コンテンツにスキップ

Scan 3d Calibration Offset#

Scan 3d Calibration Offset機能は、blaze-101カメラで使用できます。この機能を使用すると、測定距離とターゲットの実際の距離の差を補正するために、測定距離にオフセットを追加できます。

仕組み#

Scan3dCalibrationOffsetパラメーターで指定されたオフセットが、カメラが測定する半径方向距離に追加されます。カメラは、半径方向距離を直交座標系のx、y、z座標に変換します。この座標系の原点はカメラの光学中心です。

Scan3dCalibrationOffsetパラメーターを使用すると、温度依存ドリフトを手動で補正できます。

情報

オフセットは半径距離に追加されるため、座標系の原点の平行移動には使用できません。つまり、Z 座標に一定のオフセットを追加するために使用することはできません。
具体的には、カメラの座標系の原点を光学中心からカメラハウジングの前面に移動しようとする場合には使用しないでください。この操作を行うと、測定エラーが発生し、平面サーフェスが曲線状に表示されます。