コンテンツにスキップ

Light Control Feature Set#

Light Control機能セットを使用すると、pylonソフトウェアを介して最大4つのライトデバイスを制御できます。

Light Control機能セットは、カメラとライトデバイスが互いに直接通信できるようにするSLPプロトコルに基づいています。ライトデバイスは、サードパーティ製のライトでもBasler Camera Lightポートフォリオのライトでもかまいません。サードパーティ製のライトを使用する場合は、カメラとライト間の通信を有効にするために、Basler SLP Strobe Controllerが必要です。Baslerライトを選択した場合は、コントローラー機能がすでに含まれているため、別のコントローラーは必要ありません。どちらのオプションもプラグアンドプレイです。

機能を使用する#

Basler Light/Light Controllerの設定#

  1. まだ接続していない場合は、コントローラーとライトを接続します。
  2. pylon ViewerPollingオプションを有効にします。
  3. BslLightControlModeパラメーターをOnに設定します。
    BslLightControlSourceパラメーターは、ライト機能を制御するためにカメラのどのGPIOラインが使用されているかを示します。
    新しいコントローラーを接続する場合は、次に使用可能なライトデバイスIDが自動的に割り当てられます。
  4. BslLightControlEnumerateDevicesコマンドを実行します。
  5. 環境内に複数のBaslerライトまたはライトコントローラーがある場合は、設定するデバイスにBslLightDeviceSelectorパラメーターを設定
    します。ライトデバイスIDが競合しないようにしてください。
  6. If you use a Basler SLP Strobe Controller, specify whether you want to control the light device using current or voltage via the BslLightDeviceControlMode parameter. Every light can be controlled via current control. For lights designed for a 12 V or 24 V connection, it is recommended to use voltage control. If you use a Basler Camera Light, you can skip this step. The parameter is set automatically in this case.

    情報

    Note that every time you're switching from current to voltage or vice versa, there is a short initialization phase of the controller during which the connected light lights up. This can last for up to 15 s and is normal behavior.

  7. If you use a Basler SLP Strobe Controller, set the BslLightDeviceMaxCurrent parameter to the maximum current rating of your light in continuous operation.
    If you use a Basler Camera Light, the maximum current is set automatically.
    This ensures that your light will not get damaged and that you can safely use the whole current range of your light using the BslLightDeviceBrightness parameter.
    You can only change the BslLightDeviceMaxCurrent parameter value, when the BslLightDeviceOperationMode parameter is set to Off.

  8. Set the BslLightDeviceBrightness parameter to the desired brightness.
    This parameter can be set in a range from 0 to 100 %. 100 % corresponds to the current that you have specified with the BslLightDeviceMaxCurrent parameter. 50 % will reduce the current by a factor of 2. The Basler Camera Light uses pulse width modulation (PWM), the Basler SLP Strobe Controller doesn't. PWM can lead to brightness fluctuations for short exposure times (< 500 µs) or to stripes in rolling shutter cameras.
  9. パラメーターを BslLightDeviceOperationMode 目的のモードへのパラメーター:
    • On: This will make the light shine continuously.
    • Strobe: This will set the light to strobe mode. You can configure the strobe mode with the BslLightDeviceStrobeMode and BslLightDeviceStrobeDuration parameters.

Strobe Modeの設定#

One of the advantages of the strobe mode is that it can help to increase the life expectancy of your light. By not operating it continuously but like a flash when needed, less heat is generated in the LEDs. This slows down the aging process of the lights. The other advantage is that while in strobe mode you can overdrive the lights, i.e., increase the current supplied to a maximum of 500 % (for the light controller), which increases the brightness of your light. Before you do so, read the instructions in the Overdrive Mode section.

On rolling shutter cameras, if you have set the BslLightDeviceOperationMode parameter to Strobe, use the BslLightControlTriggerMode parameter to determine how to trigger the light. Different trigger modes are available:

  • ExposureActive: Use this mode only if you're not overlapping image acquisitions.
  • FlashWindow: If you use this mode, make sure that the camera generates a Flash Window signal.

On global shutter cameras, the trigger mode is preset.

情報

There is a delay of approx. 23 µs between exposure start and the light being turned on.

情報

Light Control機能セットに関連するFlash Window信号の実装は、まだ開発中です。特に、非常に短いフラッシュウィンドウ信号では、満足できる結果が得られない場合があります(生成された画像の一部の線が明るすぎたり暗すぎたりする場合があります)。

個々のストロボpulseの継続時間を制御するには、BslLightDeviceStrobeModeパラメーターを使用して、自動または手動のどちらでストロボ操作を行うかを指定する必要があります。

  • Automatic: The duration of the individual strobe pulses is controlled by the ExposureTime parameter of the camera. The strobe lasts for the duration of the exposure time that you have specified. For more information, see the Troubleshooting section.
  • Manual: You can define the duration of the individual strobe pulses yourself using the BslLightDeviceStrobeDuration parameter. If you're operating the camera at the upper end of its capabilities, overtriggering may occur.

情報

TriggerWidth露光モードSequencer機能、またはカメラのオートファンクション(Auto Exposure、Auto Gainなど)を使用している場合は、Manualストボモードを使用する必要があります。

情報

カメラはライトのトリガーとライトコントロールパラメーター設定の変更に同一ラインを使用します。パラメーターの変更が優先されるため、設定変更中はラインをトリガー信号に使用できないので、ストロボ動作が中断されます。これを回避するには、BslLightControlStatusを確認します。値がReadyの場合、ライトデバイスはトリガーを受信する準備ができた状態であることを意味します。あるいは、ストロボモードが無効になっているときにのみパラメーター設定を変更します。

Overdrive Mode#

ライトをオーバードライブすると、ライトがストロボモードのときに、電流を増加させて、より高い光輝度を得ることができます。

注意 – 正しく操作しないと、ライトが損傷するおそれがあります。

このセクションの手順をよく読んで、接続されているライトの損傷を回避し、ライトが早期劣化しないようにしてください。

オーバードライブモードを使用する場合は、ライトの損傷を避けるために、次の点を考慮する必要があります。

  • In strobe mode, the BslLightDeviceBrightness parameter can be set to values above 100 %. The maximum value depends on the strobe pulse duration and the duty cycle. For Basler Camera Lights, the maximum allowed brightness is calculated automatically and the range of the brightness slider will be adjusted accordingly. When using a third-party light and the Basler SLP Strobe Controller, you have to calculate the maximum brightness value yourself and enter this value in the BslLightDeviceOverdriveLimit parameter. For example, 200 % means that the maximum current in strobe operation will be twice as high as the BslLightDeviceMaxCurrent parameter value.
  • Check with the manufacturer of your light if you're not sure what the maximum current is that your light can withstand in strobe mode. The Basler SLP Strobe Controller allows setting the BslLightDeviceOverdriveLimit parameter to 500 % but most lights are not able to withstand the currents that would result from this overdrive limit.
  • 電流フローが増加するとLEDの温度が上昇するため、ライトが再び冷えるまで、各ストロボpulse間に十分な時間を確保する必要があります。一般的な経験則として、pulseの輝度が高いほど、pulse間隔を空ける必要があります。
  • 露光時間が、pulseの長さとデューティサイクルに影響を与える点を考慮してください。

情報

Safety features that avoid damaging the controller hardware.

  • Currents above 2 A in combination with long exposure times and high duty cycles may damage the controller hardware. In order to avoid this, the maximum allowed current is calculated automatically and the maximum allowed brightness is reduced accordingly (see Table 1 below).
    The duty cycle calculation is based on the maximum possible frame rate of the camera. The maximum possible frame rate of the camera can be reduced by using the Acquisition Frame Rate feature.

Safety features that avoid damaging the light.

  • If the chosen overdrive brightness is too high in respect to the strobe duration and the duty cycle (see Table 2), the strobe duration will be reduced or triggers will be ignored.
Table 1 (Controller Protection)
Output Current
(BslLightDeviceBrightness x
BslLightDeviceMaxCurrent)
Max. Strobe Duration Max. Duty Cycle
Under 2 A - 100 %
2 A to <3 A 5 ms 15 %
3 A to <4 A 5 ms 8 %
4 A to <5 A 5 ms 6 %
5 A to <6 A 5 ms 4 %
6 A to <8 A 1 ms 4 %
8 A to <9 A 1 ms 3 %
9 A to <10 A 1 ms 2 %
Table 2 (Light Protection)
Required Brightness Max. Strobe Duration Max. Duty Cycle
0–100 % - 100 %
101–200 % 30 ms 30 %
201–300 % 10 ms 20 %
301–500 % 2 ms 10 %
501–1000 % 1 ms 5 %

Light Device IDの変更#

ライトのIDを変更するには、次の手順に従います。

  1. BslLightControlModeパラメーターをOnに設定します。
  2. BslLightDeviceOperationModeパラメーターをOffに設定します。
  3. BslLightDeviceSelectorパラメーターに、IDを変更するBaslerライト/コントローラーを設定します。
  4. BslLightDeviceChangeIDパラメーターを必要な値に設定します。
    IDはすぐに変更されます。

情報

Using More Than One Light Device or Basler Camera Light

When using more than one light device, you have to make sure that their IDs are all different. Using devices with identical IDs will cause communication errors. Duplicate IDs can occur, if you're connecting new devices for the first time because all devices are shipped with the light device ID set to 7. It can also occur when connecting existing devices from another system as light device IDs are remembered by the device once they have been set. The best way to prevent conflicts, is to connect devices one after the other and always assign a new and unique ID after having connected a device.

トラブルシューティング#

エラーのチェックとクリア#

ライト/ライトコントローラーは、ユーザーが自身で修正できるエラーを検出できます。BslLightDeviceLastErrorパラメーターをチェックして、発生したエラーを確認します。エラーを修正したら、リストからクリアできます。

最大25個のエラーを保存できます。26番目のエラーが発生すると、最も古いエラーが上書きされます。以後同様です。

複数のライト/ライトコントローラーが接続されている場合、BslLightControlErrorStatusは、どのデバイスに問題が発生しているかを示します。

エラーのチェックとクリアは、発生したエラーの数に応じた反復的なプロセスです。

エラーを確認してクリアするには、次の手順に従います。

  1. 最後に発生したエラーを確認するには、BslLightDeviceLastErrorパラメーターの値を取得します。
  2. 対応するエラーを修正します。
  3. エラーのリストから最後のエラーを削除するには、BslLightDeviceClearLastErrorコマンドを実行します。
  4. BslLightDeviceLastErrorパラメーターにNoErrorが表示されるまで、最後のエラーの取得と削除を続行します。

使用可能なError Codes

意味
No Error 前回エラーメモリがクリアされてから、ライト/ライトコントローラーはエラーを検出しませんでした。
Communication Error ライト/ライトコントローラーとカメラ間のデータ伝送に不具合があると、通信エラーが発生します。これは、長すぎるケーブルを使用したり、ラインのノイズが大きすぎたりして発生することがあります。
Connection Error ライト/ライトコントローラーとカメラ間の接続が途絶えた場合、または通信エラーがすでに発生している場合、接続エラーが発生します。その他の理由としては、接続が緩んでいるか、コントローラーの接続が完全に切断されていることが考えられます。
Hardware Error ライト/ライトコントローラーに技術的な障害が発生しています。電源を切断してから再接続すると、問題が解決する場合があります。詳細については、コントローラーへの電源再投入を参照してください。

Automatic Strobe Modeでのオーバートリガー#

カメラの機能の上端でカメラを操作している場合、ライト/ライトコントローラーのオーバートリガーが発生することがあります。オーバートリガーとは、ライト/ライトコントローラーが準備ができていない間(ライトのスイッチオフ処理中など)にトリガーを受信することを意味します。これは、トリガーが無視され、次の露光ではライトが点灯しないことを意味します。この問題をよりよく理解するには、次の例を吟味してください。

100fpsに対応したカメラは、露光時間を50msに設定して操作されます。つまり、カメラは、撮影の間に一時停止することなく、1秒あたり20フレームをすばやく連続して取得します。これは、ライト/ライトコントローラーのトリガーは、2回の露光の間に正確にエッジに来る必要があるということです。実際には、時々ライトがまだオフになっている間にトリガーが到着する原因となる内在的ジッターのせいで、ほとんど実現不可能です。このような場合、トリガーは無視され、生成された画像は暗くなりすぎます。

ジッターは不規則なため、この発生を回避する正確な方法はありません。一部の画像が他の画像より暗い場合は、ライトを連続モードで動作させることができるかどうかを検討してください。また、フレームレートを調整することもできます。たとえば、20fpsではなく19fpsを使用するなどです。

コントローラーへの電源再投入#

To ensure power-cycling, the controller needs to be disconnected from electricity for five minutes. This is normal behavior. If you're using more than one controller, the other controllers need to be power-cycled as well even if they haven't experienced any faults.

最初の画像が暗すぎます#

BslLightControlModeパラメーターをOnに設定すると、ライトデバイスが実際にオンになるまで最大1秒の遅延が発生します。これが原因で最初の画像が暗くなりすぎる可能性があります。その場合、その画像を破棄してください。また、すべての画像が必要な場合は、タイマーなどを使用して、適切な遅延後にのみ画像取得を開始するようにしてください。

特性#

すべてのカメラモデルを表示します

カメラモデル 使用可能なLight Control Trigger Mode
a2A1920-51gcBAS 機能はサポートされていません
a2A1920-51gcPRO 機能はサポートされていません
a2A1920-51gmBAS 機能はサポートされていません
a2A1920-51gmPRO 機能はサポートされていません
a2A1920-160ucBAS 機能はサポートされていません
a2A1920-160ucPRO 機能はサポートされていません
a2A1920-160umBAS 機能はサポートされていません
a2A1920-160umPRO 機能はサポートされていません
a2A2590-22gcBAS 機能はサポートされていません
a2A2590-22gcPRO 機能はサポートされていません
a2A2590-22gmBAS 機能はサポートされていません
a2A2590-22gmPRO 機能はサポートされていません
a2A2590-60ucBAS 機能はサポートされていません
a2A2590-60ucPRO 機能はサポートされていません
a2A2590-60umBAS 機能はサポートされていません
a2A2590-60umPRO 機能はサポートされていません
a2A3840-13gcBAS 機能はサポートされていません
a2A3840-13gcPRO 機能はサポートされていません
a2A3840-13gmBAS 機能はサポートされていません
a2A3840-13gmPRO 機能はサポートされていません
a2A3840-45ucBAS 機能はサポートされていません
a2A3840-45ucPRO 機能はサポートされていません
a2A3840-45umBAS 機能はサポートされていません
a2A3840-45umPRO 機能はサポートされていません
a2A4504-5gcBAS 機能はサポートされていません
a2A4504-5gcPRO 機能はサポートされていません
a2A4504-5gmBAS 機能はサポートされていません
a2A4504-5gmPRO 機能はサポートされていません
a2A4504-18ucBAS 機能はサポートされていません
a2A4504-18ucPRO 機能はサポートされていません
a2A4504-18umBAS 機能はサポートされていません
a2A4504-18umPRO 機能はサポートされていません
a2A5320-7gcBAS 機能はサポートされていません
a2A5320-7gcPRO 機能はサポートされていません
a2A5320-7gmBAS 機能はサポートされていません
a2A5320-7gmPRO 機能はサポートされていません
a2A5320-23ucBAS 機能はサポートされていません
a2A5320-23ucPRO 機能はサポートされていません
a2A5320-23umBAS 機能はサポートされていません
a2A5320-23umPRO 機能はサポートされていません
a2A5328-4gcBAS 機能はサポートされていません
a2A5328-4gcPRO 機能はサポートされていません
a2A5328-4gmBAS 機能はサポートされていません
a2A5328-4gmPRO 機能はサポートされていません
a2A5328-15ucBAS 機能はサポートされていません
a2A5328-15ucPRO 機能はサポートされていません
a2A5328-15umBAS 機能はサポートされていません
a2A5328-15umPRO 機能はサポートされていません
acA640-90gc 機能はサポートされていません
acA640-90gm 機能はサポートされていません
acA640-90uc 機能はサポートされていません
acA640-90um 機能はサポートされていません
acA640-120gc 機能はサポートされていません
acA640-120gm 機能はサポートされていません
acA640-120uc 機能はサポートされていません
acA640-120um 機能はサポートされていません
acA640-121gm 機能はサポートされていません
acA640-300gc Exposure Active
acA640-300gm Exposure Active
acA640-750uc Exposure Active
acA640-750um Exposure Active
acA720-290gc Exposure Active
acA720-290gm Exposure Active
acA720-520uc Exposure Active
acA720-520um Exposure Active
acA780-75gc 機能はサポートされていません
acA780-75gm 機能はサポートされていません
acA800-200gc Exposure Active
acA800-200gm Exposure Active
acA800-510uc Exposure Active
acA800-510um Exposure Active
acA1280-60gc 機能はサポートされていません
acA1280-60gm 機能はサポートされていません
acA1300-22gc 機能はサポートされていません
acA1300-22gm 機能はサポートされていません
acA1300-30gc 機能はサポートされていません
acA1300-30gm 機能はサポートされていません
acA1300-30uc 機能はサポートされていません
acA1300-30um 機能はサポートされていません
acA1300-60gc 機能はサポートされていません
acA1300-60gm 機能はサポートされていません
acA1300-60gmNIR 機能はサポートされていません
acA1300-75gc Exposure Active
acA1300-75gm Exposure Active
acA1300-200uc Exposure Active
acA1300-200um Exposure Active
acA1440-73gc Exposure Active
acA1440-73gm Exposure Active
acA1440-220uc Exposure Active
acA1440-220um Exposure Active
acA1600-20gc 機能はサポートされていません
acA1600-20gm 機能はサポートされていません
acA1600-20uc 機能はサポートされていません
acA1600-20um 機能はサポートされていません
acA1600-60gc 機能はサポートされていません
acA1600-60gm 機能はサポートされていません
acA1920-25gc 機能はサポートされていません
acA1920-25gm 機能はサポートされていません
acA1920-25uc 機能はサポートされていません
acA1920-25um 機能はサポートされていません
acA1920-40gc Exposure Active
acA1920-40gm Exposure Active
acA1920-40uc Exposure Active
acA1920-40ucMED 機能はサポートされていません
acA1920-40um Exposure Active
acA1920-40umMED 機能はサポートされていません
acA1920-48gc Exposure Active
acA1920-48gm Exposure Active
acA1920-50gc Exposure Active
acA1920-50gm Exposure Active
acA1920-150uc Exposure Active
acA1920-150um Exposure Active
acA1920-155uc Exposure Active
acA1920-155ucMED 機能はサポートされていません
acA1920-155um Exposure Active
acA1920-155umMED 機能はサポートされていません
acA2000-50gc 機能はサポートされていません
acA2000-50gm 機能はサポートされていません
acA2000-50gmNIR 機能はサポートされていません
acA2000-165uc 機能はサポートされていません
acA2000-165um 機能はサポートされていません
acA2000-165umNIR 機能はサポートされていません
acA2040-25gc 機能はサポートされていません
acA2040-25gm 機能はサポートされていません
acA2040-25gmNIR 機能はサポートされていません
acA2040-35gc Exposure Active
acA2040-35gm Exposure Active
acA2040-55uc Exposure Active
acA2040-55um Exposure Active
acA2040-90uc 機能はサポートされていません
acA2040-90um 機能はサポートされていません
acA2040-90umNIR 機能はサポートされていません
acA2040-120uc Exposure Active
acA2040-120um Exposure Active
acA2440-20gc Exposure Active
acA2440-20gm Exposure Active
acA2440-35uc Exposure Active
acA2440-35ucMED 機能はサポートされていません
acA2440-35um Exposure Active
acA2440-35umMED 機能はサポートされていません
acA2440-75uc Exposure Active
acA2440-75ucMED 機能はサポートされていません
acA2440-75um Exposure Active
acA2440-75umMED 機能はサポートされていません
acA2500-14gc 機能はサポートされていません
acA2500-14gm 機能はサポートされていません
acA2500-14uc 機能はサポートされていません
acA2500-14um 機能はサポートされていません
acA2500-20gc Exposure Active
acA2500-20gcMED 機能はサポートされていません
acA2500-20gm Exposure Active
acA2500-20gmMED 機能はサポートされていません
acA2500-60uc Exposure Active
acA2500-60um Exposure Active
acA3088-16gc Exposure Active
Flash Window
acA3088-16gm Exposure Active
Flash Window
acA3088-57uc Exposure Active
Flash Window
acA3088-57ucMED 機能はサポートされていません
acA3088-57um Exposure Active
Flash Window
acA3088-57umMED 機能はサポートされていません
acA3800-10gc 機能はサポートされていません
acA3800-10gm 機能はサポートされていません
acA3800-14uc 機能はサポートされていません
acA3800-14um 機能はサポートされていません
acA4024-8gc Exposure Active
Flash Window
acA4024-8gm Exposure Active
Flash Window
acA4024-29uc Exposure Active
Flash Window
acA4024-29um Exposure Active
Flash Window
acA4096-11gc Exposure Active
acA4096-11gm Exposure Active
acA4096-30uc Exposure Active
acA4096-30ucMED 機能はサポートされていません
acA4096-30um Exposure Active
acA4096-30umMED 機能はサポートされていません
acA4096-40uc Exposure Active
acA4096-40ucMED 機能はサポートされていません
acA4096-40um Exposure Active
acA4096-40umMED 機能はサポートされていません
acA4112-8gc Exposure Active
acA4112-8gm Exposure Active
acA4112-20uc Exposure Active
acA4112-20ucMED 機能はサポートされていません
acA4112-20um Exposure Active
acA4112-20umMED 機能はサポートされていません
acA4112-30uc Exposure Active
acA4112-30ucMED 機能はサポートされていません
acA4112-30um Exposure Active
acA4112-30umMED 機能はサポートされていません
acA4600-7gc 機能はサポートされていません
acA4600-10uc 機能はサポートされていません
acA5472-5gc Exposure Active
Flash Window
acA5472-5gm Exposure Active
Flash Window
acA5472-17uc Exposure Active
Flash Window
acA5472-17ucMED 機能はサポートされていません
acA5472-17um Exposure Active
Flash Window
acA5472-17umMED 機能はサポートされていません
boA4096-93cc 機能はサポートされていません
boA4096-93cm 機能はサポートされていません
boA4112-68cc 機能はサポートされていません
boA4112-68cm 機能はサポートされていません
boA6500-36cm 機能はサポートされていません
boA8100-16cm 機能はサポートされていません
daA1280-54lc 機能はサポートされていません
daA1280-54lm 機能はサポートされていません
daA1280-54uc 機能はサポートされていません
daA1280-54um 機能はサポートされていません
daA1600-60lc 機能はサポートされていません
daA1600-60lm 機能はサポートされていません
daA1600-60uc 機能はサポートされていません
daA1600-60um 機能はサポートされていません
daA1920-15um 機能はサポートされていません
daA1920-30uc 機能はサポートされていません
daA1920-30um 機能はサポートされていません
daA1920-160uc 機能はサポートされていません
daA1920-160um 機能はサポートされていません
daA2500-14lc 機能はサポートされていません
daA2500-14lm 機能はサポートされていません
daA2500-14uc 機能はサポートされていません
daA2500-14um 機能はサポートされていません
puA1280-54uc 機能はサポートされていません
puA1280-54um 機能はサポートされていません
puA1600-60uc 機能はサポートされていません
puA1600-60um 機能はサポートされていません
puA1920-30uc 機能はサポートされていません
puA1920-30um 機能はサポートされていません
puA2500-14uc 機能はサポートされていません
puA2500-14um 機能はサポートされていません

サンプルコード#

// Enable the light control mode
camera.BslLightControlMode.SetValue(BslLightControlMode_On);
//Enumerate the light devices
camera.BslLightControlEnumerateDevices.Execute();
//Select light device 1
camera.BslLightDeviceSelector.SetValue(BslLightDeviceSelector_Device1);
//Set the maximum current of device 1 to 100 mA
camera.BslLightDeviceMaxCurrent.SetValue(100.0);
//Set the brightness to 100 %
camera.BslLightDeviceBrightness.SetValue(100.0);
//Set the operation mode to continuous
camera.BslLightDeviceOperationMode.SetValue(BslLightDeviceOperationMode_On);
INodeMap& nodemap = camera.GetNodeMap();
// Enable the light control mode
CEnumParameter(nodemap, "BslLightControlMode").SetValue("On");
// Enumerate the light devices
CCommandParameter(nodemap, "BslLightControlEnumerateDevices").Execute();
// Select light device 1
CEnumParameter(nodemap, "BslLightDeviceSelector").SetValue("Device1");
// Set the maximum current of device 1 to 100 mA
CFloatParameter(nodemap, "BslLightDeviceMaxCurrent").SetValue(100.0);
// Set the brightness to 100 %
CFloatParameter(nodemap, "BslLightDeviceBrightness").SetValue(100.0);
// Set the operation mode to continuous
CEnumParameter(nodemap, "BslLightDeviceOperationMode").SetValue("On");
// Enable the light control mode
camera.Parameters[PLCamera.BslLightControlMode].SetValue(PLCamera.BslLightControlMode.On);
// Enumerate the light devices
camera.Parameters[PLCamera.BslLightControlEnumerateDevices].Execute();
// Select light device 1
camera.Parameters[PLCamera.BslLightDeviceSelector].SetValue(PLCamera.BslLightDeviceSelector.Device1);
// Set the maximum current of device 1 to 100 mA
camera.Parameters[PLCamera.BslLightDeviceMaxCurrent].SetValue(100.0);
// Set the brightness to 100 %
camera.Parameters[PLCamera.BslLightDeviceBrightness].SetValue(100.0);
// Set the operation mode to continuous
camera.Parameters[PLCamera.BslLightDeviceOperationMode].SetValue(PLCamera.BslLightDeviceOperationMode.On);
/* Macro to check for errors */
#define CHECK(errc) if (GENAPI_E_OK != errc) printErrorAndExit(errc)
GENAPIC_RESULT errRes = GENAPI_E_OK;  /* Return value of pylon methods */
/* Enable the light control mode */
errRes = PylonDeviceFeatureFromString(hdev, "BslLightControlMode", "On");
CHECK(errRes);
/* Enumerate the light devices */
errRes = PylonDeviceExecuteCommandFeature(hdev, "BslLightControlEnumerateDevices");
CHECK(errRes);
/* Select light device 1 */
errRes = PylonDeviceFeatureFromString(hdev, "BslLightDeviceSelector", "Device1");
CHECK(errRes);
/* Set the maximum current of device 1 to 100 mA */
errRes = PylonDeviceSetFloatFeature(hdev, "BslLightDeviceMaxCurrent", 100.0);
CHECK(errRes);
/* Set the brightness to 100 % */
errRes = PylonDeviceSetFloatFeature(hdev, "BslLightDeviceBrightness", 100.0);
CHECK(errRes);
/* Set the operation mode to continuous */
errRes = PylonDeviceFeatureFromString(hdev, "BslLightDeviceOperationMode", "On");
CHECK(errRes);

pylon Viewerを使用して、パラメーターを簡単に設定することもできます。