コンテンツにスキップ

Light Source Preset#

Light Source Presetカメラ機能を使用すると、特定の光源によるカラーシフトを修正できます。

特定の色温度に応じて、画像取得に使用される光が画像内でカラーシフトを引き起こす可能性があります。これらのカラーシフトは、関連する光源の初期値を選択して修正できます。

機能を使用する#

Light Source Presetの選択#

光源の初期値を選択するには、LightSourcePresetパラメーターを次のいずれかの値に設定します(使用可能な場合)。

  • Daylight5000K:カメラは、約5000Kの色温度を持つ昼光照明によって生じるカラーシフトを補正します。
  • Daylight6500K:カメラは、約6500Kの色温度を持つ昼光照明によって生じるカラーシフトを補正します。
  • Fluorescent4000K:カメラは、約4000Kの色温度を持つ蛍光照明によって生じるカラーシフトを補正します。
  • Tungsten2800K:カメラは、2500~3000Kの色温度を持つタングステン照明によって生じるカラーシフトを補正します。
  • Off:光源の初期値が選択されていません。

デフォルトの光源の初期値は、カメラのモデルによって異なります。

情報

Basler dartカメラでは、光源の初期値がCSマウントタイプのIRカットフィルター用にキャリブレーションされています。Sマウントまたはベアボードタイプを使用している場合は、IRカットフィルターに適切なスペクトル特性があることを確認してください。

赤外線カットフィルターの詳細については、お使いのカメラのトピックを参照してください。カメラのトピックは、「モデル」セクションにあります。

特性#

カメラモデル デフォルトのLight Source Preset 使用可能なLight Source Preset Separate Processing 使用可能なFeature Selector
daA2500-60mc Daylight 5000 K Daylight 5000 K
Daylight 6500 K
Fluorescent 4000 K
Tungsten 2800 K
いいえ いいえ
daA2500-60mci Light Source Preset機能はサポートされていません Light Source Preset機能はサポートされていません いいえ いいえ
daA4200-30mci Light Source Preset機能はサポートされていません Light Source Preset機能はサポートされていません いいえ いいえ

サンプルコード#

// Disable light source presets (no correction)
camera.LightSourcePreset.SetValue(LightSourcePreset_Off);
// Set the light source preset for daylight (at about 5000K)
camera.LightSourcePreset.SetValue(LightSourcePreset_Daylight5000K);
INodeMap& nodemap = camera.GetNodeMap();
// Disable light source presets (no correction)
CEnumParameter(nodemap, "LightSourcePreset").SetValue("Off");
// Set the light source preset for daylight (at about 5000K)
CEnumParameter(nodemap, "LightSourcePreset").SetValue("Daylight5000K");
/* Macro to check for errors */
#define CHECK(errc) if (GENAPI_E_OK != errc) printErrorAndExit(errc)
GENAPIC_RESULT errRes = GENAPI_E_OK;  /* Return value of pylon methods */
/* Disable light source presets (no correction) */
errRes = PylonDeviceFeatureFromString(hdev, "LightSourcePreset", "Off");
CHECK(errRes);
/* Set the light source preset for daylight (at about 5000K) */
errRes = PylonDeviceFeatureFromString(hdev, "LightSourcePreset", "Daylight5000K");
CHECK(errRes);

You can also use the pylon Viewer to easily set the parameters.