コンテンツにスキップ

露光開始遅延#

Exposure Start Delayカメラ機能を使用すると、トリガー信号が検出されてから実際に露光が開始されるまでの時間を指定できます。

露出開始遅延の長さは、カメラモデルやExposure ModeExposure Time ModeSensor Bit Depthなどのさまざまなカメラ機能の設定によって異なります。

タイミングや遅延など、Baslerカメラでの画像取得プロセスの詳細については、Acquisition Timing Informationトピックを参照してください。

機能を使用する#

Exposure Start Delayの確認#

現在の設定で露光開始遅延を確認するには、BslExposureStartDelayパラメーター値を取得します。露光開始遅延はマイクロ秒単位で測定されます。

サンプルコード#

// Determine the exposure start delay at the current settings
double d = camera.BslExposureStartDelay.GetValue();
INodeMap& nodemap = camera.GetNodeMap();
// Determine the exposure start delay at the current settings
double d = CFloatParameter(nodemap, "BslExposureStartDelay").GetValue();
// Determine the exposure start delay at the current settings
double d = camera.Parameters[PLCamera.BslExposureStartDelay].GetValue();
/* Macro to check for errors */
#define CHECK(errc) if (GENAPI_E_OK != errc) printErrorAndExit(errc)
GENAPIC_RESULT errRes = GENAPI_E_OK;  /* Return value of pylon methods */
double d = 0;
/* Determine the exposure start delay at the current settings */
errRes = PylonDeviceGetFloatFeature(hdev, "BslExposureStartDelay", &d);
CHECK(errRes);

pylon Viewerを使用して、パラメーターを簡単に設定することもできます。

トップに戻る