コンテンツにスキップ

Avoiding EMI and ESD Problems (BCON for MIPI)#

この項では、EMI(電磁波干渉)およびESD(静電気放電)によるカメラの動作不良を回避する方法について説明します。

概要#

Baslerカメラは、よく産業用途で設置されます。このような環境には、電磁妨害(EMI)を生じ、静電気放電(ESD)を引き起こす可能性のあるデバイスが含まれることが多くあります。これにより、誤ったトリガーや画像取得の予期しない停止などの動作の不具合が発生するおそれがあります。また、EMIやESDは、カメラから送信される画像の品質に悪影響を与えることがあります。

ガイドライン#

EMIおよびESDによるカメラの動作不良を防ぐため、次の一般的なガイドラインに従ってください。

  • 火花や強い電磁場を発生させる装置からできるだけ離れた場所にカメラを設置してください。
  • ケーブルは、シールドされていない電気モーター、変圧器、シールドされていないコイル、スイッチング技術を採用している電気機器に近づけないでください。
  • 必ず高品質のシールド付きケーブルを使用してください。高品質のケーブルを使用することは、EMIおよびESDに対する最善の防御策の1つです。
  • 必要なだけの長さのカメラケーブルを使用し、カメラケーブルと電源ケーブルを互いに平行に配線してみます。カメラケーブルの巻き取りは避けてください。ケーブルが長すぎる場合は、ケーブルを巻き取りではなく、蛇行した経路を使用します。
  • すべてのアースを1か所に接続するようにします。例えば、システム全体に1つの電源コンセントを使用し、すべてのアースを1つのコンセントに接続します。これにより、大規模なグランドループを回避できます。(大規模なグランドループは、EMI障害の主な原因となる場合があります。)
  • 主電源装置でラインフィルターを使用します。
  • 次の対策を講じて、静電気放電のリスクを低減します。
    • 設置時に導電性材料を使用します(例:床、作業場)。
    • 適切な衣服(綿)と靴を着用してください。
    • お使いの環境の湿度を制御します。湿度が低いと、ESD障害が発生することがあります。

The Basler application note Avoiding EMI and ESD in Basler Camera Installations provides more detailed information about avoiding EMI and ESD.