コンテンツにスキップ

ハードウェアの取り付け(GigEインターフェースカード)#

このトピックでは、Basler GigEインターフェースカードの取り付け方法について説明します。

インストール#

警告 – 感電の危険

コンピューターが電源に接続されている状態でインターフェースカードを取り付けると、感電の原因となる可能性があります。重傷や死亡につながるおそれがあります。

  • インターフェースカードを取り付ける前に、コンピューターと接続されているデバイスの電源を切り、すべての電源ケーブルをコンピューターから抜きます。
  • 電源を入れる前に、コンピューターケースを閉じます。
注意 – 静電気放電により、電子部品が損傷するおそれがあります。
  • インターフェースカードに触れる前に、金属製の給水栓に触れるなどして、静電気を身体から地面に逃がしてください。
  • 取り付け中は、静電気防止リストストラップなどを装着して、身体が適切にアースされていることを確認します。

Basler GigEインターフェースカードを取り付けるには:

  1. ホストコンピューターがシャットダウンされ、電源コンセントから抜かれていることを確認します。
  2. コンピューターケースを開きます。
  3. インターフェースカードに適したPCIeスロットがあることを確認します。空きスロットがない場合は、適切なアダプターを使用します。
  4. 空いているPCIeスロットの金属製ベイカバーを取り外します。これを行うには、ベイを所定位置に保持しているネジを取り外し、持ち上げてケースから取り出します。ネジは傍らに取っておきます。
  5. インターフェースカードのブラケットをつかみ、対応するスロットに挿入します。
  6. Use the screw that you removed in step 4 to secure the bracket of the interface card.

    情報

    For the connection of the interface card to PoE powered devices, a 4-pin 5.25" Molex receptacle of the Molex 8981 series is located on the interface card.

  7. コンピューターケースを閉じます。

  8. コンピューターの電源ケーブルを差し込みます。
トップに戻る