コンテンツにスキップ

放熱の提供(blaze)#

カメラの温度を安定させるために、十分な放熱を提供する必要があります。これは、距離測定の信頼性を高めるために不可欠です。

一般的なガイドライン#

取り付けはそれぞれ異なるので、Baslerは、次の一般的なガイドラインのみを提供しています。

  • Device Temperatureパラメーターを使用してカメラの内部温度を監視し、通常の動作中に異なる場所の温度が安全な制限範囲内にあることを確認する必要があります。

    • センサー基板:60°C
    • レーザー基板:75°C
    • CPU:75°C
    • 十分な放熱を提供します。次のいずれかのオプションを検討してください。
    • ヒートシンクとして機能する、頑丈な熱伝導性があるコンポーネントにカメラをマウントします。
    • ファンを使用してカメラに空気を流すために使用。
    • 適切なカメラ設定を選択し、過熱を避けてください。
      Operating Mode、Exposure Time、および特にFrame Rateなどのパラメーターは、カメラの内部温度に非常に大きな影響を与えます。したがって、実際には必要ない速度でカメラを操作するようなことはせずに、アプリケーションに適した設定を選択することをBaslerはおすすめします。このアプローチのその他のメリットを次に示します。
    • 温度が低い方が、カメラは優れた画像を実現します。
    • カメラの寿命が長くなります。

過熱保護#

blaze-101カメラは、レーザー基板、センサー基板、CPUの温度を測定する温度センサーを装備しています。

カメラの安全な動作が保証されない温度に達すると、画像取得は自動的に停止されます。これは、VCSELがオフになることも意味します。この場合は、露光時間やフレームレートを下げたり放熱を増やしたりして、カメラの温度を下げることを試みてください(上記参照)。

画像取得がオフになる温度:

  • センサー基板:70°C
  • レーザー基板:85°C
  • CPU:85°C

自動取得停止後の画像取得の再開#

再度画像取得をオンにしても安全なタイミングを確認するには、次の手順に従います。

  1. TemperatureStateパラメーターの値を確認します。
    状態がOkの場合、カメラは十分に冷却されています。

または、次に示すカメラのさまざまな場所で温度を確認できます。

  1. DeviceTemperatureSelectorパラメーターを目的の場所に設定します。
  2. DeviceTemperatureパラメーター値を取得します。
    温度が十分に低下し、安全な温度範囲に戻った場合は、画像取得をオンに戻すことができます。
  3. ClearLastErrorコマンドを実行します。
  4. 画像取得を開始します。