コンテンツにスキップ

Sensor Readout Time#

Sensor Readout Timeカメラ機能を使用すると、センサーから画像のデータを読み取るのにかかる時間を指定できます。

情報

この機能では、センサーの読み取り時間を非常に大まかに見積もることしかできません。トリガー画像取得またはオーバーラップ画像取得用にカメラを最適化する場合は、代わりにResulting Frame Rate機能を使用してください。

機能を使用する#

Sensor Readout Timeを指定する理由#

各画像取得プロセスには、次の2つの部分があります。

  1. 画像センサーの画素の露光露光時間)。
  2. センサーからのピクセル値の読み出し(センサーの読み出し時間)。

Sensor Readout Time機能は、画像取得プロセスのどの部分がカメラのフレームレートを制限しているかを推定する場合に便利です。

これを行うには、露光時間をセンサーの読み取り時間と比較します。

  • センサーの読み取り時間が露光時間よりもかなり長い場合は、センサーの読み取り時間に影響するカメラ機能(BinningDecimationImage ROIなど)の調整を検討してください。
  • センサーの読み取り時間が露光時間よりもかなり短い場合は、露光時間を短くすることを検討してください。

Sensor Readout Timeの指定#

現在の設定でセンサーでの読み取り時間を確認するには、SensorReadoutTimeパラメーターの値を読み取ります。センサーの読み出し時間はマイクロ秒単位で測定されます。

結果はおおよその値にすぎず、カメラのさまざまな設定や機能(BinningDecimationImage ROIなど)によって異なります。

サンプルコード#

ace classic/U/L GigEカメラ#

// Determine the sensor readout time under the current settings
double d = camera.ReadoutTimeAbs.GetValue();
INodeMap& nodemap = camera.GetNodeMap();
// Determine the sensor readout time under the current settings
double d = CFloatParameter(nodemap, "ReadoutTimeAbs").GetValue();
// Determine the sensor readout time under the current settings
double d = camera.Parameters[PLCamera.ReadoutTimeAbs].GetValue();
/* Macro to check for errors */
#define CHECK(errc) if (GENAPI_E_OK != errc) printErrorAndExit(errc)
GENAPIC_RESULT errRes = GENAPI_E_OK;  /* Return value of pylon methods */
double d = 0;
/* Determine the sensor readout time under the current settings */
errRes = PylonDeviceGetFloatFeature(hdev, "ReadoutTimeAbs", &d);
CHECK(errRes);

その他のカメラ#

// Determine the sensor readout time under the current settings
double d = camera.SensorReadoutTime.GetValue();
INodeMap& nodemap = camera.GetNodeMap();
// Determine the sensor readout time under the current settings
double d = CFloatParameter(nodemap, "SensorReadoutTime").GetValue();
// Determine the sensor readout time under the current settings
double d = camera.Parameters[PLCamera.SensorReadoutTime].GetValue();
/* Macro to check for errors */
#define CHECK(errc) if (GENAPI_E_OK != errc) printErrorAndExit(errc)
GENAPIC_RESULT errRes = GENAPI_E_OK;  /* Return value of pylon methods */
double d = 0;
/* Determine the sensor readout time under the current settings */
errRes = PylonDeviceGetFloatFeature(hdev, "SensorReadoutTime", &d);
CHECK(errRes);

pylon Viewerを使用して、パラメーターを簡単に設定することもできます。