コンテンツにスキップ

Scan 3d Invalid Data Value#

blaze-101カメラで利用できるScan 3d Invalid Data Value機能を使用すると、欠落している深度データを点群および深度マップでどのように表現するかを制御できます。

特定のセンサーピクセルに有効な深度データがない場合、深度マップでは、対応するピクセルがこの値に設定されます。点群では、対応する点の3つの座標すべてがこの値に設定されます。[Scan3dInvalidDataValue]のデフォルト値は0です。この機能を使用するには、[Scan3dInvalidDataFlag]を有効にする必要があります。