コンテンツにスキップ

marathon VCLx/marathon deepVCL#

marathon VCLxは、バージョン2.0のCamera Link規格をサポートする、プログラム可能な2チャンネルCamera Linkフレームグラバーです。

marathon VCLxは、特に複雑な画像処理や、CNN(Convolutional Neuronal Networks)をベースとしたディープラーニングアプリケーションに適しています。

marathon deepVCLの製品バリエーションとして、marathon VCLxも利用できます。marathon deepVCLには、Baslerによって開発されたCNNアプリケーションを実行するためのライセンスがあらかじめ付与されています。marathon deepVCLは、marathon VCLxのハードウェアをベースにしているため、以下に示したすべての情報は、明示的に述べられていない場合でもmarathon deepVCLにも当てはまります。

ミニカメラリンクコネクター(SDR26)2個は、スロットブラケットに直接取り付けられます。

コンピューターに接続するには、marathon VCLxをお使いのコンピューターのPCIe 2.x(Gen 2)x 4スロットに差し込みます。

marathon VCLx/marathon deepVCL

使用可能なドキュメント#

フレームグラバーのドキュメント#

ランタイムソフトウェアと環境#

アプレットのドキュメント#

ツール#

FPGAプログラミング環境#

トリガーボード#

アプリケーションノート#

SDKドキュメント#

ラッパー#

ライブラリー固有の機能リファレンス#

ログメッセージシステム#

SDKの例#

GenTLインターフェース#

サードパーティー製インターフェース#

トップに戻る