コンテンツにスキップ

CXP-12インターフェースカード1C#

Basler CXP-12インターフェースカード1Cを使用すると、Basler boost CXP-12カメラをコンピューターに接続できます。

It is based on the CoaXPress 2.0 standard supporting bandwidths of up to 12.5 Gbps.

CXP-12インターフェースカード1C

一般仕様#

仕様 CXP-12インターフェースカード1C
ホストインターフェース PCIe 3.0 x4(Direct Memory Access)
帯域幅 3 938MB/s(理論値)
3 260MB/s(標準/最大)
オンボードメモリー 1GB DDR4-RAM
電源要件 PCIe slot: 12 VDC (± 5 %), <1.5 A. Actual values depend on processing.
PCIe 6-pin connector: 12 VDC (± 5 %), <2 A.
Actual values depend on the connected PoCXP camera.
寸法 PCIeロープロファイルカード(68.90mm x 167.65mm)
重量 180 g
カメラインターフェース 1 x CXP-12(CXP-1~CXP-12、Micro-BNCコネクター)
適合性 CE、RoHS、WEEE、REACH
ソフトウェア Basler pylon Camera Software Suite(バージョン6.1以降)

情報

PCIeバスのデータスループットは、ホストコンピューターのマザーボード、チップセット、およびBIOS設定によって異なります。スロットごとに異なる場合があります。また、取り付けられているPCIeボードの数によっても異なります。例えば、PCIe x8コネクターでは、x4のパフォーマンスのみがサポートされます。詳細については、お使いのメインボードのマニュアルを参照してください。

ハードウェアの取り付け#

ハードウェアの取り付けのヘルプについては、Basler boost CXP-12 Quick Install Guideを参照してください。

ソフトウェアのインストール#

Basler boost CXP-12カメラでインターフェースカードを操作するには、ホストコンピューターにBasler pylon Camera Software Suite(バージョン6.1以降)をインストールします。

pylon Camera Software Suite for Windowsをインストールする際は、CXP Camera Support機能を選択してください。これにより、インターフェースカードの操作に必要なすべてのランタイムソフトウェア、ドライバー、関連ソフトウェアツールがインストールされます。

設定#

→「CXP-12インターフェースカードの設定」を参照してください。

要件#

システム要件#

  • ホストコンピューターのPCIeインターフェース:ホストコンピューターには、PCIe 3.0 x4スロットが1つ以上必要です。
  • ホストコンピューターの電源供給:Power over CoaXPress(pocxp)を使用する場合、ホストコンピューターは電源供給用にメスの6ピンpcieコネクターを1つ備えている必要があります。対応する電源コネクターは、インターフェースカードにあります。

環境要件#

説明 温度
動作中の温度 0~50°C(32~122°F)
動作中の湿度 5~90%(相対、結露なし)
保管温度 -50~80°C(-58~176°F)
保管湿度 5~95%(相対、結露なし)

50°C未満での動作中は、十分な空気循環を行って温度を維持してください。追加の冷却装置は通常必要ありませんが、必要に応じて用意してください。

電気的要件#

入力ライン#

フロントGPIOコネクターのピン8、9、11、12、13、14を使用して、トリガー入力信号を受信できます。

最大3つの差動信号、または2つの差動信号と1つのシングルエンド信号のいずれかを受信できます。

回路図#

回路図:入力ライン

電気特性#
電気 最小 標準 最大
供給電圧 4.5 VDC - 28 VDC
入力しきい値 - 供給電圧の20% -
差動入力オフセット電圧 - 10mV -
GPIピンの電流 - 4mA -
GPI 電圧INでの全電流 - - 50mA
タイミング特性#
タイミング 最小 標準 最大
伝播遅延 40ns 60ns 80ns
最小パルス幅 - 200ns -
最高周波数 - 2.5MHz -

情報

  • CXP-12インターフェースカード1Cは、入力電圧30VDC(入力ライン)で開くバリスターを備えるように設計されています。これにより、オンボードサージプロテクターが有効になり、ボードを保護します。全供給電圧が36VDCになると、電子チップが故障します。
  • 内蔵コンパレーターの電気特性とタイミング特性の詳細については、TI LM2901データシートを参照してください。
  • 内蔵フォトカプラーの電気特性とタイミング特性の詳細については、ISO7220BDデータシートを参照してください。

出力ライン#

フロントGPIOコネクターのピン1および2を使用して、TTLトリガー出力信号を送信できます。

回路図#

回路図:出力ライン

電気特性#
電気 最小 標準 最大
出力電圧高(VOH) 3.8 VDC - 5 VDC
出力電圧低(VOL) - - 0.58 VDC
出力電流(IO) - - 18mA

5V出力(最大電流500mA):15ピンコネクターは、5VDCを供給する電圧出力ピンを備えています。最大電流500mAで使用できます。

タイミング特性#
タイミング 最小 標準 最大
立ち上がり時間/立ち下がり時間 - 2.5ns -

情報

  • 内蔵出力の電気特性とタイミング特性の詳細については、TI SN74LVC1G97データシートを参照してください。
  • 内蔵RS 485トランシーバーの詳細については、TI SN65HVD1176データシートを参照してください。

ポートおよびLED#

ポート#

CXP-12インターフェースカード1Cには、次のポートがあります。

インターフェースカードポート

スロットブラケットのLED#

There is one status LED located on the slot bracket of the interface card. It indicates the status of the CXP connection:

  • Green:CXPリンクの接続が動作可能です。
  • Red:CXPリンクに接続されていません。

インターフェースカードステータスLED

ボード上のLED#

次のLEDにより、情報が得られます。

インターフェースカードLEDブロック1、2、3

LEDブロック LED名 LEDの色 意味
1 TRG イエロー 15ピンコネクターには外部電圧が供給されています。
2 RDY オレンジ色 FPGAは正常にコンフィグレーションされ、動作可能な状態です。
2 PGINT 「Power Good Internal」:PCIeスロットの電圧が安定しています。内部で生じる電圧も安定しています。
2 PGEXT 「Power Good External」:PCIe電源コネクターの電圧が安定しています。内部で生じるPoCXP電圧(24VDC)も安定しています。
2 USR1~USR6 ユーザー定義。LEDはソフトウェアで制御できます。これらはカメラポートに関係なく、あらゆる目的に使用できます。
3 PCIE 緑または赤 緑:インターフェースカードには、PCIeスロット(12VDC IN)経由で電力が供給されています。
赤:インターフェースカードには、PCIeスロット経由で電力が供給されていません。
3 外部 緑または赤 Green:インターフェースカードのPCIe電源コネクターは、ホストコンピューター経由で電源に接続されています。
Red:インターフェースカードのPCIe電源コネクターは、ホストコンピューター経由で電源に接続されていません。

物理インターフェイス#

インターフェースカードコネクター#

このカードは、次に示すコネクターを介して外部デバイスに接続されています。

  • 画像データ、制御信号、設定コマンドを送信するためのMicro-BNCコネクター(HD-BNC)。コネクターを使用して、Power over CoaXPress(PoCXP)を介してカメラに電力を供給することもできます。
  • トリガー信号の送受信に使用される15ピンD-Sub Micro-Dコネクター。

A status LED indicates the status of the CXP connection.

インターフェースカードコネクター

コネクターピン番号と割り付け#

フロントGPIOコネクターのピン1

ピン(3P FPGA) 光結合a 信号 基準信号
1 いいえ GPO 0 5VDC/Global GND
2 いいえ GPO 1 5VDC/Global GND
3 いいえ RS485(GND)用に予約済み -
4 いいえ RS485用に予約されています -
5 いいえ 5V_OUT(最大0.5A) -
6 いいえ GND(グローバルGND) -
7 - - -
8 はい GPI 2b GPI電圧IN/GPI GND
9 はい GPI 3b GPI電圧IN/GPI GND
10 はい GPI電圧IN(4.5~28VDC)c -
11 はい GPI 0+ GPI電圧IN/GPI GND
12 はい GPI 0- GPI電圧IN/GPI GND
13 はい GPI 1+ GPI電圧IN/GPI GND
14 はい GPI 1- GPI電圧IN/GPI GND
15 はい GPI GND -

  1. 15ピンコネクターの汎用入力(GPI)はすべて電気的に絶縁されています。入力信号は、フォトカプラーを介してインターフェースカードに転送されます。このようにして、インターフェースカードは高入力電圧から安全に保護されます。ただし、内部GPI回路を動作させるには、次のように電圧源とアースを接続する必要があります。ピン10に、内部オペアンプの動作電圧として機能する電圧(GPI Voltage IN)を印加します。ピン15に、対応するアース(GPI GND)を接続します。

  2. ピン8と9は、2つの方法で使用できます。1)差動信号を受信するために一緒に使用し、2)シングルエンド信号を受信するためにピン8のみ使用します。ケース2)では、ピン9は接続されていません。

  3. 印加電圧は、信号ソース電圧と同じ電圧でなければなりません。

情報

CXP-12インターフェースカード1Cトリガーシステムでは、GPI Voltage INピン(ピン10)で供給電圧を得る必要があります。PWRピンのないデバイスを接続する場合は、電源を外部電源からGPI Voltage INピンに供給する必要があります。

トップに戻る