コンテンツにスキップ

十字線とグリッド#

ターゲットオブジェクトの完璧なショットを得るためにカメラを配置するときは、十字線とグリッドを視覚的な補助として使用します。

十字線とグリッドの使用#

十字線またはグリッドを表示/非表示にするには:

  1. ツールバーのシングル撮影または連続撮影ボタンをクリックして、画像取得を開始します。
  2. ツールバーのShow CrosshairボタンまたはShow Gridボタンをクリックします。または、画像表示領域を右クリックして、Show CrosshairまたはShow Gridをクリックします。コンテキストメニューには、十字線を画像内の別の位置に移動するオプションもあります。

情報

十字線の色は、画像の色に自動的に合わせられます。これにより、常にはっきりと見えます。

十字線を移動するには:

  1. 画像表示領域を右クリックしてから、Move Crosshairをクリックします。または、OptionsダイアログでXおよびYオフセット値を指定して位置を設定することもできます。
  2. 十字線が目的の位置に来たら、もう一度右クリックしてからLock Crosshairをクリックします。

十字線を移動する際にグリッドを表示すると、目的の位置を見つけるのに役立ちます。

十字線とグリッド

十字線を画像の中央の元の位置に戻すには、画像表示領域を右クリックしてから、[中央の十字線]をクリックします。

十字線とグリッドの変更#

十字線とグリッドの外観を変更できます。これを行うには、Tools>Optionsの順に移動し、CrosshairまたはGridを選択します。

[オプション]ダイアログ

OptionsダイアログのCrosshairページで、十字線の線幅を変更できます。X OffsetおよびY Offsetオプションを使用すると、別の方法で十字線を移動できます。あらゆる移動操作の開始点は画像の中心です。したがって、十字線を左または上に移動すると、負の値になります。Centerボタンをクリックすると、十字線が元の位置に戻ります。

OptionsダイアログのGridページで、お好みのグリッドサイズ([細かい]、[デフォルト]、または[粗い])を設定できます。

トップに戻る