コンテンツにスキップ

取り付け(Basler Camera Lights)#

このトピックでは、Basler Camera Lightの取り付け方法について説明します。

ハードウェアの取り付け#

警告 – 感電の危険

オンになっている電源にBasler Camera Lightを接続すると、感電、火災、またはライトの故障につながるおそれがあります。

  • Basler Camera Lightを接続する前に、電源がオフになっていることを確認する必要があります。

Basler Camera Lightを取り付けるには:

  1. カメラケーブル(別売、BCL-CBLシリーズ)のコネクターをカメラに挿入します。
    カメラケーブルの詳細については、BCL-CBL操作ガイドを参照してください。
  2. カメラケーブルのオープンエンドのワイヤーを端子台コネクター(カメラケーブルに付属)に接続します。
    詳細については、「端子台コネクター」を参照してください(下の注記を参照)。
  3. 電源ケーブルのオープンエンドのワイヤーを端子台コネクターのピン4と5に接続します。
  4. 端子台コネクターをBasler Camera Lightのコントローラーに接続します。
  5. Optional: If you want to use more than one Basler Camera Light (up to four are possible) with one camera, the communication line and GND of the camera (pins 2 and 3 of the terminal block connector) must be connected to every Camera Light by using an additional clamp. You can use a star or bus/line configuration.

情報

USBまたはPoE経由でカメラに電力を供給する場合は、端子台コネクターのピン1にワイヤーを接続しないでください。

端子台コネクター

端子台コネクター#

PIN番号 説明
1 カメラへの電源出力(24VDC、ヒューズ付き、ピン4へ内部接続)
2 GND(カメラ(ピン1)およびGPIO(ピン3)への出力)
3 GPIO(ライトトリガー入力用のユーザーのシステムへの双方向通信ピン)
4 24VDC入力±10%
5 GND(DC入力)
6 トリガー入力(入力回路に接続)

ソフトウェア#

Basler Camera Lightを操作するには、Baslerウェブサイトから無料でダウンロードできるBasler pylon Camera Software Suiteを使用します。

ソフトウェアスイートには、Baslerカメラだけでなく、Basler Camera Lightsを操作するために必要なドライバーや便利なツールが含まれています。さまざまなAPI(アプリケーションプログラミングインターフェース)を含むpylon SDK(ソフトウェア開発キット)も付属しています。

次のステップ#

Basler Camera Lightを操作するには:

  1. カメラとBasler Camera Lightを接続してから、電源をオンにします。
  2. pylon Viewerを使用してBasler Camera Lightを設定します。

Basler Camera Lightが正常に動作している場合、ステータスLEDは緑に点灯します。点滅はエラー状態を示します。

Basler Camera Lightを設定するには:

  1. pylon Viewerを起動します。
  2. Basler Light Controlカテゴリーで、Light Control Modeパラメーターをtrueに設定します。
  3. Light Control Enumerate Devicesボタンをクリックします。
  4. Light Device Selectorドロップダウンボックスで、操作するBasler Camera Lightを選択します。
  5. Light Device Brightnessパラメーターを使用して、Basler Camera Lightの明るさを調整します。
  6. Light Device Operation Modeドロップダウンボックスで、目的のモードを選択します。

    情報

    ストロボモードを選択した場合、カメラの露光時間およびフレームレート設定に応じて、オーバードライブが自動的に有効になります。