コンテンツにスキップ

Scaling#

The Scaling camera feature allows you to scale images from sensor size to the size of the image ROI.

例えば、カメラセンサーの解像度が2592 x 1944画素であるとします。また、画像ROIを640 x 480画素に設定したとします。ここで、スケーリングを有効にすると、画像は2592 x 1944から640 x 480画素に縮小されます。

画像ROIの縦横比がセンサーの縦横比と一致しない場合は、歪みを避けるために出力画像がクロップされます。例えば、センサーのアスペクト比が4:3(2592 x 1944画素など)であるとします。また、画像ROIを500 x 300画素に設定したと仮定します。アスペクト比4:3を維持するには、500 x 375の解像度が必要です。したがって、ゆがみを避けるために、カメラは幅から75画素をクロップします。

スケーリングを有効にするにBslScalingEnableパラメーターをtrueに設定します。

サンプルコード#

// Enable scaling
camera.BslScalingEnable.SetValue(true);
INodeMap& nodemap = camera.GetNodeMap();
// Enable scaling
CBooleanParameter(nodemap, "BslScalingEnable").SetValue(true);
/* Macro to check for errors */
#define CHECK(errc) if (GENAPI_E_OK != errc) printErrorAndExit(errc)
GENAPIC_RESULT errRes = GENAPI_E_OK;  /* Return value of pylon methods */
/* Enable scaling */
errRes = PylonDeviceSetBooleanFeature(hdev, "BslScalingEnable", 1);
CHECK(errRes);

You can also use the pylon Viewer to easily set the parameters.