コンテンツにスキップ

Gain (BCON for MIPI)#

Gainカメラ機能を使用すると、カメラから出力される画像の明るさを上げることができます。

ゲインを増やすと、画像のすべてのピクセル値が増加します。

ゲイン値を自動的に調整するには、Gain Auto機能を使用します。

機能を使用する#

Gain値の設定#

  1. Gain AutoパラメーターをOffに設定します。
  2. Gainパラメーターを必要な値に設定します。
    最小パラメーター値と最大パラメーター値は、カメラモデル、選択したピクセルフォーマット、およびBinning設定によって異なります。

アナログ/デジタルGain#

カメラセンサーからの信号がデジタル値に変換されるに、アナログゲインが適用されます。デジタルゲインは、変換に適用されます。つまり、デジタル化された値の乗算です。

Gain値#

カメラモデル 最低Gain値設定 垂直Binning有効化による最低Gain値設定 最大Gain値設定(8ビットPixel Format) 最大Gain値設定(10ビットPixel Format) 最大Gain値設定(12ビットPixel Format)
daA2500-60mc 0 - 42 - -
daA2500-60mci 0 サポートされません 33.98 - -
daA4200-30mci 0 サポートされません 33.06 - -

サンプルコード#

// Set the gain to 4.2 dB
camera.Gain.SetValue(4.2);
INodeMap& nodemap = camera.GetNodeMap();
// Set the gain to 4.2 dB
CFloatParameter(nodemap, "Gain").SetValue(4.2);
/* Macro to check for errors */
#define CHECK(errc) if (GENAPI_E_OK != errc) printErrorAndExit(errc)
GENAPIC_RESULT errRes = GENAPI_E_OK;  /* Return value of pylon methods */
/* Set the gain to 4.2 dB */
errRes = PylonDeviceSetFloatFeature(hdev, "Gain", 4.2);
CHECK(errRes);

You can also use the pylon Viewer to easily set the parameters.