コンテンツにスキップ

ストレステスト結果(dart BCON for MIPI)#

通常の環境で使用した場合の安定性を確保するため、Baslerカメラには大きなストレスレベルの下でテストされます。

カメラは、独立した機械検査ラボに提出され、以下に記載されたストレステストを受けました。機械ストレステストは、選択したカメラモデルで実施しました。機械検査の後、カメラに検出可能な物理的損傷はなく、標準動作テスト中に正常な画像が生成されました。

テスト Standard 条件
正弦波(各軸) DIN EN 60068-2-6 10~58Hz/1.5mm、58~500Hz/20g、1オクターブ/分
10回繰り返し
衝撃(各軸) DIN EN 60068-2-27 20g/11ms/衝撃100回(正)
20g/11ms/衝撃100回(負)
ランダム(各軸) DIN EN 60068-2-64 15~500Hz/0.05PSD(ESS標準プロファイル)/30分

Sマウントカメラの機械的応力試験は、ダミーレンズを取り付けた状態で実施されました。ダミーレンズの質量は30 gでしたが、より重いレンズを使用するには、追加のレンズサポートが必要です。

裸基板カメラ:裸基板モデルの回路基板はSマウントモデルおよびCSマウントモデルの回路基板と同じであるため、裸基板カメラに対して個別のストレステストは実行していません。