コンテンツにスキップ

ソフトウェアのインストール(GigEインターフェースカード)#

このトピックでは、Basler GigEインターフェースカードに必要なソフトウェアのインストール方法について説明します。

インストール#

Baslerカメラでインターフェースカードを操作するには、ホストコンピューターにBaslerpylon Camera Software Suite(バージョン4以降)をインストールします。

pylon Camera Software Suite for Windowsをインストールする際は、GigE Camera Support機能を選択してください。これにより、インターフェースカードの操作に必要なすべてのランタイムソフトウェア、ドライバー、関連ソフトウェアツールがインストールされます。

情報

10GigE Interface Card、1 PortをBasler Performance Driverを使用して操作することはできません。そのかわりに、QC107チップセットに正しいMarvellドライバーを使用する必要があります。ドライバーはMarvellのウェブサイトからダウンロードできます。

取り付け後、GigEインターフェースカードはホストコンピューター上のネットワークデバイスとして表示されます。

ネットワークアダプタープロパティの変更(Windows)#

pylonをインストールしていて、インターフェースカードがネットワークデバイスとして表示されない場合は、次の手順を実行します。

  1. Windowsのコントロールパネルで[ネットワーク接続]ウィンドウを開きます。
    すばやくアクセスするには、Win+Rを押し、ncpa.cplと入力してEnterを押します。
  2. 調整する必要があるネットワークアダプター接続を右クリックしてから、[プロパティ]をクリックします。
    [プロパティ]ウィンドウが開きます。
  3. Configureをクリックします。
    ネットワークドライバーの設定ウィンドウが開きます。
  4. Driverをクリックします。
  5. Update Driver Softwareをクリックします。
    ドライバーソフトウェアの更新ウィンドウが開きます。
  6. [コンピューターを参照してドライバーソフトウェアを検索します]をクリックします。
    ドライバーの参照ウィンドウが開きます。
  7. [コンピューター上のデバイスドライバーの一覧から選択します]をクリックします。
    デバイスドライバーの選択ウィンドウが開きます。
  8. リストからBasler GigE Vision Adapterを選択します。
  9. Nextをクリックします。
    Basler GigE Vision Adapterをインストールします。

情報

それでもBasler GigEインターフェースカードがネットワークデバイスとして表示されない場合は、コンピューターを再起動します。

ネットワーク設定の詳細については、「ネットワーク設定(GigEカメラ)」トピックを参照してください。

トップに戻る