コンテンツにスキップ

Data Matrix Code Reader vTool#

Data Matrix Code Reader vToolによって、画像内のData Matrixコードを検出し、デコードできます。

Data Matrix Code Readerは、Image入力ピンを介して受信した画像で、Data Matrixコードを検出およびデコードできます。結果は、RegionsおよびTexts出力ピンを介して出力されます。

領域出力には、Data Matrixコードが検出された領域が含まれます。テキスト出力は、Data Matrixコードでエンコードされたテキスト文字列です。

Data Matrix Code Reader vTool

Data Matrix Code Readerバージョン#

Data Matrix Code Readerには2つのバージョンがあります。次の表にバージョン間の違いを示します。表見出しのバージョンをクリックすると、このトピックの関連セクションに直接ジャンプします。

Basic Pro
検出できるData Matrixコードの数はいくつですか? 3 無制限
検出のタイムアウトを指定できますか? はい はい
どのモジュールサイズが許可されていますか? 側面の長さが6~20ピクセル 側面の長さが2~100ピクセル
モジュール間のギャップは許容されますか? いいえ はい
モジュールは傾斜できますか? はい(最大10°) はい(最大30°)
モジュールがマトリックスグリッド構造内にある必要がありますか? はい いいえ
暗い背景色のData Matrixコードを検出できますか? いいえ
前処理手順が必要です。
はい
ミラーリングされたData Matrixコードを検出できますか? はい はい
Enhanced検出モードは使用できますか? いいえ はい

仕組み#

Data Matrix Code Readerのバージョンに応じて、最大3つまたは無制限の数のData Matrixコードを画像で検出できます。

特定の時間が経過した後に検出を終了するタイムアウトを指定できます。画像にData Matrixコードが1つしか含まれていないことがわかっている場合は、Data Matrix Code Readerを1つのコードのみを検索するように設定すると、処理時間が短縮される可能性があります。

一般的な使用例#

  • Data MatrixコードのReading:この場合、Texts出力ピンを接続し、デコードされた文字列を出力するだけで済みます。
  • Data Matrixコードのpositionsの決定:Regions出力ピンから返されるData Matrixコードの位置とサイズを使用して、以降の処理を行います。

Data Matrix Code Reader Basic#

1つの画像で最大3つのData Matrixコードを検出できます。画像で予想されるコード数に制限すると、処理時間が短縮される場合があります。

検出基準#

Data Matrixコードを検出してデコードするには、次の基準を満たす必要があります。

  • コード構造:Data Matrix Code Readerは、標準のData MatrixコードECC200構造をサポートしています(10~144の行と列のマトリックス)。
  • モジュールサイズ:マトリックス内の個々のモジュールの側面は、6~20ピクセルの長さにする必要があります。
  • モジュール間のギャップ:モジュール間のギャップは許容されません。
  • 傾斜:最大10°の傾斜したコードは読み取り可能です。
  • グリッドの適合性:すべてのモジュールがマトリックスグリッド内になければなりません。
  • 極性:Data Matrixコードは明るい背景色のパターンでなければなりません。
  • ミラーリング:垂直方向、水平方向、または両方向にミラーリングされたData Matrixコードを検出できます。
  • GS1サポート:Data Matrix Code Readerは、GS1 Data Matrixコードの読み取りをサポートしています。
  • 判読性:コードには、反射や汚れなどの視覚的な欠陥がなく、十分な解像度が必要です。

タイムアウト#

タイムクリティカルなアプリケーションの場合は、タイムアウトを指定できます。タイムアウトは、例えば、画像にData Matrixコードが含まれていない場合など、処理時間が変化する場合や予測できない場合に役立ちます。指定したタイムアウトを超えると、検出プロセスは停止し、次の画像に進みます。

Baslerは、タイムアウトを目的の時間制限より少し短く設定することを推奨します。これは、vToolが検出プロセスを直ちに停止しないためです。そのため、タイムアウトを目的の時間制限の70~80%に設定します。

vToolの設定#

To configure the Data Matrix Code Reader Basic vTool:

Data Matrix Code Reader Basic vTool設定

  1. [vTool Settings]エリアの[Recipe Management]ペインで、[Open Settings]をクリックするか、[vTool]をダブルクリックします。
    [Data Matrix Code Reader Basic]ダイアログが開きます。
  2. [Number of Data Matrix Codes]エリアで、検出するData Matrixコードの数を選択します。
  3. [Timeout]エリアで、一定時間後に検出を終了するかどうかを指定します。タイムアウトを指定する場合は、[No timeout]チェックボックスをオフにして、入力フィールドに目的のタイムアウトを入力します。

Data Matrix Code Reader Basicの結果は、ピンデータビューに表示できます。ここで、表示する出力を選択できます。

Data Matrix Code Reader Pro#

1つの画像で数に制限なくData Matrixコードを検出できます。画像で予想されるコード数に制限すると、処理時間が短縮される場合があります。

検出基準#

Data Matrixコードを検出してデコードするには、次の基準を満たす必要があります。

  • コード構造:Data Matrix Code Readerは、標準のData MatrixコードECC200構造をサポートしています(10~144の行と列のマトリックス)。
  • モジュールサイズ:マトリックス内の個々のモジュールの側面は、2~100ピクセルの長さにする必要があります。
  • モジュール間のギャップ:モジュール間には小さなギャップが許容されます。
  • 傾斜:最大30°の傾斜したコードは読み取り可能です。
  • グリッドの適合性:モジュールが部分的にマトリックスグリッドの外側にあっても読み取り可能です。
  • 極性:Data Matrixコードには、明るい背景色のパターンまたは暗い背景色のパターン、またはその両方が混ざっている場合があります。
  • ミラーリング:垂直方向、水平方向、または両方向にミラーリングされたData Matrixコードを検出できます。
  • GS1サポート:Data Matrix Code Readerは、GS1 Data Matrixコードの読み取りをサポートしています。
  • 判読性:反射や汚れなどの視覚的な欠陥のあるコード、および低解像度のコードが検出できます。

Detection Mode#

Enhanced検出モードでは、Data Matrix Code Readerは、Data Matrixコードの品質に対してより寛容になります。つまり、検出基準の1部を満たしていないコードでも検出します。このオプションを有効にすると、検出プロセスが遅くなります。

タイムアウト#

タイムクリティカルなアプリケーションの場合は、タイムアウトを指定できます。タイムアウトは、例えば、画像にData Matrixコードが含まれていない場合など、処理時間が変化する場合や予測できない場合に役立ちます。指定したタイムアウトを超えると、検出プロセスは停止し、次の画像に進みます。

Baslerは、タイムアウトを目的の時間制限より少し短く設定することを推奨します。これは、vToolが検出プロセスを直ちに停止しないためです。そのため、タイムアウトを目的の時間制限の70~80%に設定します。

vToolの設定#

To configure the Data Matrix Code Reader Pro vTool:

Data Matrix Code Reader Pro vTool設定

  1. [vTool Settings]エリアの[Recipe Management]ペインで、[Open Settings]をクリックするか、[vTool]をダブルクリックします。
    [Data Matrix Code Reader Pro]ダイアログが開きます。
  2. [Number of Data Matrix Codes]エリアで、検出するData Matrixコードの数を選択します。検出するコードの最大数が不明な場合は、[Unlimited]を選択します。
  3. 必要に応じて、[拡張検出を使用する]チェックボックスを選択します。
  4. [Polarity]ドロップダウンリストで、アプリケーションに適したオプションを選択します。
    アプリケーションのコードに特定の極性がある場合は、それに応じて設定を選択します。画像内のコードの極性が不明な場合、または極性が異なる複数のコードがある場合は、[Any]を選択します。
  5. [Timeout]エリアで、一定時間後に検出を終了するかどうかを指定します。タイムアウトを指定する場合は、[No timeout]チェックボックスをオフにして、入力フィールドに目的のタイムアウトを入力します。

Data Matrix Code Reader Proの結果は、ピンデータビューに表示できます。ここで、表示する出力を選択できます。

入力#

画像#

Camera vToolから、またはImage Format ConvertervToolなどの画像を出力するvToolから、直接画像を受け入れます。

  • データ型:Image
  • 画像形式:8ビット-16ビットのモノラルまたはカラー画像。カラー画像は、内部でモノラル画像に変換されます。

出力#

テキスト#

Data Matrixコードでエンコードされたテキスト文字列を返します。

  • データ型:String Array

領域#

検出されたすべてのData Matrixコードの領域を返します。領域は長方形です。これは、視覚化の目的または後続の特徴抽出に使用できます。

  • データ型:Region Array

典型的な先行機#

典型的な後継機#

  • Region Feature Extraction vTool
    Region Feature Extraction vToolを接続して、検出されたData Matrixコードの中心、サイズ、および方向を決定します。