コンテンツにスキップ

Cleaning Instructions (BCON for MIPI)#

このトピックでは、Baslerカメラのクリーニング方法について説明します。

カメラをクリーニングする前に、クリーニングによってカメラのパフォーマンスが実際に向上するかを慎重に検討してください。常にクリーニングには、汚れが増えたり、カメラが損傷したりするリスクが伴います。

ハウジングやカメラフロントのクリーニング#

カメラをハウジングまたはカメラ前面とともにクリーニングするには:

  1. カメラの電源をオフにします(該当する場合はI/O電源もオフにします)。
  2. レンズマウントがレンズまたは保護キャップで覆われていることを確認します。
  3. クリーニング中に静電気帯電を起こさない、柔らかい糸くずの出ない布を使用してください。
  4. 中性洗剤で布を湿らせます。
  5. 湿らせた布を使用して、カメラの側面と前面を拭きます(該当する場合)。
  6. 残留水分を蒸発させます。
    蒸発を速くするために圧縮空気を使用しないでください。
  7. 水分が完全に蒸発したら、カメラを電源に再接続できます。

赤外線カットフィルターのクリーニング#

赤外線カットフィルターをクリーニングするには:

  1. カメラの電源をオフにします(該当する場合はI/O電源もオフにします)。
  2. 下に示すように、赤外線カットフィルターの中央に90度の角度で、缶入りオイルフリーのエアを吹き付けます。
  3. カメラを電源に再接続します。

赤外線カットフィルターのクリーニング

センサーのクリーニング#

情報

  • できるだけカメラのセンサーはクリーニングしないでください。

To clean the sensor:

  1. カメラの電源をオフにします(該当する場合はI/O電源もオフにします)。
  2. 分析グレード(pro analysi、p.a.)の純度以上のイソプロピルアルコールを入手します。
  3. クリーニング中に静電気帯電を起こさない、柔らかい糸くずの出ない布を使用してください。
  4. 布をアルコールで湿らせます。アルコールが布から垂れないように少量だけ使用してください。
    理想的には、センサーと同じ幅のプラスチック製ツール(へらなど)に布を巻き付けます。これにより、クリーニングが簡単かつ安全になります。
  5. センサー全体を、端から端までまっすぐに1~2回拭きます。
  6. 残留水分を蒸発させます。
  7. 必要に応じて、赤外線カットフィルターを元どおりに取り付けます。
  8. カメラを電源に再接続します。