コンテンツにスキップ

Acquisition Frame Rate (BCON for MIPI)#

The Acquisition Frame Rate camera feature allows you to set an upper limit for the camera's frame rate.

これは、フリーラン画像取得において一定のフレームレートでカメラを操作する場合に便利です。

機能を使用する#

仕組み#

Acquisition Frame Rateの機能が有効になっている場合、カメラの最大フレームレートは、撮影フレームレートパラメーターに入力した値によって制限されます。

例えば、撮影フレームレートを20フレーム/秒(fps)に設定すると、次のような効果があります。

  • フレームレートを制限する他の要因で20fpsを超えるフレームレートが許可されている場合、フレームレートは20fpsで一定に維持されます。
  • フレームレートを制限する他の要因で、20fps未満のフレームレートしか可能でない場合、フレームレートは、Acquisition Frame Rate機能の影響を受けません。

Acquisition Frame Rateの設定#

  1. AcquisitionFrameRateEnableパラメーターをtrueに設定します(使用可能な場合)。
  2. AcquisitionFrameRateパラメーターを、カメラのフレームレートの上限(フレーム/秒)に設定します。

特性#

カメラモデル 使用可能なAcquisitionFrameRateEnableパラメーター
daA2500-60mc いいえ
daA2500-60mci はい
daA4200-30mci はい

サンプルコード#

// Set the upper limit of the camera's frame rate to 30 fps
camera.AcquisitionFrameRateEnable.SetValue(true);
camera.AcquisitionFrameRate.SetValue(30.0);
INodeMap& nodemap = camera.GetNodeMap();
// Set the upper limit of the camera's frame rate to 30 fps
CBooleanParameter(nodemap, "AcquisitionFrameRateEnable").SetValue(true);
CFloatParameter(nodemap, "AcquisitionFrameRate").SetValue(30.0);
/* Macro to check for errors */
#define CHECK(errc) if (GENAPI_E_OK != errc) printErrorAndExit(errc)
GENAPIC_RESULT errRes = GENAPI_E_OK;  /* Return value of pylon methods */
/* Set the upper limit of the camera's frame rate to 30 fps */
errRes = PylonDeviceSetBooleanFeature(hdev, "AcquisitionFrameRateEnable", 1);
CHECK(errRes);
errRes = PylonDeviceSetFloatFeature(hdev, "AcquisitionFrameRate", 30.0);
CHECK(errRes);

You can also use the pylon Viewer to easily set the parameters.