コンテンツにスキップ

注意事項とクリーニング(Basler Camera Lights)#

Baslerカメラライトを使用する前に、このトピックの情報をよくお読みください。

注意事項#

警告 – 感電の危険

承認されていない電源装置を使用すると感電が発生して、重傷や死亡につながるおそれがあります。

  • 安全超低電圧(SELV)および制限付き電源(LPS)の要件を満たす電源装置を使用する必要があります。
警告 – 感電の危険

濡れた手でライトユニットやケーブルの接続または取り外しを行うと、感電するおそれがあります。

  • 濡れた手でコンポーネントを接続したり取り外したりしないでください。
警告 – 火災および/または感電の危険

製品の分解や改造を承認されていない場合、火災や感電の原因となることがあります。

  • 本製品を分解したり、改造したりしないでください。
警告 – 火災および/または感電の危険

電源をオンにした状態でライトケーブルの接続や取り外しを行うと、回路の損傷、小さな火花による火災、または感電につながるおそれがあります。

  • ライトケーブルは、必ず電源を切ってから接続や取り外しを行ってください。
警告 – 火災および/または感電の危険

本製品を水にさらすと、火災や感電につながるおそれがあります。

  • 製品を水やその他の液体にさらさないでください。
警告 – 火災および/または感電の危険

本製品のケーブルを損傷すると、火災や感電につながるおそれがあります。

  • 製品を移動する前に、すべての接続ケーブルを取り外してください。
警告 – 火災および/または感電の危険

ケーブルを引っ張ると、ケーブルが損傷し、火災や感電の原因となる場合があります。

  • ケーブルを取り外す際は引っ張らないでください。
警告 – 火災の危険

煙、熱、臭い、騒音などを検出した後も本製品を使用し続けると、火災や感電につながるおそれがあります。

  • すぐに本製品の使用を中止し、電源装置を切ります。
警告 – 火災の危険

異物がハウジングに侵入すると、製品の故障や火災につながるおそれがあります。

  • 異物がハウジング内に入らないようにします。
警告 – 火災の危険

電極からほこりやその他の異物を取り除くために、誤ったものを使用すると、火災につながるおそれがあります。

  • ほこりやその他の異物を取り除くには、電源をオフにして、乾いた布のみを使用してください。
警告 – 火傷の危険

この製品は高温になります。電源が入っている際や、電源をオフにした直後に本製品に触れると、火傷を負うおそれがあります。

  • 電源が入っている際や、電源を切った直後に本製品に触れないでください。
  • 製品を密閉された空間で使用する場合は、ファンまたはその他の換気で冷却します。
警告 – 目の負傷の危険

LED光放射により、角膜または網膜が損傷するおそれがあります。

  • LED光を直接見ないでください。
注意 – 不適切な取り扱いにより、製品が損傷するおそれがあります。

不適切な取り扱いは、製品の故障につながるおそれがあります。

  • 本製品は慎重に取り扱ってください。
  • 本製品を落としたり、機械的な衝撃を与えたりしないでください。
注意 – 製品の誤動作

製品ケーブルを高電圧ラインまたは電源ラインと一緒に束ねると、製品が誤動作するおそれがあります。

  • ケーブルを取り付ける際は、十分なスペースを確保してください。
注意 – 製品の故障

記載されているようにケーブルを使用しないと、製品の故障につながるおそれがあります。

  • 本製品を配線する際は、無理のない曲げ半径を超えてケーブルを曲げたり、狭いスペースにケーブルを押し込んだりしないでください。
注意 – 製品の故障

短絡は製品に影響を与え、製品の故障を引き起こす可能性があります。

  • プラスおよびマイナス出力端子を意図的に短絡させないでください。
注意 – 不適切な電圧を使用すると、製品が損傷するおそれがあります。

製品を入力電圧の安全範囲外で使用すると、製品が損傷するおそれがあります。

  • 製品には、必ず安全範囲内の入力電圧を供給してください。

ライトのクリーニング#

注意 – 不適切なクリーニング剤により、製品が損傷するおそれがあります。
  • 不適切なクリーニング剤を使用すると、製品の表面が変色したり劣化したりするおそれがあります。

  • 塗料シンナーやベンゼンなどの有機溶剤で製品を拭かないでください。

  • 薄めた中性洗剤で製品を軽く拭きます。
トップに戻る