コンテンツにスキップ

レシピの操作#

レシピは、Workbenchで作成する画像処理デザインです。

レシピは拡張子.precipeで保存され、アプリケーションコードにインポートできます。アプリケーションでのレシピのインポートと操作の詳細については、C++ Data Processing Programmer's Guideまたはデータ処理SDKサンプルを参照してください。

実行する画像処理タスクに応じて、必要なvToolを選択し、目的の順序で接続します。

レシピの作成#

レシピを作成するには:

  1. Workbenchで、新しいレシピを開きます。

    • [Workbench]メニューで、[New Recipe]または[New from Template]を選択します。
    • In the Workbench toolbar, click the New Recipe button:

      [New Recipe]アイコン

  2. [vTool]ペインで選択するか、レシピを右クリックして、[context]メニューから目的のvToolを選択して、vToolを追加します。

  3. 1つのvToolの出力をデザイン内の次のvToolの対応する入力に接続するには、出力ピンをクリックし、その接続を入力ピンにドラッグします。
  4. 最後のvToolの出力を出力端子に接続するには、出力ピンをクリックし、その接続を出力端子にドラッグします。
  5. レシピを保存します。

    情報

    Camera vToolで割り当てられたカメラのカメラパラメーター設定を保存する場合は、[Workbench]ツールバーの[Lock Resources]ボタンを最初にクリックします。そうしないと、カメラ設定はレシピに保存されません。詳細については「Camera vTool」トピックを参照してください。

レシピのテンプレート#

Workbenchには、すばやく起動して実行するためのレシピテンプレートが多数用意されています。次のアプリケーションシナリオのテンプレートを使用できます。

  • バーコードの読み取り
  • ブロブ解析
  • カラーブロブ解析
  • Data Matrixコードの読み取り
  • 幾何学模様合わせ
  • 画像形式変換
  • 測定値
  • QRコードの読み取り

レシピの実行#

レシピをアプリケーションコードにインポートする前に、それをテストすることをお勧めします。これにより、すべてが正しく構成され、目的の結果が得られることを確認できます。

レシピを実行するには:

  1. [Lock Resources]をクリックし、使用するカメラのみを割り当てます。
    カメラ設定を構成する必要がある場合は、[Features - All]ペインに移動します。
  2. In the Workbench toolbar, click the Run button:

    [Run Recipe]アイコン

  3. In the Preview Pin Data area of the Recipe Management pane, the data that goes into and comes out of the currently selected vTool's pins is displayed.
    For a larger view, open a pin data view by clicking the Pin Data View button in the Workbench toolbar:

    [Open Pin Date View]アイコン

統計データの収集#

レシピがアプリケーションのタイミング要件を満たしているかを確認するために、個々のvToolまたはレシピに含まれているすべてのvToolの実行時間を測定できます。

統計データを収集するには:

  1. 調べるレシピを開始します。
  2. vToolに関するデータを収集する場合は、レシピでそのvToolを選択します。
    レシピに関するデータを収集する場合は、vTool上ではなく、レシピの任意の場所をクリックして、それを選択します。レシピの周りの青いフレームは、レシピが選択されたことを示します。
  3. [Recipe Management]ペインで、[Statistics]タブをクリックします。
  4. Click Start Measurement.
    Depending on your selection in step 2, the corresponding data will be displayed in the Recipe Statistics or (vTool) Statistics area.
    The results will be logged in a .CSV file. By default, this file will be saved in your user folder: C:/Users/username.

フォルダーを変更するには:

  1. vTool上ではなく、レシピの任意の場所をクリックして、レシピを選択します。
    レシピの周りの青いフレームは、レシピが選択されたことを示します。
  2. [General Settings]エリアで、出力フォルダーを変更します。

統計機能の詳細については、「レシピ管理」を参照してください。

レシピの最適化#

WorkbenchスレッドがCPUプロセスを同時に処理する数を指定できます。

レシピを最適化するには:

  1. [Recipe Management]ペインで、[Optimization]タブをクリックします。
  2. 目的のスレッド数を入力します。

最適化の詳細については、「レシピ管理」を参照してください。