コンテンツにスキップ

Stacked Zone Imaging#

Stacked Zone Imagingカメラ機能を使用すると、センサーアレイ上で最大8つのゾーンを定義して、単一の画像として送信できます。

これらのゾーンからの画素データのみが送信されます。これにより、カメラのフレームレートが上がります。

機能を使用する#

仕組み#

Stacked Zone Imaging機能を使用すると、センサーアレイ上で、幅が同じ最大8つの垂直に整列されたゾーンを定義できます。画像を取得すると、定義されたゾーン内の画素情報のみがセンサーから読み取られます。画素情報はスタックされ、1つの画像として送信されます。

Stacked Zone Imagingの例

ゾーンの幅は常に同じで、垂直方向に整列されます。ROIゾーンを設定するには、Baslerは、次の手順をお勧めします。

  1. すべてのゾーンに有効な幅と水平オフセットを定義します。
  2. 個々のゾーンの高さと垂直オフセットを定義します。

Stacked Zone Imagingの設定#

  1. Center X and Center YおよびDecimationの機能を無効にします(装備されている場合)。
  2. StackedZoneImagingEnableパラメーターをtrueに設定します。
    Stacked Zone Imaging機能は有効になり、設定可能です。
  3. OffsetXパラメーターを目的の水平オフセットに設定します。値は、すべてのゾーンに適用されます。
  4. Widthパラメーターを目的のゾーン幅に設定します。値は、すべてのゾーンに適用されます。
  5. StackedZoneImagingIndexパラメーターに、設定するゾーン(1など)を設定します。
  6. 手順4で選択したゾーンを有効にするには、StackedZoneImagingZoneEnableパラメーターをtrueに設定します。
  7. StackedZoneImagingZoneOffsetYパラメーターを目的の垂直オフセットに設定します。この値は、手順4で選択したゾーンに適用されます。
  8. StackedZoneImagingZoneHeightパラメーターを目的のゾーンの高さに設定します。
    この値は、手順4で選択したゾーンに適用されます。
  9. 設定するゾーンごとに、手順4~7を繰り返します。

Stacked Zone Imaging使用時に考慮すること#

  • ゾーンは任意の順序で有効にできます。例えば、ゾーン2、4、6を有効にし、ゾーン1、3、5を無効にできます。
  • センサーの周囲にゾーンを自由に配置できます。例えば、ゾーン1を下部あたりに、ゾーン3を上部あたりに、ゾーン2を中央に配置できます。ただし、カメラは常にセンサーの一番上のゾーンから画素データの読み取りと送信を開始し、下部に向かって進みます。
  • 垂直にオーバーラップするゾーンを定義できます。2つのゾーンがオーバーラップしている場合、それらは単一のマージされたゾーンとして送信されます。オーバーラップ領域からの画素データは、1回だけ読み取られて送信されます。
  • StackedZoneImagingZoneOffsetYおよびStackedZoneImagingZoneHeightパラメーターは、モノラルカメラでは1ずつ、カラーカメラでは2ずつ増分して設定できます。カラーカメラの場合、パラメーター値は偶数でなければなりません。
  • Stacked Zone Imaging機能を有効にすると、次のパラメーターが読み取り専用になります。
    • OffsetY
      パラメーターは、最上位ゾーンの垂直オフセットに設定されます。
    • Height
      パラメーターは、最終画像の高さ(すべてのゾーンの高さの合計)に設定されます。
    • CenterY
  • Stacked Zone Imaging機能を有効にしてからビニングを有効にすると、スタックゾーンの位置とサイズが自動的に調整されます。パラメーター値は、対応するビニング係数で除算され、切り捨てられます。
  • Stacked Zones Imaging機能を使用した後にすべてのゾーンを無効にすると、画像ROIのサイズと位置は、最後に無効にしたゾーンのサイズと位置に設定されます。例えば、ゾーン0、1、および2が有効であるとします。次に、ゾーンを2、1、0の順に無効にします。その結果、画像ROIのサイズと位置は、無効にしたゾーン0のサイズと位置に設定されます。

サンプルコード#

// Enable stacked zone imaging
camera.StackedZoneImagingEnable.SetValue(true);
// Configure width and offset X for all zones
camera.Width.SetValue(200);
camera.OffsetX.SetValue(100);
// Select zone 1
camera.StackedZoneImagingIndex.SetValue(1);
// Enable the selected zone
camera.StackedZoneImagingZoneEnable.SetValue(true);
// Set the vertical offset for the selected zone
camera.StackedZoneImagingZoneOffsetY.SetValue(100);
// Set the height for the selected zone
camera.StackedZoneImagingZoneHeight.SetValue(100);
// Select zone 2
camera.StackedZoneImagingIndex.SetValue(2);
// Enable the selected zone
camera.StackedZoneImagingZoneEnable.SetValue(true);
// Set the offset Y for the selected zone
camera.StackedZoneImagingZoneOffsetY.SetValue(250);
// Set the height for the selected zone
camera.StackedZoneImagingZoneHeight.SetValue(200);
INodeMap& nodemap = camera.GetNodeMap();
// Enable stacked zone imaging
CBooleanParameter(nodemap, "StackedZoneImagingEnable").SetValue(true);
// Configure width and offset X for all zones
CIntegerParameter(nodemap, "Width").SetValue(200);
CIntegerParameter(nodemap, "OffsetX").SetValue(100);
// Select zone 1
CIntegerParameter(nodemap, "StackedZoneImagingIndex").SetValue(1);
// Enable the selected zone
CBooleanParameter(nodemap, "StackedZoneImagingZoneEnable").SetValue(true);
// Set the vertical offset for the selected zone
CIntegerParameter(nodemap, "StackedZoneImagingZoneOffsetY").SetValue(100);
// Set the height for the selected zone
CIntegerParameter(nodemap, "StackedZoneImagingZoneHeight").SetValue(100);
// Select zone 2
CIntegerParameter(nodemap, "StackedZoneImagingIndex").SetValue(2);
// Enable the selected zone
CBooleanParameter(nodemap, "StackedZoneImagingZoneEnable").SetValue(true);
// Set the offset Y for the selected zone
CIntegerParameter(nodemap, "StackedZoneImagingZoneOffsetY").SetValue(250);
// Set the height for the selected zone
CIntegerParameter(nodemap, "StackedZoneImagingZoneHeight").SetValue(200);
// Enable stacked zone imaging
camera.Parameters[PLCamera.StackedZoneImagingEnable].SetValue(true);
// Configure width and offset X for all zones
camera.Parameters[PLCamera.Width].SetValue(200);
camera.Parameters[PLCamera.OffsetX].SetValue(100);
// Select zone 1
camera.Parameters[PLCamera.StackedZoneImagingIndex].SetValue(1);
// Enable the selected zone
camera.Parameters[PLCamera.StackedZoneImagingZoneEnable].SetValue(true);
// Set the vertical offset for the selected zone
camera.Parameters[PLCamera.StackedZoneImagingZoneOffsetY].SetValue(100);
// Set the height for the selected zone
camera.Parameters[PLCamera.StackedZoneImagingZoneHeight].SetValue(100);
// Select zone 2
camera.Parameters[PLCamera.StackedZoneImagingIndex].SetValue(2);
// Enable the selected zone
camera.Parameters[PLCamera.StackedZoneImagingZoneEnable].SetValue(true);
// Set the offset Y for the selected zone
camera.Parameters[PLCamera.StackedZoneImagingZoneOffsetY].SetValue(250);
// Set the height for the selected zone
camera.Parameters[PLCamera.StackedZoneImagingZoneHeight].SetValue(200);
/* Macro to check for errors */
#define CHECK(errc) if (GENAPI_E_OK != errc) printErrorAndExit(errc)
GENAPIC_RESULT errRes = GENAPI_E_OK;  /* Return value of pylon methods */
/* Enable stacked zone imaging */
errRes = PylonDeviceSetBooleanFeature(hdev, "StackedZoneImagingEnable", 1);
CHECK(errRes);
/* Configure width and offset X for all zones */
errRes = PylonDeviceSetIntegerFeature(hdev, "Width", 200);
CHECK(errRes);
errRes = PylonDeviceSetIntegerFeature(hdev, "OffsetX", 100);
CHECK(errRes);
/* Select zone 1 */
errRes = PylonDeviceSetIntegerFeature(hdev, "StackedZoneImagingIndex", 1);
CHECK(errRes);
/* Enable the selected zone */
errRes = PylonDeviceSetBooleanFeature(hdev, "StackedZoneImagingZoneEnable", 1);
CHECK(errRes);
/* Set the vertical offset for the selected zone */
errRes = PylonDeviceSetIntegerFeature(hdev, "StackedZoneImagingZoneOffsetY", 100);
CHECK(errRes);
/* Set the height for the selected zone */
errRes = PylonDeviceSetIntegerFeature(hdev, "StackedZoneImagingZoneHeight", 100);
CHECK(errRes);
/* Select zone 2 */
errRes = PylonDeviceSetIntegerFeature(hdev, "StackedZoneImagingIndex", 2);
CHECK(errRes);
/* Enable the selected zone */
errRes = PylonDeviceSetBooleanFeature(hdev, "StackedZoneImagingZoneEnable", 1);
CHECK(errRes);
/* Set the offset Y for the selected zone */
errRes = PylonDeviceSetIntegerFeature(hdev, "StackedZoneImagingZoneOffsetY", 250);
CHECK(errRes);
/* Set the height for the selected zone */
errRes = PylonDeviceSetIntegerFeature(hdev, "StackedZoneImagingZoneHeight", 200);
CHECK(errRes);

pylon Viewerを使用して、パラメーターを簡単に設定することもできます。

トップに戻る