コンテンツにスキップ

daA1600-60lm#

e2v EV76C570モノCMOSセンサーを搭載したdaA1600-60lm Basler dart BCON for LVDSカメラモジュールは、2MPの解像度で60フレーム/秒の映像を出力します。

Basler dart BCON for LVDSカメラモジュール

種類#

daA1600-60lmには、以下の種類があります。

  • ベアボード:回路基板のみで構成されます。
  • Sマウント:回路基板とカメラ前面で構成されます。カメラ前面のレンズマウントにSマウントレンズを取り付けることができます。
  • CSマウント:回路基板とカメラ前面で構成されます。カメラ前面のレンズマウントにCSマウントレンズを取り付けることができます。

情報

Basler dartSマウント型カラーカメラには赤外線カットフィルターが装備されていません。赤外線カットフィルターを付けてBasler dart Sマウント型カラーカメラを操作したい場合は、赤外線カットフィルター内蔵のレンズをカメラに取り付ける必要があります。

仕様#

一般仕様#

daA1600-60lm
解像度(横 x 縦ピクセル) 1600 x 1200
センサータイプ e2v EV76C570 ABT
プログレッシブスキャンCMOS
グローバルシャッター
光学サイズ 1/1.8インチ
センサーの有効対角長 9 mm
ピクセルサイズ(横 x 縦) 4.5μm x 4.5μm
フレームレート(デフォルト設定) 60 fps
モノクロ/カラー モノ
Pixel Formats Pixel Formatを参照してください。
同期化 ハードウェアトリガーを介して
ソフトウェアトリガーを介して
フリーランを介して
Exposure Time制御 Programmable via the camera module's API
カメラの電源要件 ≈1.3 W(標準)@DC 5V
I/Oライン 1入力ライン(CC0)および2出力ライン(データレーンX0上に2ビット)
レンズマウント S-mount, CS-mount, without mount (bare board)
サイズ(長さ x 幅 x 高さ) ベアボードモデル:5.9 mm x 27 mm x 27 mm
Sマウントモデル:17.5 mm x 29 mm x 29 mm
CSマウントモデル:16.9 mm x 29 mm x 29 mm
重量 SマウントおよびCSマウントモデル:<15 g
ベアボードモデル:5g未満
適合性 CE (includes RoHS), EAC, UL Listed, GenICam 2.4 (including PFNC 1.1 and SFNC 2.1)
Certificates for your camera model
詳細については、次を参照してください。 法令遵守 セクション(Basler Webサイト)
ソフトウェア Basler pylon Camera Software Suite(バージョン5.0.4以上)
Windows、Linux x86、Linux ARM、およびmacOSで利用可能
アクセサリー カメラモデル用ケーブル
カメラモデル用レンズ
カメラモデル用追加アクセサリー

スペクトル応答#

e2v EV76C570のスペクトル応答

スペクトル応答曲線にはレンズ特性および光源特性は含まれません。

機械的仕様#

の寸法と取り付けポイント#

ベアボードタイプ

機械的寸法(mm)(ベアボード型カメラモジュールの場合)

→ 次をダウンロードします CAD/technical drawing for your Basler Camera.

情報

daA1600-60lm/lcカメラモデルでは、センサーの下にサイドフィル材(Loctite E1172A 15G)が注入されます。センサーの周囲にサイドフィル材が見えます。この素材は、カメラの機械的な堅牢性を最適化しますが、カメラの動作は妨げません。

Sマウントタイプ

機械的寸法(mm)(Sマウントのカメラモジュールの場合)

→ 次をダウンロードします CAD/technical drawing for your Basler Camera.

CSマウントタイプ

機械的寸法(mm)(CSマウントのカメラモジュールの場合)

→ 次をダウンロードします CAD/technical drawing for your Basler Camera.

最大許容レンズ進入量#

最大許容レンズ進入量参照。

応力試験結果#

応力試験結果参照。

要件#

環境要件#

温度と湿度#

説明 ベアボードタイプ SマウントおよびCSマウントタイプ
動作中のデバイス温度 0~75°C(32~167°F)a 0~50°C(32~122°F)b
保管中のデバイス温度 -20~80°C(-4~176°F) -20~80°C(-4~176°F)
Humidity 20~80%、相対、非結露 20~80%、相対、非結露
UL 60950-1に準拠した周囲温度 最高50 °C(122 °F) 最高50 °C(122 °F)

UL 60950-1試験条件:カメラにレンズが取り付けられていないこと。熱放散対策なし。周囲温度は50 °C(122 °F)に維持。

熱放散対策#

熱放散対策(dart)参照。

電気的要件#

WARNING – Electric Shock Hazard

承認されていない電源装置を使用すると感電が発生して、重傷や死亡につながるおそれがあります。

  • 安全超低電圧(SELV)および制限付き電源(LPS)の要件を満たす電源装置を使用する必要があります。
  • 電源付きハブまたは電源付きスイッチを使用する場合は、SELVおよびLPSの要件を満たす必要があります。
警告 – 火災の危険

承認されていない電源装置を使用すると、火災や火傷が発生するおそれがあります。

  • 制限付き電源(LPS)の要件を満たす電源装置を使用する必要があります。
  • 電源付きハブまたは電源付きスイッチを使用する場合は、LPSの要件を満たす必要があります。
注意 – 適切な電圧を印加しないと、カメラモジュールが損傷するおそれがあります。

カメラとI/O電源は、以下に示す安全動作電圧範囲内で供給する必要があります。

Absolute Maximum Ratings#

Pin Name Absolute Minimum Absolute Maximum
VCC -0.3 VDC 6.5 VDC
CC0+
CC0-
-0.3 VDC 4.2 VDC
I2C_SCL
I2C_SDA
I2C_ID
-0.3 VDC 3.6 VDC

Input Voltages#

Pin Name Voltage Type Minimum Nominal (Recommended) Maximum
VCC 4.5 VDC 5.0 VDC 5.5 VDC
CC0+
CC0-
Common mode voltage 0.2 VDC - 1.8 VDC
CC0+
CC0-
Differential voltage 0.1 VDC - -
I2C_SCL
I2C_SDA
I2C_ID
Input low voltage 0.0 VDC 0.0 VDC 1.0 VDC
I2C_SCL
I2C_SDA
I2C_ID
Input high voltage 2.4 VDC 3.3 VDC 3.5 VDC

Output Voltages#

Pin Name Voltage Type Minimum Nominal (Recommended) Maximum
X1-、X1+
X2-、X2+
X3-、X3+
X4-、X4+
XCLK-、XCLK+
Common mode voltage 1.125 VDC 1.25 VDC 1.375 VDC
X1-、X1+
X2-、X2+
X3-、X3+
X4-、X4+
XCLK-、XCLK+
Differential voltage 0.247 VDC - 0.6 VDC

Timing Characteristics#

Pin Name Minimum Maximum 注意事項
XCLK 12 MHz 84 MHz 制御インターフェイスで選択可能。
8単位で設定可能。
X0–X3 84 MBaud 588 MBaud 制御インターフェイスで選択可能。
I2C_SCL 0 kHz 400 kHz I²C-bus SpecificationおよびUser Manualでは、このモードは、400kbit/sの「fast-mode」と呼ばれています。

I/Oラインの詳細については、「I/O 制御」の項を参照してください。

ケーブル要件#

BCON for LVDSハードウェア設計ガイド参照。

物理インターフェイス#

コネクターおよびステータスLED#

カメラ用コネクターとステータスLED

FFCコネクター#

28ピンフラットフレックスケーブル(FFC)コネクター。LVDS画像転送、入/出力信号、および電源の接続に使用します。Standardized I²Cラインは内蔵されており、Basler pylon Camera Software Suiteを介したカメラ構成に使用されます。

ステータスLED#

以下のように操作状態を示します。

  • LEDがゆっくり点滅:デバイス設定中。
  • LEDが点灯したままになる:デバイスが設定され、動作可能。
  • LEDがすばやく点滅:内部エラー。

LEDは、DeviceIndicatorModeパラメーターをInactiveに設定することで、常時オフにできます。

FFCコネクターのピン番号と割り付け#

Pin 1 Position#

下図に示すように、FFCコネクターのピン1は矢印で示され、ピン28は数字の28で示されています。

FFCコネクターのピン位置

ピン番号と割り付け#

Pin # (Camera Side) Pin Name Pin # (System Side) 機能
1 GND 28 Power Supplyc
2 VCC 27 Power Supplyd
3 VCC 26 Power Supplyd
4 VCC 25 Power Supplyd
5 GND 24 Power Supplyc
6 I2C_ID 23 設定インターフェイスe
7 I2C_SDA 22 設定インターフェイスf
8 GND 21 Power Supplyc
9 I2C_SCL 20 設定インターフェイスg
10 GND 19 Power Supplyc
11 CC0- 18 Trigger and General Purpose Inputh
12 CC0+ 17 Trigger and General Purpose Inputh
13 GND 16 Power Supplyc
14 X3- 15 信号データ出力i
15 X3+ 14 信号データ出力i
16 GND 13 Power Supplyc
17 XCLK- 12 信号データ出力i
18 XCLK+ 11 信号データ出力i
19 GND 10 Power Supplyc
20 X2- 9 信号データ出力i
21 X2+ 8 信号データ出力i
22 GND 7 Power Supplyc
23 X1- 6 信号データ出力i
24 X1+ 5 信号データ出力i
25 GND 4 Power Supplyc
26 X0- 3 信号データ出力i
27 X0+ 2 信号データ出力i
28 GND 1 Power Supplyc

注意事項#

安全に関する注意事項参照。

インストール#

カメラの取り付け参照。

機能#

→ See Features.


  1. 温度測定ポイント(ボード上の最も高温の箇所)で測定された温度。この箇所は、ボード上の他の部品よりもかなり高温です。

  2. 温度測定ポイント(カメラの前面)で測定された温度。

  3. コネクターの反対側にある5つのシールドGND接点を含むすべてのGNDピンは、共通GNDプレーンに接続する必要があります。長いPCBトレースは避け、直接ビアを優先します。

  4. 単一カメラ供給電圧、公称DC 5V。すべてのピンを接続します。

  5. I²Cインターフェイスアドレスセレクター。I²Cスレーブアドレス0x3CのGNDに接続します。I²Cスレーブアドレス0x3DのDC 3.3Vに接続します。

  6. I²Cインターフェイスデータライン。DC 3.3Vまでのプルアップ抵抗が必要です。適切な抵抗値については、I²C-bus SpecificationおよびUser Manualを参照してください。FFCには大きなラインキャパシタンスがあることに注意してください。

  7. I²Cインターフェイスクロックライン。DC 3.3Vまでのプルアップ抵抗が必要です。適切な抵抗値については、I²C-bus SpecificationおよびUser Manualを参照してください。FFCには大きなラインキャパシタンスがあることに注意してください。

  8. 主に外部トリガーとして、カメラへLVDS入力。システム側では終端抵抗は不要です。pylon APIでは、入力ラインはライン3に指定されます。

  9. LVDS出力データレーン。差動配線を使用します。差動ペアには100オームの終端抵抗が必要です。