コンテンツにスキップ

Exposure Time (BCON for MIPI)#

Exposure Time カメラ機能は、画像取得中に画像センサーが露光する時間を指定します。

露光時間を自動的に設定するには、Exposure Auto機能を使用します。

機能を使用する#

Exposure Timeの設定#

露光時間を設定するには、次の手順に従います。

  1. ExposureAutoパラメーターをOffに設定します。
  2. ExposureTime パラメーターを目的の露光時間(マイクロ秒単位)に設定します。

最小露光時間、最大露光時間、およびパラメーターを変更できる増分は、カメラモデルによって異なります。

Exposure Timeの確認#

現在の露光時間(マイクロ秒単位)を判別するには、ExposureTimeパラメーターの値を取得します。

これは、例えば、Exposure Autoオートファンクションが有効になっていて、自動調整露光時間を取得する場合などに便利です。

特性#

カメラモデル Minimum Exposure Time [µs] Maximum Exposure Time [µs] 増分[µ s] 使用可能なExposureTimeModeパラメーター
daA2500-60mc 15 480000000 1 いいえ
daA2500-60mci 68 2300000 1 いいえ
daA4200-30mci 68 2300000 1 いいえ

サンプルコード#

// Determine the current exposure time
double d = camera.ExposureTime.GetValue();
// Set the exposure time to 3500 microseconds
camera.ExposureTime.SetValue(3500.0);
INodeMap& nodemap = camera.GetNodeMap();
// Determine the current exposure time
double d = CFloatParameter(nodemap, "ExposureTime").GetValue();
// Set the exposure time to 3500 microseconds
CFloatParameter(nodemap, "ExposureTime").SetValue(3500.0);
/* Macro to check for errors */
#define CHECK(errc) if (GENAPI_E_OK != errc) printErrorAndExit(errc)
GENAPIC_RESULT errRes = GENAPI_E_OK;  /* Return value of pylon methods */
double d = 0;
/* Determine the current exposure time */
errRes = PylonDeviceGetFloatFeature(hdev, "ExposureTime", &d);
CHECK(errRes);
/* Set the exposure time to 3500 microseconds */
errRes = PylonDeviceSetFloatFeature(hdev, "ExposureTime", 3500.0);
CHECK(errRes);

You can also use the pylon Viewer to easily set the parameters.