コンテンツにスキップ

Sensor State#

Sensor State カメラ機能を使用すると、センサーの電源状態を設定できます。

これは、画像取得時の消費電力、発熱、および遅延を減らすのに役立ちます。

機能を使用する#

Why Use Sensor State#

カメラセンサーの電源状態は次のとおりです。

  • その
  • Standby
  • Off

カメラの起動後またはリセット後のデフォルトのセンサー状態は、スタンバイモードです。特定のパラメーターを設定すると、センサーは自動的にスタンバイモードに切り替わります。画像取得が開始されるとすぐに、センサーの電源が再びオンになりますが、一定の遅延を伴います。

Sensor State機能を使用すると、センサー状態を手動で設定できます。これにより、画像取得時の遅延を削減できます。

センサーをスタンバイモードにすると、消費電力と発熱を削減するのにも役立ちます。これにより、画質がプラスの影響を受ける可能性があります。

Sensor Stateの確認#

現在のセンサー状態を確認するには、BslSensorStateパラメーター値を取得します。

Sensor Stateの設定#

センサー状態を設定するには、次のいずれかのコマンドを実行します。

  • BslSensorOn:センサーをオンにします。
  • BslSensorStandby:センサーをスタンバイモードにします。消費電力が削減されます。
  • BslSensorOff:センサーをオフにします。

サンプルコード#

// Get current sensor state
BslSensorStateEnums e = camera.BslSensorState.GetValue();
// Switch sensor power on
camera.BslSensorOn.Execute();
 // Put sensor in standby mode
camera.BslSensorStandby.Execute();
// Switch sensor power off
camera.BslSensorOff.Execute();
INodeMap& nodemap = camera.GetNodeMap();
// Get current sensor state
String_t e = CEnumParameter(nodemap, "BslSensorState").GetValue();
// Switch sensor power on
CCommandParameter(nodemap, "BslSensorOn").Execute();
// Put sensor in standby mode
CCommandParameter(nodemap, "BslSensorStandby").Execute();
// Switch sensor power off
CCommandParameter(nodemap, "BslSensorOff").Execute();
// Get current sensor state
string e = camera.Parameters[PLCamera.BslSensorState].GetValue();
// Switch sensor power on
camera.Parameters[PLCamera.BslSensorOn].Execute();
// Put sensor in standby mode
camera.Parameters[PLCamera.BslSensorStandby].Execute();
// Switch sensor power off
camera.Parameters[PLCamera.BslSensorOff].Execute();
size_t len = 0;
char e_str[64] = {0};
/* Get current sensor state */
len = sizeof(e_str);
errRes = PylonDeviceFeatureToString(hdev, "BslSensorState", e_str, &len);
CHECK(errRes);
/* Switch sensor power on */
errRes = PylonDeviceExecuteCommandFeature(hdev, "BslSensorOn");
CHECK(errRes);
/* Put sensor in standby mode */
errRes = PylonDeviceExecuteCommandFeature(hdev, "BslSensorStandby");
CHECK(errRes);
/* Switch sensor power off */
errRes = PylonDeviceExecuteCommandFeature(hdev, "BslSensorOff");
CHECK(errRes);

pylon Viewerを使用して、パラメーターを簡単に設定することもできます。

トップに戻る