コンテンツにスキップ

Acquisition StartとStop(BCON for MIPI)#

Acquisition StartおよびStopコマンドを使用すると、画像取得を制御できます。

情報

  • これらのコマンドは、pylon Viewer機能ツリーでは使用できません。代わりに、pylon Viewerのツールバーにある取得ボタンを使用すると、AcquisitionStartコマンドとAcquisitionStopコマンドが自動的に生成されます。
  • pylon C++ APIには、これらのコマンドを自動的に処理するカメラクラスが用意されています。Baslerは、これらのクラスの使用を推奨します。
    詳細については、Basler pylon Camera Software Suiteに付属の『C++ Programmer's Guide』およびリファレンスマニュアルの「Grab」コードサンプルを参照してください。

機能を使用する#

画像取得をオンにするには、AcquisitionStartコマンドを実行します。

画像取得をオフにするには、AcquisitionStopコマンドを実行します。

AcquisitionStopコマンドを実行すると、次のようになります:

  • カメラが現在フレームを取得していない場合、画像取得は直ちにオフになります。
  • カメラが現在画像データを読み取っている場合、読み取りプロセスは終了できます。その後、画像取得がオフになります。
  • カメラが現在フレームを露光している場合、露光は中断されます。カメラはすぐに露光を停止し、画像データの読み出しを開始します。読み出しプロセスは終了できます。その後、画像取得はオフになります。

サンプルコード#

// Configure continuous image acquisition on the cameras
camera.AcquisitionMode.SetValue(AcquisitionMode_Continuous);
// Switch on image acquisition
camera.AcquisitionStart.Execute();
// (...)
// Switch off image acquisition
camera.AcquisitionStop.Execute();
// Switch image acquisition back on
camera.AcquisitionStart.Execute();
INodeMap& nodemap = camera.GetNodeMap();
// Configure continuous image acquisition on the cameras
CEnumParameter(nodemap, "AcquisitionMode").SetValue("Continuous");
// Switch on image acquisition
CCommandParameter(nodemap, "AcquisitionStart").Execute();
// (...)
// Switch off image acquisition
CCommandParameter(nodemap, "AcquisitionStop").Execute();
// Switch image acquisition back on
CCommandParameter(nodemap, "AcquisitionStart").Execute();
/* Macro to check for errors */
#define CHECK(errc) if (GENAPI_E_OK != errc) printErrorAndExit(errc)
GENAPIC_RESULT errRes = GENAPI_E_OK;  /* Return value of pylon methods */
/* Configure continuous image acquisition on the cameras */
errRes = PylonDeviceFeatureFromString(hdev, "AcquisitionMode", "Continuous");
CHECK(errRes);
/* Switch on image acquisition */
errRes = PylonDeviceExecuteCommandFeature(hdev, "AcquisitionStart");
CHECK(errRes);
/* (...) */
/* Switch off image acquisition */
errRes = PylonDeviceExecuteCommandFeature(hdev, "AcquisitionStop");
CHECK(errRes);
/* Switch image acquisition back on */
errRes = PylonDeviceExecuteCommandFeature(hdev, "AcquisitionStart");
CHECK(errRes);

pylonViewerアを使用して、パラメーターを簡単に設定することもできます。

トップに戻る