コンテンツにスキップ

Trigger Activation(BCON for MIPI)#

Trigger Activationカメラ機能を使用すると、Frame Startトリガーをアクティブにする信号遷移を定義できます。

機能を使用する#

Setting the Trigger Activation Mode#

トリガーアクティベーションモードを設定するには、次の手順に従います。

  1. 必ずTriggerSourceパラメーターをLine1に設定します。そうしないと、TriggerActivationパラメーターは使用できません。
  2. パラメーターを TriggerActivation パラメーターを次のいずれかの値に設定します。
    • LevelHigh:トリガー信号がである限り、トリガーはアクティブです。
    • LevelLow:トリガー信号がである限り、トリガーはアクティブです。

情報

エッジトリガーを使用する場合、およびカメラを周期的にトリガーする場合は、Periodic Signal機能を使用します。

サンプルコード#

// Set the trigger activation mode to level high
camera.TriggerActivation.SetValue(TriggerActivation_LevelHigh);
INodeMap& nodemap = camera.GetNodeMap();
// Set the trigger activation mode to level high
CEnumParameter(nodemap, "TriggerActivation").SetValue("LevelHigh");
// Set the trigger activation mode to level high
camera.Parameters[PLCamera.TriggerActivation].SetValue(PLCamera.TriggerActivation.LevelHigh);
/* Macro to check for errors */
#define CHECK(errc) if (GENAPI_E_OK != errc) printErrorAndExit(errc)
GENAPIC_RESULT errRes = GENAPI_E_OK;  /* Return value of pylon methods */
/* Set the trigger activation mode to level high */
errRes = PylonDeviceFeatureFromString(hdev, "TriggerActivation", "LevelHigh");
CHECK(errRes);

pylonViewerアを使用して、パラメーターを簡単に設定することもできます。