コンテンツにスキップ

Static Defect Pixel Correction(pylon Viewer)#

pylon ViewerのStatic Defect Pixel Correction機能を使用すると、欠陥があるように見える画素を補正できます。

This feature is available for ace 2 and boost cameras.

仕組み#

この機能には、Defect Pixel Correction機能用グラフィカルユーザーインターフェース(GUI)があります。

ここで、画素欠陥補正モードを選択し、画素欠陥補正をカスタマイズできます。

画素欠陥補正は、リストに画素欠陥の座標を入力し、そのリストをカメラに保存することでカスタマイズできます。カメラは、画像取得中にこれらの画素を自動的に補正します。

情報

In addition to the correction modes available via the pylon API (BslStaticDefectPixelCorrectionMode parameter), the GUI version provides the User incl. Factory correction mode. This mode is only available via the GUI and combines factory and user correction. For more information, see below.

Defect Pixel Correctionの実行#

  1. 現在有効になっている場合は、連続画像取得を停止します。
  2. [カメラ]>[Static Defect Pixel Correction]をクリックします。
  3. [Correction Mode]ドロップダウンリストで、目的の画素欠陥補正モードを選択します。

    • Factory:工場ファイルに座標が保存されている画素欠陥のみが補正されます。工場ファイルはカメラの製造時に生成され、変更できません。
    • User incl. Factory:工場補正(上記参照)に加えて、カスタム画素欠陥座標を指定できます。
    • Off:カメラは静的画素欠陥補正を実行しません
  4. [User incl. Factory]を選択した場合:

    1. Single Shot機能を使用して1つの画像を撮影します。
    2. 画像を拡大し、画素エラーを検索します。
    3. 画素エラーが見つかった場合は、その上にカーソルを置き、ステータスバーから座標を読み取ります。

      ステータスバーからのピクセル座標の読み取り

    4. [Static Defect Pixel Correction]ダイアログのリストにx座標とy座標を入力します。

      ピクセル座標の入力

    5. 表示されているすべての画素エラーについて、上記の手順を繰り返します。

  5. [Apply]をクリックして設定をカメラのメモリーに保存します。