 3のステータスを設定
ビット3はLine 4のステータスを設定
例:すべてのライン高 = 0b1110
acA2000-165umNIR ビット0は常に0
ビット1はLine 2のステータスを設定
ビット2はLine 3のステータスを設定
ビット3はLine 4のステータスを設定
例:すべてのライン高 = 0b1110
acA2040-25gc ビット0は、ラインOut 1のステータスを設定します(0 = 低、1 = 高)。
acA2040-25gm ビット0は、ラインOut 1のステータスを設定します(0 = 低、1 = 高)。
acA2040-25gmNIR ビット0は、ラインOut 1のステータスを設定します(0 = 低、1 = 高)。
acA2040-35gc ビット0は常に0です
ビット1はLine2のステータスを設定します
ビット2はLine3のステータスを設定します
例:すべてのライン高 = 0b110
acA2040-35gm ビット0は常に0です
ビット1はLine2のステータスを設定します
ビット2はLine3のステータスを設定します
例:すべてのライン高 = 0b110
acA2040-55uc ビット0は常に0
ビット1はLine 2のステータスを設定
ビット2はLine 3のステータスを設定
ビット3はLine 4のステータスを設定
例:すべてのライン高 = 0b1110
acA2040-55um ビット0は常に0
ビット1はLine 2のステータスを設定
ビット2はLine 3のステータスを設定
ビット3はLine 4のステータスを設定
例:すべてのライン高 = 0b1110
acA2040-90uc ビット0は常に0
ビット1はLine 2のステータスを設定
ビット2はLine 3のステータスを設定
ビット3はLine 4のステータスを設定
例:すべてのライン高 = 0b1110
acA2040-90um ビット0は常に0
ビット1はLine 2のステータスを設定
ビット2はLine 3のステータスを設定
ビット3はLine 4のステータスを設定
例:すべてのライン高 = 0b1110
acA2040-90umNIR ビット0は常に0
ビット1はLine 2のステータスを設定
ビット2はLine 3のステータスを設定
ビット3はLine 4のステータスを設定
例:すべてのライン高 = 0b1110
acA2040-120uc ビット0は常に0
ビット1はLine 2のステータスを設定
ビット2はLine 3のステータスを設定
ビット3はLine 4のステータスを設定
例:すべてのライン高 = 0b1110
acA2040-120um ビット0は常に0
ビット1はLine 2のステータスを設定
ビット2はLine 3のステータスを設定
ビット3はLine 4のステータスを設定
例:すべてのライン高 = 0b1110
acA2440-20gc ビット0は常に0です
ビット1はLine2のステータスを設定します
ビット2はLine3のステータスを設定します
例:すべてのライン高 = 0b110
acA2440-20gm ビット0は常に0です
ビット1はLine2のステータスを設定します
ビット2はLine3のステータスを設定します
例:すべてのライン高 = 0b110
acA2440-35uc ビット0は常に0
ビット1はLine 2のステータスを設定
ビット2はLine 3のステータスを設定
ビット3はLine 4のステータスを設定
例:すべてのライン高 = 0b1110
acA2440-35ucMED ビット0は常に0
ビット1はLine 2のステータスを設定
ビット2はLine 3のステータスを設定
ビット3はLine 4のステータスを設定
例:すべてのライン高 = 0b1110
acA2440-35um ビット0は常に0
ビット1はLine 2のステータスを設定
ビット2はLine 3のステータスを設定
ビット3はLine 4のステータスを設定
例:すべてのライン高 = 0b1110
acA2440-35umMED ビット0は常に0
ビット1はLine 2のステータスを設定
ビット2はLine 3のステータスを設定
ビット3はLine 4のステータスを設定
例:すべてのライン高 = 0b1110
acA2440-75uc ビット0は常に0
ビット1はLine 2のステータスを設定
ビット2はLine 3のステータスを設定
ビット3はLine 4のステータスを設定
例:すべてのライン高 = 0b1110
acA2440-75ucMED ビット0は常に0
ビット1はLine 2のステータスを設定
ビット2はLine 3のステータスを設定
ビット3はLine 4のステータスを設定
例:すべてのライン高 = 0b1110
acA2440-75um ビット0は常に0
ビット1はLine 2のステータスを設定
ビット2はLine 3のステータスを設定
ビット3はLine 4のステータスを設定
例:すべてのライン高 = 0b1110
acA2440-75umMED ビット0は常に0
ビット1はLine 2のステータスを設定
ビット2はLine 3のステータスを設定
ビット3はLine 4のステータスを設定
例:すべてのライン高 = 0b1110
acA2500-14gc ビット0は、ラインOut 1のステータスを設定します(0 = 低、1 = 高)。
acA2500-14gm ビット0は、ラインOut 1のステータスを設定します(0 = 低、1 = 高)。
acA2500-14uc ビット0は常に0
ビット1はLine 2のステータスを設定
ビット2はLine 3のステータスを設定
ビット3はLine 4のステータスを設定
例:すべてのライン高 = 0b1110
acA2500-14um ビット0は常に0
ビット1はLine 2のステータスを設定
ビット2はLine 3のステータスを設定
ビット3はLine 4のステータスを設定
例:すべてのライン高 = 0b1110
acA2500-20gc ビット0は常に0です
ビット1はLine2のステータスを設定します
ビット2はLine3のステータスを設定します
例:すべてのライン高 = 0b110
acA2500-20gcMED ビット0は常に0です
ビット1はLine2のステータスを設定します
ビット2はLine3のステータスを設定します
例:すべてのライン高 = 0b110
acA2500-20gm ビット0は常に0です
ビット1はLine2のステータスを設定します
ビット2はLine3のステータスを設定します
例:すべてのライン高 = 0b110
acA2500-20gmMED ビット0は常に0です
ビット1はLine2のステータスを設定します
ビット2はLine3のステータスを設定します
例:すべてのライン高 = 0b110
acA2500-60uc ビット0は常に0
ビット1はLine 2のステータスを設定
ビット2はLine 3のステータスを設定
ビット3はLine 4のステータスを設定
例:すべてのライン高 = 0b1110
acA2500-60um ビット0は常に0
ビット1はLine 2のステータスを設定
ビット2はLine 3のステータスを設定
ビット3はLine 4のステータスを設定
例:すべてのライン高 = 0b1110
acA3088-16gc ビット0は常に0です
ビット1はLine2のステータスを設定します
ビット2はLine3のステータスを設定します
例:すべてのライン高 = 0b110
acA3088-16gm ビット0は常に0です
ビット1はLine2のステータスを設定します
ビット2はLine3のステータスを設定します
例:すべてのライン高 = 0b110
acA3088-57uc ビット0は常に0
ビット1はLine 2のステータスを設定
ビット2はLine 3のステータスを設定
ビット3はLine 4のステータスを設定
例:すべてのライン高 = 0b1110
acA3088-57ucMED ビット0は常に0
ビット1はLine 2のステータスを設定
ビット2はLine 3のステータスを設定
ビット3はLine 4のステータスを設定
例:すべてのライン高 = 0b1110
acA3088-57um ビット0は常に0
ビット1はLine 2のステータスを設定
ビット2はLine 3のステータスを設定
ビット3はLine 4のステータスを設定
例:すべてのライン高 = 0b1110
acA3088-57umMED ビット0は常に0
ビット1はLine 2のステータスを設定
ビット2はLine 3のステータスを設定
ビット3はLine 4のステータスを設定
例:すべてのライン高 = 0b1110
acA3800-10gc ビット0は、ラインOut 1のステータスを設定します(0 = 低、1 = 高)。
acA3800-10gm ビット0は、ラインOut 1のステータスを設定します(0 = 低、1 = 高)。
acA3800-14uc ビット0は常に0
ビット1はLine 2のステータスを設定
ビット2はLine 3のステータスを設定
ビット3はLine 4のステータスを設定
例:すべてのライン高 = 0b1110
acA3800-14um ビット0は常に0
ビット1はLine 2のステータスを設定
ビット2はLine 3のステータスを設定
ビット3はLine 4のステータスを設定
例:すべてのライン高 = 0b1110
acA4024-8gc ビット0は常に0です
ビット1はLine2のステータスを設定します
ビット2はLine3のステータスを設定します
例:すべてのライン高 = 0b110
acA4024-8gm ビット0は常に0です
ビット1はLine2のステータスを設定します
ビット2はLine3のステータスを設定します
例:すべてのライン高 = 0b110
acA4024-29uc ビット0は常に0
ビット1はLine 2のステータスを設定
ビット2はLine 3のステータスを設定
ビット3はLine 4のステータスを設定
例:すべてのライン高 = 0b1110
acA4024-29um ビット0は常に0
ビット1はLine 2のステータスを設定
ビット2はLine 3のステータスを設定
ビット3はLine 4のステータスを設定
例:すべてのライン高 = 0b1110
acA4096-11gc ビット0は常に0です
ビット1はLine2のステータスを設定します
ビット2はLine3のステータスを設定します
例:すべてのライン高 = 0b110
acA4096-11gm ビット0は常に0です
ビット1はLine2のステータスを設定します
ビット2はLine3のステータスを設定します
例:すべてのライン高 = 0b110
acA4096-30uc ビット0は常に0
ビット1はLine 2のステータスを設定
ビット2はLine 3のステータスを設定
ビット3はLine 4のステータスを設定
例:すべてのライン高 = 0b1110
acA4096-30ucMED ビット0は常に0
ビット1はLine 2のステータスを設定
ビット2はLine 3のステータスを設定
ビット3はLine 4のステータスを設定
例:すべてのライン高 = 0b1110
acA4096-30um ビット0は常に0
ビット1はLine 2のステータスを設定
ビット2はLine 3のステータスを設定
ビット3はLine 4のステータスを設定
例:すべてのライン高 = 0b1110
acA4096-30umMED ビット0は常に0
ビット1はLine 2のステータスを設定
ビット2はLine 3のステータスを設定
ビット3はLine 4のステータスを設定
例:すべてのライン高 = 0b1110
acA4096-40uc ビット0は常に0
ビット1はLine 2のステータスを設定
ビット2はLine 3のステータスを設定
ビット3はLine 4のステータスを設定
例:すべてのライン高 = 0b1110
acA4096-40ucMED ビット0は常に0
ビット1はLine 2のステータスを設定
ビット2はLine 3のステータスを設定
ビット3はLine 4のステータスを設定
例:すべてのライン高 = 0b1110
acA4096-40um ビット0は常に0
ビット1はLine 2のステータスを設定
ビット2はLine 3のステータスを設定
ビット3はLine 4のステータスを設定
例:すべてのライン高 = 0b1110
acA4096-40umMED ビット0は常に0
ビット1はLine 2のステータスを設定
ビット2はLine 3のステータスを設定
ビット3はLine 4のステータスを設定
例:すべてのライン高 = 0b1110
acA4112-8gc ビット0は常に0です
ビット1はLine2のステータスを設定します
ビット2はLine3のステータスを設定します
例:すべてのライン高 = 0b110
acA4112-8gm ビット0は常に0です
ビット1はLine2のステータスを設定します
ビット2はLine3のステータスを設定します
例:すべてのライン高 = 0b110
acA4112-20uc ビット0は常に0
ビット1はLine 2のステータスを設定
ビット2はLine 3のステータスを設定
ビット3はLine 4のステータスを設定
例:すべてのライン高 = 0b1110
acA4112-20ucMED ビット0は常に0
ビット1はLine 2のステータスを設定
ビット2はLine 3のステータスを設定
ビット3はLine 4のステータスを設定
例:すべてのライン高 = 0b1110
acA4112-20um ビット0は常に0
ビット1はLine 2のステータスを設定
ビット2はLine 3のステータスを設定
ビット3はLine 4のステータスを設定
例:すべてのライン高 = 0b1110
acA4112-20umMED ビット0は常に0
ビット1はLine 2のステータスを設定
ビット2はLine 3のステータスを設定
ビット3はLine 4のステータスを設定
例:すべてのライン高 = 0b1110
acA4112-30uc ビット0は常に0
ビット1はLine 2のステータスを設定
ビット2はLine 3のステータスを設定
ビット3はLine 4のステータスを設定
例:すべてのライン高 = 0b1110
acA4112-30ucMED ビット0は常に0
ビット1はLine 2のステータスを設定
ビット2はLine 3のステータスを設定
ビット3はLine 4のステータスを設定
例:すべてのライン高 = 0b1110
acA4112-30um ビット0は常に0
ビット1はLine 2のステータスを設定
ビット2はLine 3のステータスを設定
ビット3はLine 4のステータスを設定
例:すべてのライン高 = 0b1110
acA4112-30umMED ビット0は常に0
ビット1はLine 2のステータスを設定
ビット2はLine 3のステータスを設定
ビット3はLine 4のステータスを設定
例:すべてのライン高 = 0b1110
acA4600-7gc ビット0は、ラインOut 1のステータスを設定します(0 = 低、1 = 高)。
acA4600-10uc ビット0は常に0
ビット1はLine 2のステータスを設定
ビット2はLine 3のステータスを設定
ビット3はLine 4のステータスを設定
例:すべてのライン高 = 0b1110
acA5472-5gc ビット0は常に0です
ビット1はLine2のステータスを設定します
ビット2はLine3のステータスを設定します
例:すべてのライン高 = 0b110
acA5472-5gm ビット0は常に0です
ビット1はLine2のステータスを設定します
ビット2はLine3のステータスを設定します
例:すべてのライン高 = 0b110
acA5472-17uc ビット0は常に0
ビット1はLine 2のステータスを設定
ビット2はLine 3のステータスを設定
ビット3はLine 4のステータスを設定
例:すべてのライン高 = 0b1110
acA5472-17ucMED ビット0は常に0
ビット1はLine 2のステータスを設定
ビット2はLine 3のステータスを設定
ビット3はLine 4のステータスを設定
例:すべてのライン高 = 0b1110
acA5472-17um ビット0は常に0
ビット1はLine 2のステータスを設定
ビット2はLine 3のステータスを設定
ビット3はLine 4のステータスを設定
例:すべてのライン高 = 0b1110
acA5472-17umMED ビット0は常に0
ビット1はLine 2のステータスを設定
ビット2はLine 3のステータスを設定
ビット3はLine 4のステータスを設定
例:すべてのライン高 = 0b1110
boA4096-93cc ビット0は、User Output 1信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット1は、User Output 2信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット2は、User Output 3信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
:Line 2のラインソースをUser Output 1に設定します。これで、ビット0がLine 1のステータスを設定するようになります。
boA4096-93cm ビット0は、User Output 1信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット1は、User Output 2信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット2は、User Output 3信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
:Line 2のラインソースをUser Output 1に設定します。これで、ビット0がLine 1のステータスを設定するようになります。
boA4112-68cc ビット0は、User Output 1信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット1は、User Output 2信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット2は、User Output 3信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
:Line 2のラインソースをUser Output 1に設定します。これで、ビット0がLine 1のステータスを設定するようになります。
boA4112-68cm ビット0は、User Output 1信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット1は、User Output 2信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット2は、User Output 3信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
:Line 2のラインソースをUser Output 1に設定します。これで、ビット0がLine 1のステータスを設定するようになります。
boA6500-36cm ビット0は、User Output 1信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット1は、User Output 2信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット2は、User Output 3信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
:Line 2のラインソースをUser Output 1に設定します。これで、ビット0がLine 1のステータスを設定するようになります。
boA8100-16cm ビット0は、User Output 1信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット1は、User Output 2信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット2は、User Output 3信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
:Line 2のラインソースをUser Output 1に設定します。これで、ビット0がLine 1のステータスを設定するようになります。
daA1280-54lc User Output Value機能はサポートされていません
daA1280-54lm User Output Value機能はサポートされていません
daA1280-54uc User Output Value機能はサポートされていません
daA1280-54um User Output Value機能はサポートされていません
daA1600-60lc User Output Value機能はサポートされていません
daA1600-60lm User Output Value機能はサポートされていません
daA1600-60uc User Output Value機能はサポートされていません
daA1600-60um User Output Value機能はサポートされていません
daA1920-15um User Output Value機能はサポートされていません
daA1920-30uc User Output Value機能はサポートされていません
daA1920-30um User Output Value機能はサポートされていません
daA1920-160uc ビット0は、User Output 1信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット1は、User Output 2信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット2は、User Output 3信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
:Line 2のラインソースをUser Output 1に設定します。これで、ビット0がLine 1のステータスを設定するようになります。
daA1920-160um ビット0は、User Output 1信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット1は、User Output 2信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
ビット2は、User Output 3信号に関連付けられたラインのステータスを設定します。
:Line 2のラインソースをUser Output 1に設定します。これで、ビット0がLine 1のステータスを設定するようになります。
daA2500-14lc User Output Value機能はサポートされていません
daA2500-14lm User Output Value機能はサポートされていません
daA2500-14uc User Output Value機能はサポートされていません
daA2500-14um User Output Value機能はサポートされていません
puA1280-54uc User Output Value機能はサポートされていません
puA1280-54um User Output Value機能はサポートされていません
puA1600-60uc User Output Value機能はサポートされていません
puA1600-60um User Output Value機能はサポートされていません
puA1920-30uc User Output Value機能はサポートされていません
puA1920-30um User Output Value機能はサポートされていません
puA2500-14uc User Output Value機能はサポートされていません
puA2500-14um User Output Value機能はサポートされていません

サンプルコード#

// Select Line 2 (output line)
camera.LineSelector.SetValue(LineSelector_Line2);
// Set the source signal to User Output 1
camera.LineSource.SetValue(LineSource_UserOutput1);
// Select the User Output 1 signal
camera.UserOutputSelector.SetValue(UserOutputSelector_UserOutput1);
// Set the User Output Value for the User Output 1 signal to true.
// Because User Output 1 is set as the source signal for Line 2,
// the status of Line 2 is set to high.
camera.UserOutputValue.SetValue(true);
// Set the status of all output values in a single operation
// Assume the camera has two output lines and you want to set both to high
// 0b110 (binary) = 6 (decimal)
camera.UserOutputValueAll.SetValue(6);
INodeMap& nodemap = camera.GetNodeMap();
// Select Line 2 (output line)
CEnumParameter(nodemap, "LineSelector").SetValue("Line2");
// Set the source signal to User Output 1
CEnumParameter(nodemap, "LineSource").SetValue("UserOutput1");
// Select the User Output 1 signal
CEnumParameter(nodemap, "UserOutputSelector").SetValue("UserOutput1");
// Set the User Output Value for the User Output 1 signal to true.
// Because User Output 1 is set as the source signal for Line 2,
// the status of Line 2 is set to high.
CBooleanParameter(nodemap, "UserOutputValue").SetValue(true);
// Set the status of all output values in a single operation
// Assume the camera has two output lines and you want to set both to high
// 0b110 (binary) = 6 (decimal)
CIntegerParameter(nodemap, "UserOutputValueAll").SetValue(6);
// Select Line 2 (output line)
camera.Parameters[PLCamera.LineSelector].SetValue(PLCamera.LineSelector.Line2);
// Set the source signal to User Output 1
camera.Parameters[PLCamera.LineSource].SetValue(PLCamera.LineSource.UserOutput1);
// Select the User Output 1 signal
camera.Parameters[PLCamera.UserOutputSelector].SetValue(PLCamera.UserOutputSelector.UserOutput1);
// Set the User Output Value for the User Output 1 signal to true.
// Because User Output 1 is set as the source signal for Line 2,
// the status of Line 2 is set to high.
camera.Parameters[PLCamera.UserOutputValue].SetValue(true);
// Set the status of all output values in a single operation
// Assume the camera has two output lines and you want to set both to high
// 0b110 (binary) = 6 (decimal)
camera.Parameters[PLCamera.UserOutputValueAll].SetValue(6);
/* Macro to check for errors */
#define CHECK(errc) if (GENAPI_E_OK != errc) printErrorAndExit(errc)
GENAPIC_RESULT errRes = GENAPI_E_OK;  /* Return value of pylon methods */
/* Select Line 2 (output line) */
errRes = PylonDeviceFeatureFromString(hdev, "LineSelector", "Line2");
CHECK(errRes);
/* Set the source signal to User Output 1 */
errRes = PylonDeviceFeatureFromString(hdev, "LineSource", "UserOutput1");
CHECK(errRes);
/* Select the User Output 1 signal */
errRes = PylonDeviceFeatureFromString(hdev, "UserOutputSelector", "UserOutput1");
CHECK(errRes);
/* Set the User Output Value for the User Output 1 signal to true. */
/* Because User Output 1 is set as the source signal for Line 2, */
/* the status of Line 2 is set to high. */
errRes = PylonDeviceSetBooleanFeature(hdev, "UserOutputValue", 1);
CHECK(errRes);
/* Set the status of all output values in a single operation */
/* Assume the camera has two output lines and you want to set both to high */
/* 0b110 (binary) = 6 (decimal) */
errRes = PylonDeviceSetIntegerFeature(hdev, "UserOutputValueAll", 6);
CHECK(errRes);

pylon Viewerを使用して、パラメーターを簡単に設定することもできます。